FC2ブログ

ユーヤさんが亡くなったと思ったら、今度はショーケンまでが逝ってしまい、みんなそんなに平成の次の時代に行きたくなかったのか?とかそんなことを思っているうちに、4月になってしまいました。
ユーヤさんもショーケンも、もっと長生きしてしょうもないジイサンとして話題を振りまいてほしいと思ってたんですけどね。特にショーケンは、このところすっかり毒気が抜けてしまっていて物足りねえなーなんて思っていて本当にごめんなさい。そのうちまた「なんだそりゃ!?」みたいなことをやらかしてくれることを期待してたんですけど、その「なんだそりゃ」が訃報とは。笑えないよショーケン。
ショーケンの訃報を聞いてからずっと、この世界にはもうショーケンはいないんだなあと折に触れては思う毎日です。悲しい。



ところで、その、ユーヤさんもショーケンも行くことができなかった(行きたくなかった?)次の時代の元号ですが、
「令和」と発表されました。
字面もすっきりしてて書きやすそうだし、音もいいなあと思います。

が!

これが万葉集が出典! 初の国書典拠の元号! ってえらい人がドヤ顔になるのって……どうなの?と、発表されてからずっともやもやしています。

学生のころにちょこっと万葉集を勉強していた私は、その発表を聞いたときに
「国書である万葉集から取ったって言っても、歌じゃなくて序文だったらそれは漢文なのでは? しかも「令月」って漢籍由来だよね??」
とまず疑問に思ったのですが、案の定ネットではすぐに元の漢籍であると思われる「帰田賦」ってのが特定されてて、ネットの集合知すげえ。

だいたい万葉集編纂当時の文字を読める日本人にとって、中国というのは文化の先進国。その先進国の文献をどれだけ知っているかで教養のあるなしが測られてもいたわけですよ。なので、この「令和」の元になったという万葉集の梅の花の歌の序文にしても、書いてあることは「すんげえ気持ちのいい春になりましたね。梅の花もきれいに咲きましたので、宴会の余興としてみんなで梅の歌を詠んでみましたよ」ってなことなんですが、その中には漢籍からの引用が散りばめられていて、たぶんそれを読んだ当時の知識人たちは、今のネット民たちがマッハで「帰田賦」を特定したのと同じように、「これはあの漢詩からの引用ですね(これがわかる俺すげえ)」「これを引っ張ってくるとはマニアですなあ」とかなんとかやりとりしたり、ひとりで悦に入ったり、そんなふうな楽しみ方もしていたんじゃないかと思うんですよ。
ちょっと時代は下りますが、「枕草子」の「香炉峰の雪」の中で、清少納言が御簾を巻き上げて中宮定子に褒められたってのもありましたよね。当時の知識人てのはイコール漢詩オタク。いつの世もオタクは同じようなことしてんだなあって微笑ましい気持ちになったりもしますけどね。

ことほどさように、万葉集は漢籍の影響を受けまくった、しかもその漢籍を知っているひと握りの知識人(オタク)にしか理解できないものだったはずなんです。
それをなー、「我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」とかさー。
私がちょこっと調べただけでわかるようなことを、えらい人たちは本当に知らないのか、それとも知ってても知らないふりをして「初の国書典拠の元号」と言ってるのか……。
どっちにしろ、すんげえもやもやするんですよ。もやもや。

ちなみに私は万葉集では巻第2の大津皇子関連の大来皇女の歌が好きです。っていうか、大津皇子が好きなんですよ。いろいろと妄想が膨らむ物語を持つ人です。
そういえば、元号を国書典拠にしたかったんなら、日本最古の漢詩集である「懐風藻」から取ればよかったんじゃないですかね。大津皇子の漢詩も載ってます。

 


もうすでに3月ですが、今年の目標を発表。

がんばってわがままになる

もう十分わがままじゃんってことは言いっこなしで。

前回の記事で「お仕事来たよやっほー」と喜んだのものつかの間、2月にやった仕事のひとつがこれがひどくて、なんとか終わったのだけど、仕事してる最中「おまえはダメだ」(要約)と言われ続けるという自尊心ズタズタ案件だったんですよ。
あとから思えば最初のころに「ん?」って思うこともあったのだけど、たまたま相手の虫の居所が悪かったのかもしれないとか、本当に自分はダメだからなーとか、がんばって続けてれば認めてもらえるだろうとか、我慢してたら、最後までそんなで…。結局「もうそこの仕事はやりたくなーい」ってことになって、引き続き次の仕事もあったのだけど断ることになってしまいました。

これって、もっと早い段階で「そんな言い方ないんじゃないですか」とか「そんならもうやりません」とか言えてれば、傷は浅かったのかもなあと思うんですよ。
でも、今まで特に仕事関係ではそういうことをあまり言わないでやってきたせいもあって、なかなか言えないんだよね。それに、あとから考えると「あれはひどい言われようなんじゃないか?」って思うことでも、そのときは「ん?」って思うだけでよくわからず、言うタイミングを逃すってのもある。性格的に感情の瞬発力がないんですよ。仕事じゃなくても、3日ぐらい経ってからじわじわと怒りが湧いてくるとかもよくあるし、そうするとそれからなにか言っても今度は相手のほうが「え?」ってなって話が通じなかったり、なんで今さらそんなこと言い出すんだ、わがままだなって言われたりする。

しかし、もう「わがまま」って思われてもいいやーと思うことにしようかと。自分の生活や楽しみのほうが大事だし。そのためにはお金が必要だから仕事はしないといけないんだけど、その仕事のために生活や楽しみが侵害されるのは本末転倒だよなあと思って。2月は本当に精神的に病んで生活ぼろぼろでした。
それに私ももはや四捨五入して還暦(!)という年齢。この先の人生残り少ないんだから、少しぐらいわがまま言って「あの人はしょうがないなー」とか思われてもいいかなーという気もするしね。わがままでしょうがない年寄りなんていっぱいいるし。

というわけで、これからは今までよりも「自分がやりたくないことはやらない」「いやなことはいやと言う」ことをしていこうかと決意しました。
今までは、そういうことを言うと人から「わがまま」と思われるんじゃないか、それはいやだなーと思っていたのだけど、「わがまま」と思われても気にしない! 性格的にこれがなかなか難しいので「がんばってわがままになる」。
それで離れていく人がいても、もうそれはしょうがない。自分にとって心地いい人たちと残りの人生過ごしたいしね。

…と、そんなことを考えている今日このごろなのでした。
ほぼ愚痴ですまんかった。このブログにはなるべく楽しいことだけ書きたいと思っているのだけど(萌え談義だし)、自分への戒めも兼ねて、ちょっと宣言しとこうかなと。すぐ忘れるからね(笑)。

次は「萌え〜」な話を書きたいものだと思っています。

あ、ジュリーの今年のツアー「SHOUT!」の日程も発表になり、ファンクラブでのチケット申し込みもすでに前半分は締切が過ぎました。とりあえず初日のチケットを申し込みましたよ。5月から11月までの長丁場、どんなツアーなのか、またドキドキで待機してようと思います。
その前に3月末にはROCK'N'ROLL GYPSIESのライブもあるし、花田さんのソロライブにも行きたい。
あと、3月は刀ミュ「三百年の子守唄」も観にいく。私はあいかわらずのチケット運のなさで全滅だったんですが、友人が見切れ席だけどゲットしてくれたのですよ。うれしい。千秋楽のライビュも行きます。

そんなこんなの遊びの予定も大事なので、それと両立できる形での仕事の仕方をやっていきたいと思ってるわけです。フリーランス30年にして遅すぎる決意ですが、がんばります。

またしても前の更新から1ヶ月が経ってしまいました。
早いものでもう2月。

え~~~

年明けに「デザイン仕事の新規開拓をがんばってみようと決意」して、過去仕事のポートフォリオもちゃんと作って、ネットの在宅ワークサイトを見て回って、4つに応募して2つが採用という結果に。
おお…
まあ、そのうちのひとつは2週間ぐらいの間にががーーーっとやっつけるお仕事だったんで、もう終わっちゃったんだけど、去年の12月に、やっぱり在宅ワークサイトから応募して採用になり、継続して発注してもらってるお仕事もあるし、1月に採用になったもうひとつっていうのも継続して発注しますよっていうお話(お仕事自体は2月から)。

やればできる子じゃん! 私!

とか思ってたら、以前お仕事をしたことのあるところからのご依頼も来たりして、1月は結構忙しかったんですよ。
そんなわけで、去年の10月から3ヶ月やった単発派遣バイトは一旦お休み。また暇になったらやろうかね、とか思ってたら、友人の紹介で週2日のバイトが決まり、2月からは火曜日と木曜日は定期のバイトに行くことになりました。
定期収入ありがたい。

定期でお仕事を出してくれそうな新しいデザイン仕事先が2つと、週2日のバイトと、2月からはなんだか新生活が始まりそうです。これまでのクライアントから2月からのお仕事あるよーってメールも来たし。
どんなペースになるか、慣れるまではしばらくまたあたふたしそうだけど、これからはなるべく自分のペースを守りつつやっていきたいものだなあと思っていたりします。もう年だし。

なので、ちょっとまたブログの更新は間遠になるかもですが、Twitterはだらだら日常を垂れ流したり、行ったライブの報告をちょこちょこ書いたりすると思います。余裕ができたらまたブログも書きます。