11月23日の第二十三回文学フリマ東京で販売した
「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道1971〜1975」
の通販のご注文受け付けを開始します。

カバーも正しく刷り直されて、
綺麗な本になりました。

ジュリー本現物・表紙 ジュリー本現物・裏表紙 
※クリックすると大きく表示されます。

新書版、
カバー・カラー、マットPP加工、
本文・モノクロ184ページ
先着50名様に特製カードプレゼント!

本体価格は1000円ですが、
通販の場合、送料・手数料として
200円を加算させていただき、
お支払い金額は「1200円」となります。

今回はどうやってお支払していただくか、
いろいろ考えたんですが、
やっぱり、専用のショッピングサイトを利用するのが、
購入してくださる方にも私にもやりやすいのかな、
というわけで、
stores.jpというサイトでやってみることにしました。

https://kijinsha.stores.jp/items/583a712200d331e34b010fb0

支払い方法も選べるし、
サイトもすっきしりしていてわかりやすいかなと。


不明な点、ご質問などは、
このブログのコメント欄でも、
上記ショッピングサイトのお問い合わせ欄からでも、
稀人舎のTwitterアカウント(@kijinsha)への
DMかリプライでも、
お問い合わせください。


個人販売のショッピングサイトを利用するのは
初めての試みなので、
ちょっとドキドキです。
なにか不手際、不具合などあったら、
そのときはまた対策しようと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

あ、近いうちに私に会う予定のある方で、
「欲しい!」と言ってくださる方は、
メールかTwitterで直接ご連絡ください。
手渡しで送料かからず、本体価格のみの1000円で
ご購入いただけるので、そっちのほうがよいかと。
送料とか支払い手数料とか、
なんか申し訳ない気がするので……




ご報告が遅くなってしまいました。

11月23日の第二十三回文学フリマ東京、
トラブルもありましたが、
本もまあまあ売れて、楽しく過ごしてきました。
【稀人舎】のブースにお立ち寄りくださった方、
お買上げくださった方、
ありがとうございました!

トラブルってのは、
会場直接搬入の新刊本
「ジュリーのシングル曲で昭和女のイバラ道」
のカバーがですね……
まさかの印刷ミス!
PDFの不具合っつうかなんつうか。
箱を開けた途端、

ええええ〜〜〜〜!

と、がっっっっくり。
その場にうずくまって動けなくなってしまいましたよ。
印刷屋さんと交渉して刷り直してもらうことにしたけど、
当然、当日には間に合わず。
カバーは外して100円引きで売ることにしました。

そんながっっくりな新刊本はともかく(?)
他の新刊本既刊本とも順調な売れ行きで、
全部で73冊が売れていきました。
1回の売り上げとしては、まあまあですかねー。


しかし……
ジュリー本が思ったほど売れず。
なぜだ!!?
なんかね〜、
「あ、ジュリーだって〜」と足を止める人は結構いるんですよ。
それに対して
「ジュリーの曲の歌詞についての解説本です」とか、
「ジュリーの歌詞からの女性問題評論本です」とか
説明するんだけど、
手に取りもしないで、
「いやいやいやいや(笑)」
みたいな感じで逃げて(?)いく人が多数。
だいたい女の人。
なんで!!???
ちょっと悲しかったなー……。
まー、カバーがなかったってのも多少はあったのかも。
なんせ、カバーを外すと、私が描いたジュリーの
エロっぽいイラストがババーン!と印刷されてますからね。
ヲタク全開って感じだし。

と、気を取り直して、
次回からは刷り直してもらったカバーをちゃんとかけて、
引き続き売っていこうと思います。

あ、年末12月29日の冬コミでも売ります。
冬コミのスペースは、

東地区“ホ”ブロック-43a

お暇と体力と気力のある方はおいでくださいまし。

通販はもうちょっとお待ちください。
どうやって注文を受け付けるか、まだ考え中。
どーしよっかなーー



11月23日の文学フリマ東京での
4冊目の新刊本が完成しました。

サトミセキ
「ベルリン、記憶の卵たち(1)WINTER」

記憶の卵-1_表紙

記憶の卵-1_P2-3

記憶の卵-1_P4-5

記憶の卵-1_P6-7

文フリWebカタログはこちら↓
https://c.bunfree.net/p/tokyo23/6700

ベルリンで数年を過ごした著者によるエッセイ集です。
今回は「冬篇」。
冬らしい、シンとした表紙ができあがりました。
ベルリンの冬の空の写真がうつくしいです。
本文にも、著者が撮影したベルリンの写真が
カラーで掲載されています。
どれも素敵です。
ぜひ、会場でお手にとってご覧ください。

「冬篇」ということは、このあと「春篇」「夏篇」……
と続きます。
お楽しみに。


【稀人舎】ブースは、

Fホール(2階)オ-51、52

お待ちしております。