うかうかしてたら前回のアップから1ヶ月経っていて広告が出ちまってたよ。
今年も早1ヵ月が過ぎ、残すところあと11ヵ月。今年はなにごともなく穏やかに過ごせますように〜。

しかし、なんで1ヶ月もブログ更新を放置していたかといいますとね…。ありがたいことにお仕事も結構コンスタントに入ってきたり、稀人舎で出した本がらみのイベントを2月にやることになってその準備があったりで、毎日なにかと作業したり打ち合わせに出かけたりしてるってこともあるんですが、それに加えて、吉川晃司のライブとか、ジュリーのツアーファイナルとか、ミュージカル刀剣乱舞「つはものどもがゆめのあと」ライビュとか、舞台「文豪ストレイドッグス」ライビュとかとかとか……
1月はそんなこんなであっという間に過ぎていってしまいましてね。は〜、忙しい忙しい(訳:楽しい)。

ジュリーのファイナルなんて、NHKホール2連チャンだったし。
楽しかったーー!
んだけど……

まあ、1月17日の大阪フェスティバルホールですでに発表していてわかっていたことなんだけど、今のバックバンドのメンバーとはこのツアーでお別れ、というお話があり、え? ええ? うええええん……という終わり方でもあった大千穐楽だったんですよね。
今年のツアーは「古希記念ツアー」とのことで、なんか派手な特別なことを企画しているようで、武道館やさいたまスーパーアリーナや横浜アリーナや大阪城ホールとか全国のアリーナクラスの大きな会場が8公演で、その他に(それも含めて?)全国64ヶ所のツアーだとか。
武道館はともかく(といっても、来年1月は3連チャンですよ!)、アリーナって3万人とかですよね。それだけの集客を見込める内容だってことだと思うんですが、一体なにをやるんでしょうか。わくわく過ぎる。
7月6日の武道館が初日のようですので、あと5ヵ月。バックバンドも変わって、どんなことになるのか、楽しみに首を長くして待とうと思います。

で、その5ヵ月の間、私はなにをしてるかというと、ROCK’N'ROLL GYPSIESや花田さんや下山さんのライブに通いつつ、あとは2.5次元を少々って感じかなーと。でも、2.5次元はいっぱいあるんで、あれもこれも観にいってると大変なことになりますからね、「ミュージカル刀剣乱舞」を主にって感じになると思います。でも、次にやる新作には私の推しは出ないんですよどーすっかなーー。でもでも、8月には「阿津賀志山」の再演があるってことなんで、チケット争奪戦に参加しようと思います。取れる気が全然しないけど。
こないだライビュで観た「つはものどもがゆめのあと」は、ワタシ的にはツボのお話で、とてもとてもよかったのだけど、どこがどうよかったのかということを説明するのがすごく難しい。
これは、歴史を扱った、しかも実はタイムトラベルものというSFでもある「刀剣乱舞」というゲームを原作にしているミュージカルなわけで、その「物語」としてうまく作ってあったと私には思えたんですよ。歴史を扱ったストーリーだとしても、必ず歴史どおりじゃなくてもいい。みんなが観たい「物語」はこれだったんだよねって思えるような、そんなストーリー。それが「物語」というものなんだっていう、そんな感じ。で、その「物語」の中にゲームの世界も取り込まれているというメタ的要素もあるのではと思ったりもして、そんなことをなんとかまとめたいなあと、ライビュを観てからこの1週間ほどぐるんぐるんしてたんだけど、うまいこと書けない。
ま、私の推し佐伯大地くんの岩融は最高だったということは言っておきますけどね(笑)。


以上、ブログの広告回避のためのあんまり内容のない更新でしたすみません。



『TIGER & BUNNY』新アニメシリーズプロジェクト始動!
ですってよ! まあ!!

テレビ放映から7年近く。間に劇場版やイベントやらがあったとはいえ、「新アニメシリーズ」ってことは新作ってことだよね? だよね? だよね?
「様々な企画を展開予定」って「テレビ」とは書いてないけど、なにかしら新作が来るって思ってていいんですよね? いいんですよね? いいんですよね?

楽しみすぎる。

この7年近く、グッズを買ったり(プレミアムバンダイにいっぱいあります。いまだに新商品出てます)、イベント行ったりはしたけど、やっぱり新しいお話が供給されないとね。
こちとら、テレビシリーズと劇場版2本、あとは少しのドラマCDとかから妄想を膨らまし続けて7年だよ。長かった…。もういろいろ枯渇してて、虎徹さんの中の人が「バニラちゃん」てつぶやただけでバニラ記念日とか作っちゃう勢いだったもんね(笑)。
まあ、こういうのも腐女子の妄想力が試されてる感じで楽しかったんですけどね。おかげさまでかなり鍛えられた気がします。

なので、どんなお話でも受け止める(腐女子的)筋力は付いてますから、なんでもどんと来いでございますよ。

どんと来い。

今年はこれを楽しみに生きていける。ありがとう、そして、ありがとう!!


もう3年半前(!)に描いたものですが、お祝いとしてバディの絵置いときます。

タイバニお祝い



そんでもって、便乗宣伝。

タイバニの劇場版1作目「The Beginning」を観た後の、腐女子3人による座談会載ってます。



タイバニの劇場版2作目「The Rising」を観た後の、腐女子3人による座談会載ってます。



2018年 あけましておめでとうございます

去年は本当に本当に激動の1年で、年頭の挨拶に書いた「今年やりたいこと」がほとんどできなかったので、仕切り直して今年はなんとかやりたいことをやっていけたらいいなと思っております。

去年やろうと思っていてやれなかったこと

1.「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道」第二弾を年末には出版すべく、10月までに「酒場でDABADA」までを書き終える。

2.手作り本のワークショップをやる。

3.過去の「稀人舎通信」をKindleにする。

4.ずーっと書きかけだった小説を完成させる。

5.絵の練習をして夏コミには漫画の本を出す。

「2」と「3」は稀人舎関連ですので、稀人舎サイトのブログに書きました。よろしくです。

「1」のことも本の出版と連動しているのでちょろっと書きましたが、まずはこっちのブログで記事をアップしていくのが先なので、なんとか月イチペースで書いていきたいと思います。
でもねー、阿久悠シリーズつらいんだよねー。分量的に1冊の本になりそうだったら「ロンリー・ウルフ」の前の「OH! ギャル」までにするかもしれません。

第一弾の「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道1971~1976」はKindleで販売中です。

Kindle本は、Amazonで売ってる専用の端末がなくとも、Amazonが無料で提供しているアプリを入れれば今お使いのスマホ、タブレット、PC(Macでも)、どれでも読むことができます。

「4」「5」は、まずは稀人舎の活動が優先ですので、余力があったらやります。でも、これはいつかはやりたいと思ってるんですよほんと。
でもねー、今まで個人的な事情から行けずに我慢していた、ライブや2.5次元の舞台や映画やいろいろを今年からはたくさん観にいきたいなーと思っているので、そっちで忙しくなりそうなんですよ。それらを観にいくためのお金も稼がないといけないしね。
それはそれでものすごく楽しみだし、それらのライブや舞台のレポも、こっちのブログでは書いていこうと思っていますので、ジュリー関連以外の記事が多めになるかもしれませんが、【ジュリーの曲で考える昭和女性幻想】カテゴリともども、お暇があれば読んでいただけましたらうれしいです。


しかしまー、去年もお正月の時点では、その後の1年があんなことになるとは全然まったく微塵も思ってなかったわけで、だからこそ「小説書く」とか「漫画描く」とか、ぽわわ~んとした計画を立ててたんですよ。なので、今年ももしかしたらまた今は予想もつかないことが起こって、またしてもなにもやれない!!ということになるかもしれません。
それは今の時点ではまったくわからないことなので、そのときそのときに対処しつつ生きていこうと思います。

そんなこんなの自分の人生に翻弄されまくっている私ですが、できるかぎり「萌え談義」は続けたいと思っていますし、ジュリーのことも考え続けていきたいと思います。今年は古希の記念ツアーということですし、なにが起こるのか楽しみですもんね。

というわけで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。