うかうかしてたら前回のアップから1ヶ月経っていて広告が出ちまってたよ。
今年も早1ヵ月が過ぎ、残すところあと11ヵ月。今年はなにごともなく穏やかに過ごせますように〜。

しかし、なんで1ヶ月もブログ更新を放置していたかといいますとね…。ありがたいことにお仕事も結構コンスタントに入ってきたり、稀人舎で出した本がらみのイベントを2月にやることになってその準備があったりで、毎日なにかと作業したり打ち合わせに出かけたりしてるってこともあるんですが、それに加えて、吉川晃司のライブとか、ジュリーのツアーファイナルとか、ミュージカル刀剣乱舞「つはものどもがゆめのあと」ライビュとか、舞台「文豪ストレイドッグス」ライビュとかとかとか……
1月はそんなこんなであっという間に過ぎていってしまいましてね。は〜、忙しい忙しい(訳:楽しい)。

ジュリーのファイナルなんて、NHKホール2連チャンだったし。
楽しかったーー!
んだけど……

まあ、1月17日の大阪フェスティバルホールですでに発表していてわかっていたことなんだけど、今のバックバンドのメンバーとはこのツアーでお別れ、というお話があり、え? ええ? うええええん……という終わり方でもあった大千穐楽だったんですよね。
今年のツアーは「古希記念ツアー」とのことで、なんか派手な特別なことを企画しているようで、武道館やさいたまスーパーアリーナや横浜アリーナや大阪城ホールとか全国のアリーナクラスの大きな会場が8公演で、その他に(それも含めて?)全国64ヶ所のツアーだとか。
武道館はともかく(といっても、来年1月は3連チャンですよ!)、アリーナって3万人とかですよね。それだけの集客を見込める内容だってことだと思うんですが、一体なにをやるんでしょうか。わくわく過ぎる。
7月6日の武道館が初日のようですので、あと5ヵ月。バックバンドも変わって、どんなことになるのか、楽しみに首を長くして待とうと思います。

で、その5ヵ月の間、私はなにをしてるかというと、ROCK’N'ROLL GYPSIESや花田さんや下山さんのライブに通いつつ、あとは2.5次元を少々って感じかなーと。でも、2.5次元はいっぱいあるんで、あれもこれも観にいってると大変なことになりますからね、「ミュージカル刀剣乱舞」を主にって感じになると思います。でも、次にやる新作には私の推しは出ないんですよどーすっかなーー。でもでも、8月には「阿津賀志山」の再演があるってことなんで、チケット争奪戦に参加しようと思います。取れる気が全然しないけど。
こないだライビュで観た「つはものどもがゆめのあと」は、ワタシ的にはツボのお話で、とてもとてもよかったのだけど、どこがどうよかったのかということを説明するのがすごく難しい。
これは、歴史を扱った、しかも実はタイムトラベルものというSFでもある「刀剣乱舞」というゲームを原作にしているミュージカルなわけで、その「物語」としてうまく作ってあったと私には思えたんですよ。歴史を扱ったストーリーだとしても、必ず歴史どおりじゃなくてもいい。みんなが観たい「物語」はこれだったんだよねって思えるような、そんなストーリー。それが「物語」というものなんだっていう、そんな感じ。で、その「物語」の中にゲームの世界も取り込まれているというメタ的要素もあるのではと思ったりもして、そんなことをなんとかまとめたいなあと、ライビュを観てからこの1週間ほどぐるんぐるんしてたんだけど、うまいこと書けない。
ま、私の推し佐伯大地くんの岩融は最高だったということは言っておきますけどね(笑)。


以上、ブログの広告回避のためのあんまり内容のない更新でしたすみません。



『TIGER & BUNNY』新アニメシリーズプロジェクト始動!
ですってよ! まあ!!

テレビ放映から7年近く。間に劇場版やイベントやらがあったとはいえ、「新アニメシリーズ」ってことは新作ってことだよね? だよね? だよね?
「様々な企画を展開予定」って「テレビ」とは書いてないけど、なにかしら新作が来るって思ってていいんですよね? いいんですよね? いいんですよね?

楽しみすぎる。

この7年近く、グッズを買ったり(プレミアムバンダイにいっぱいあります。いまだに新商品出てます)、イベント行ったりはしたけど、やっぱり新しいお話が供給されないとね。
こちとら、テレビシリーズと劇場版2本、あとは少しのドラマCDとかから妄想を膨らまし続けて7年だよ。長かった…。もういろいろ枯渇してて、虎徹さんの中の人が「バニラちゃん」てつぶやただけでバニラ記念日とか作っちゃう勢いだったもんね(笑)。
まあ、こういうのも腐女子の妄想力が試されてる感じで楽しかったんですけどね。おかげさまでかなり鍛えられた気がします。

なので、どんなお話でも受け止める(腐女子的)筋力は付いてますから、なんでもどんと来いでございますよ。

どんと来い。

今年はこれを楽しみに生きていける。ありがとう、そして、ありがとう!!


もう3年半前(!)に描いたものですが、お祝いとしてバディの絵置いときます。

タイバニお祝い



そんでもって、便乗宣伝。

タイバニの劇場版1作目「The Beginning」を観た後の、腐女子3人による座談会載ってます。



タイバニの劇場版2作目「The Rising」を観た後の、腐女子3人による座談会載ってます。



これは【萌え談義】カテゴリでいいのか?という疑問はあるのだけど、私にとってライブは「萌え」ですので!(こじつけ 笑)

ROCK'N'ROLL GYPSIESというバンドの、年末ライブに行ってきましたよ。これは「恒例」と言ってもいいのかな? 私がGYPSIESのライブに行き始めて、もう3回目の年末12月23日のライブでした。
あいかわらずかっこよかったです!

20171223GYPSIES看板 20171223GYPSIESステージ


ROCK'N'ROLL GYPSIESは、ザ・ルースターズという、1980年代を中心に活動していた、「伝説の」と今だに言われるバンドのメンバーが中心のバンド。
私が大好きな「NEON BOY」は、後期ルースターズ(THE ROOSTERZと表記される)の曲ですが、この曲は1986年のリリース当時に聴いた記憶があります。「聴いた」っていうか、たぶんテレビで流れたPVかなんかで「見た」んだと思う。
んで、「なにこれかっこいい!」って思い、さらにそこでギターを弾いている、見た目ビジュアル系な下山淳という人が、自分と同じ鶴岡出身だということを知り、「なんと! こんなかっこいい人があのド田舎にいたのか!」とびっくりしたという記憶はあるんですが、なぜかそれ以上ルースターズのことを掘り下げようとはしなかったんですよね。「NEON BOY」以外の曲をちゃんと聴こうともしなかったしライブにも行かなかった。今思えば「なぜ!?」と残念でしょうがないんですが、当時は仕事を始めたばかりで忙しかったし、他にもいろいろライブに行ってたりして(ゼルダとかボ・ガンボスとか行ってた)、さらに手を広げる余裕がなかったんですよね。残念だー。

で、そのルースターズは1988年に解散してしまったんですが、そんなことも全然知らず、同郷の下山さんのこともすっかり忘れて20年以上。
2008年の暮れに私は突然ジュリーのファンになったわけですが、そのジュリーのバックバンドに、なんと! ルースターズの下山淳がいたわけですよ。びっくり。

ええー、下山淳て、あの下山淳???

てなわけで、ジュリーのライブでは、ジュリーはもちろんですが、下山さんのギターを聴いて、下山さんのお姿を見られるのも楽しみに通っていたんですよ。ジュリーのバックではスーツ姿だったんですが、下山さんのちょっとドレッシーなスーツとブラウスがすごーくかっこよくてさ〜。ギター弾いてるときの、なんかふわふわ〜っとした独特のアクションも、ずっと見てるとやみつきになるかっこよさなんですよ。アップストロークで弾いたあとの腕の角度とかね…(細かい)。
その後、2013年には泉谷しげる&LOSERの復活ライブにも行き、「うわ〜、こんなのもやってたのか〜〜」と感涙にむせび……。だってメンバーがメンバーが!
吉田建(B)、村上ポンタ秀一(D)、仲井戸麗市(G)、下山淳(G)
ですよ!! うわーーーー! なにこの豪華メンバー。
なんで、1988年当時にこのバンドの存在を知らなかったのか! まー、泉谷しげるには興味がなかったしな……。すまぬ。またLOSER復活してくれないですかね。吉田建さんもチャボもかっこよかったし、ポンタさんのドラムは昔から大好きなんですよ。

そんなこんなを経て、ジュリーのバックバンド「鉄人バンド」以外での下山さんのギターをもっと聴きたいな〜と思っていたら、ROCK'N'ROLL GYPSIESの存在を教えてくださる方がいて、2015年5月の蔵前のライブハウスでのライブに行ったのが、私のGYPSIES初体験です。

これが! もう! ほんとに! かっこいいんですよ!!

オールスタンディングの小さいハコのライブなんて本当に久しぶりだったんですが、MCほぼなしで爆音バリバリの、しかも安定の素晴しい演奏がずっと続くとか、うーわーー、最高。昔よく行ってたライブを思い出したりもして、この、エレキの爆音で頭の中がいっぱいになってなんも考えなくてよくなる感覚とか、ずっとずっとその中に浸っていたい気持ちとか、あー、ライブハウスってこんなだったなーって。

そのときは下山さん以外のメンバーのことはほとんど知らなかったんですが(池畑潤二って名前聞いたことあるな〜誰だっけな〜ってなって、あとになって吉川晃司と布袋寅泰の、あのCOMPLEXの当時のドラムだったことに気付いたりしたけど)、「GYPSIESかこいい!」ってなってライブから帰ってからYouTubeを漁り、ルースターズのステージや、ジプシーズのライブハウスでの動画などを見ていろいろ勉強してたんですがね、それ見てたら、かつては全然注目してなかったボーカル&ギターの花田裕之さんが気になってきまして……。

かっこいいじゃん!!

下山さんが綺麗系の美人さんとしたら、もっと男っぽい方のイケメン。なぜか80年代当時は全然目に入ってなかったんですけどね。若い頃の写真とか動画を見ると甘い感じのアイドル系ハンサムさんなんだけど、私は年取った今の顔のほうが好きです。背も高くて足も長くて、ファッションショーのモデルさんをしてたりしたんですってよ。

で、そんな知識なども詰め込んで迎えたのが、2015年の12月23日。ちょうど2年前の年末ライブでございました。事前に「花田さんかっこいいじゃん」と言っていた私は、一緒に行った人たちに花田さん前の位置を確保させてもらい、ずっと花田さんを見てまして。

ええ、堕ちました(笑)。

「クレイジーロマンス」で堕ちました。この曲はこのときが初聴きだったんですが、これを歌うときの花田さんの声がもうね、かっこいいんですよ! もちろん曲もかっこいい。

てなわけで、それから2年半ほど、スケジュールとお財布が許す限りGYPSIESのライブに行き、下山さんのソロライブも花田さんのソロライブも、花田さんが別メンバーとやっているbandHANADAっていうバンドのライブにも行くという、幸せなライブ三昧をしています。

で、3回目のGYPSIES年末ライブが昨日のライブでした。
花田さんはあいかわらずかっこよく、下山さんのギターはなんだか今までよりもノリノリで、ちょっとアレンジを変えてきたり、それに煽られてか花田さんのギターソロも気合い入ってるみたいでした。
ソロのときに、ちょっと「ぬおおっ」って顔をしてたんですよっ。ちょっとですけどね。いつもはあんまり表情を変えないクールな感じで弾いてるんだけど、昨日はちょっとぬおってたように見えました。どの曲だったか(「Ho Train Boogie」だっけ?)、花田さんの渾身のギターソロのあとに下山さんが拍手をして客席を煽ったのもよかったです。もちろん思いっきり拍手しましたとも。
あとね、下山さんボーカル曲の花田さんのギターソロはなんだか優しくて、私はいつもぽわわ~んってなって聴いてるんですが、昨日は特に優しく聴こえましたほほほ。
あ、あと、9月のライブに続いて「NEON BOY」もやってくれて、うきゃーー!ってなりました。なにしろ私がリアルタイムで聴いて知っていた唯一のルースターズの曲ですし、なによりもこの曲はかっこいいですからね。あのイントロが始まった途端アガる。きゃーきゃー。

という、私のGYPSIES&花田さん堕ちの経緯と、レポになってない昨日のライブの報告でした。
あ、昨日のライブ後には次のライブのチケットも販売していて、速攻で買いましたとも! 3月16日下北沢GARDEN。楽しみです。


しかしね……、ジュリーに堕ちてからというもの、いろんな「萌え」の扉が開いてしまい、次々といろんなものにハマっていってて、我ながらヤバい(笑)。ハマること自体は楽しいからいいんですが、お財布がヤバい。
働きます。