fc2ブログ

28日は冬コミ行ってきました。
新しい南館。新しいから空調も利いててあったかくて居心地よかったです。
いつものとおり、うちのジャンルのあたりはそんなに混んでなくて、サークルメンバーと交代でお買い物に行ったり、ケータリングの肉巻きおにぎり食べたり、スペースでおしゃべりしたりと、ゆるっと楽しんできました。
お買い物も、特にサークルチェックはしていかなかったのだけど、好きなジャンルのあたりを歩き回って目についたものをざっくり買ってきましたが、帰ってきて読んでみると結構当たりが多くてとてもよい。何度も繰り返し読んでます。とてもよい。

でな、ツイッターには当日の夜に書いたんだけど、コミケのサークル参加は今回まででひと区切りとしようかなと思っています。

以下、ツイッターに書いたものを再掲。

コミケはあの会場全体が幸せの空間て感じで、参加するたびにそこにいるだけで幸せな気持ちになる素敵イベントなんですが、来年の夏コミはオリンピックのために開催できず、代わりにゴールデンウイークに開催とのことで、日程的に参加は無理。GWは文フリもあるしね。
さらに今のジャンルでは書きたいことがあまり出てこなくなってしまい、今日もスペースに並べたのはジャンル違いの新刊本とあとは既刊本だけという寂しさ。やっぱり参加するからには「今!私の萌えは!これなのよーー!」という思いの丈を盛りまくった新刊本を並べたい。
というわけで、来年の冬コミまで新たな萌えが沸き起こり、「いくらでも書ける!」「本にしたい!」という衝動が起こらない限り、サークル参加は見合わせたいと思います。(もしかしたらしれっと別ジャンルで出てたりするかもしれないけどw
2010年の夏コミから(途中数回抜けたけれども)10年近く、妄想が湧くままに何冊も薄い本を作り売ったり買ったり、コミケではとても楽しませていただきました。そして、うちの薄い本を楽しみだと言って買ってくださったみなさま、本当にありがとうございました。
今後コミケには一般で参加するかもしれないししないかもしれないし、もしかしたらやっぱりサークル参加するかもしれない。要するに先のことはなにも考えていません。でも、薄い本ではないですが、文フリへは出店しますし、なんやかんやと本を作ることは続けていくことと思います。
コミケ参加サークル「MAREBITO」としてはここで一旦終了ですが、「稀人舎」としての活動は続けますし、またどこかでなんらかの形でお目にかかることもあるかと思います。そのときは、どうぞよろしくお願いいたします。

再掲、ここまで。

ほんと、コミケには楽しませてもらったし、自分が作った薄い本を通じていろんな人と知り合いにもなれた。
今回のコミケでも、「前回の夏コミで1冊買ったのだけど、もっと読みたいから」と言って再録本を前後編2冊とも買いにきてくれた方とか、「最近(このジャンルに)ハマったんです」という若い方が既刊本を買ってくださったりとか、ふらっと立ち寄った(ように見えた)男性が、刀剣乱舞特集の「稀人舎通信改4号」を買ってくれたりとか…。
新刊がなくとも、少ししか売れなくとも、こんなことがあるとものすごく嬉しい。この嬉しさを味わいたいために、なんかかんか書いて本を作ってたのかもしれないと思うほどに嬉しい。

でも、上にも書いたように、やはりコミケというのは「これが書きたい(描きたい)!!」という萌え衝動あってのサークル参加だと思うので、またそういう気持ちになるまでお休みかなと思います。

私が書いて作った薄い本を楽しんでくださったみなさま、
これまで本当にありがとうございました。

今後の萌えは引き続き、このブログやツイッターでだらだらと垂れ流すことと思います。


といっても、今年のブログの放置っぷりったらひどかったですね。すみません。
なんだか夏からこっちずっと忙しくて。
週2日の事務仕事のバイトに加えて、今年から定期で請けることになったデザイン仕事、それに以前からつながりのある数社からもいくつか単発のお仕事をいただけて、今年の下半期はなんとか売上を伸ばすことができました。おかげさまで一昨年の引っ越しから去年の仕事がなかった時期の貯金のマイナスを取り戻せたよ。ふー。去年は本当に仕事がなくてこのまま私は朽ちていくしかないのか…と呆然としてたんだけど、なんとかなったよかった。
というふうに、去年の仕事がないイコールお金がない恐怖をもう味わいたくはないので、お仕事は基本断らないスタンスでやってるために、忙しくなってしまい、ブログの更新も、最近ではツイッターの書き込みもなかなかできないということになっております。生存確認としてツイッターはなるべく書き込むようにしてるんですけど、くだらないことばかりですみません。

来年はお仕事的にも萌え方面的にもどんなことになるか、まださっぱりわかりませんが、少しずつでもなにかしら書いたり描いたりしていきたいとは思っています。


今年は大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
 

10日って長いよなーと思っていた連休も、もうあと1日となりました。光陰矢の如し。
連休中は、「連休明けまでに」という宿題仕事を最初の2日でやっつけ、あとはお仕事はお休みだー!と思ってたら、ほかの進行中のお仕事でラフが毎日ぽつぽつと送られてくるものがあって、それをぽつぽつとやりつつ、明日(6日)の文フリに向けての手作り本を作ったりしてました。

あ、文フリ参加します。サークル「稀人舎」で、ブースは「カ-5・6」

WEBカタログはこちら

https://c.bunfree.net/c/tokyo28/!/%E3%82%AB/5

新刊の内容紹介はブログに書きました。
「第28回文学フリマ東京に参加します」

連休最終日ですが、お暇があったらおいでください。
東京流通センターで11時から17時までやってます。

新刊本の「建築史眼」は印刷本で、3月にすでに完成していたのだけど、フォトエッセイ「アイスランド」のほうは手作りでちょっとトラブルもあり、間に合うかーー? とか、ぽつぽつラフが上がってくるお仕事の始末はつくのか??? とか「お休み」とはいかない連休でしたが、本もなんとか完成し、お仕事も「あとは連休明けに」って連絡も来て、なんだかどうにかなったみたいです。
こういうふうに、「だだだいじょぶか?」と思ってることが土壇場ではどうにかなる…ってことはよくあるんだけど、いつも胃が痛い小心者の私なので、どうにかなることが最初からわかってるなら最初から「どうにかなる」って、誰か教えてくれたらいいのに。


という、休みなんだかどうかよくわからないゴールデンウィークでしたが、連休明けの9日には、なんとジュリーのツアーが始まるんですよ。
初日、行きます。楽しみです。

実は、刀ミュの「つはものどもがゆめのあと」のことも書きたかったんだけど、また今度。
いや……、私が「つはもの」がすごく好きだってことだけなんですけどね。
「つはもの」好きです。マイラブ岩融も出てるし。
まあ、また今度。


ユーヤさんが亡くなったと思ったら、今度はショーケンまでが逝ってしまい、みんなそんなに平成の次の時代に行きたくなかったのか?とかそんなことを思っているうちに、4月になってしまいました。
ユーヤさんもショーケンも、もっと長生きしてしょうもないジイサンとして話題を振りまいてほしいと思ってたんですけどね。特にショーケンは、このところすっかり毒気が抜けてしまっていて物足りねえなーなんて思っていて本当にごめんなさい。そのうちまた「なんだそりゃ!?」みたいなことをやらかしてくれることを期待してたんですけど、その「なんだそりゃ」が訃報とは。笑えないよショーケン。
ショーケンの訃報を聞いてからずっと、この世界にはもうショーケンはいないんだなあと折に触れては思う毎日です。悲しい。



ところで、その、ユーヤさんもショーケンも行くことができなかった(行きたくなかった?)次の時代の元号ですが、
「令和」と発表されました。
字面もすっきりしてて書きやすそうだし、音もいいなあと思います。

が!

これが万葉集が出典! 初の国書典拠の元号! ってえらい人がドヤ顔になるのって……どうなの?と、発表されてからずっともやもやしています。

学生のころにちょこっと万葉集を勉強していた私は、その発表を聞いたときに
「国書である万葉集から取ったって言っても、歌じゃなくて序文だったらそれは漢文なのでは? しかも「令月」って漢籍由来だよね??」
とまず疑問に思ったのですが、案の定ネットではすぐに元の漢籍であると思われる「帰田賦」ってのが特定されてて、ネットの集合知すげえ。

だいたい万葉集編纂当時の文字を読める日本人にとって、中国というのは文化の先進国。その先進国の文献をどれだけ知っているかで教養のあるなしが測られてもいたわけですよ。なので、この「令和」の元になったという万葉集の梅の花の歌の序文にしても、書いてあることは「すんげえ気持ちのいい春になりましたね。梅の花もきれいに咲きましたので、宴会の余興としてみんなで梅の歌を詠んでみましたよ」ってなことなんですが、その中には漢籍からの引用が散りばめられていて、たぶんそれを読んだ当時の知識人たちは、今のネット民たちがマッハで「帰田賦」を特定したのと同じように、「これはあの漢詩からの引用ですね(これがわかる俺すげえ)」「これを引っ張ってくるとはマニアですなあ」とかなんとかやりとりしたり、ひとりで悦に入ったり、そんなふうな楽しみ方もしていたんじゃないかと思うんですよ。
ちょっと時代は下りますが、「枕草子」の「香炉峰の雪」の中で、清少納言が御簾を巻き上げて中宮定子に褒められたってのもありましたよね。当時の知識人てのはイコール漢詩オタク。いつの世もオタクは同じようなことしてんだなあって微笑ましい気持ちになったりもしますけどね。

ことほどさように、万葉集は漢籍の影響を受けまくった、しかもその漢籍を知っているひと握りの知識人(オタク)にしか理解できないものだったはずなんです。
それをなー、「我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」とかさー。
私がちょこっと調べただけでわかるようなことを、えらい人たちは本当に知らないのか、それとも知ってても知らないふりをして「初の国書典拠の元号」と言ってるのか……。
どっちにしろ、すんげえもやもやするんですよ。もやもや。

ちなみに私は万葉集では巻第2の大津皇子関連の大来皇女の歌が好きです。っていうか、大津皇子が好きなんですよ。いろいろと妄想が膨らむ物語を持つ人です。
そういえば、元号を国書典拠にしたかったんなら、日本最古の漢詩集である「懐風藻」から取ればよかったんじゃないですかね。大津皇子の漢詩も載ってます。