うはー……
Bフレッツ申し込んじゃったよ。
7月頭には開通の予定。
まだ工事日は決まってないんでわからないけど。

仕事場移転にともなって、
回線もにしたいなーとか考えていたら、
見ていたかのように営業会社の人がやってきた!
今月いっぱいのキャンペーンで、
あれやこれやが無料とかキャッシュバックとかとか…
これは悩んでないで申し込め!
という天の声と思って、えいやっと申し込んでしまいました。
ついでに「スカパー!光」も。
多チャンネルはあんまし興味はないんだけど、
うちって電波の状態が悪くて、
特に民放は映りが悪いのね。
これで、映りのいいテレビが見られる。
「ホーム共聴工事費」ってのが想定外だったけど、
まあ、いいかなーと。
他で節約しよう……
電話も「ひかり電話」にすると基本料金安くなるし。

あーとーはー……
新しいMacとWindowsか…
Macは、シネマディスプレイはあきらめるかなーくそー
Winは最安のやつでいいや、もう。
どーせネット見たり、お絵描きするくらいだ。
今週中にでもビックカメラに行ってきますよ。

ああ、ビックカメラといえば、
今使っている部屋の照明が壊れてしまってですね。
二本入っている蛍光灯のうち一本が点かなくなってしまったですよ。
新しい蛍光灯に替えてもダメだったので、
大元の部分がダメになったのだろうと、
メーカーに修理できないかと電話をしたところ、
「1万2~3000円かかります」とのこと。
「ええ~、それって、買ったらもっと安いですよね」と言うと、
「そうですねえ~」だって。
まあ、家電品にはありがちなことだけど、なんだかなあ。
これは、今週買ってきて自力で取り付ける予定。

なんかね。
照明が暗いと、どよーんと気持ちまで暗くなるよ。ホント。

あー、今度仕事場にする予定の部屋の、
バリバリに和風の照明器具も替えたいんだけど、
こっちは別に壊れてないんだよね……
節約しなきゃってんなら、こっちはがまんするか…
昭和レトロ

どきどきしながら行ってきました。
版元ドットコムの総会&懇親会。
で、どきどきしながら、
私にしてはがんばっていろんな方とお話して、
名刺交換もいっぱいしてきました!
しかーし。
みなさん優しく私の話を聞いてくださるので、
なんだかアホなことをいっぱいしゃべってきてしまったような……
ああもう、余計なことを言っちゃったんじゃ、とか、
なんだか大風呂敷広げてなかったか?私、とか、
いろいろ失礼なことを言ったりしたりしてしまったんじゃ、とかとか、
帰ってきてからずっと悶々としているわけです。

ええ、小心者です。

小心者のくせにやることは後先考えずに大胆なんです。
最悪です。

今回、人見知りの私が、初対面の方たちと
こんなにいろいろと話ができたのも、
誘ってくださって、面倒を見てくださった
アニカさんのおかげです。
ほんとにありがたかったです。感謝。

アニカさんは、
日本でいちばん小さな出版社」という本を出されていて、
この本がもうもう、出版社を立ち上げるにあたっての
実際的な話満載で、本当にためになるのですよ。
でもね……
読めば読むほど、
「こんな大変なこと、私にできるんだろーかーー!!?」
という思いがつのってきてしまって、
じゃあ、「稀人舎」はどうなりたいのか?
とか考え始めると、ぐるぐるぐるぐるしちゃって、
どーにも今はまとまらない感じなんですよ。

今日は、そんなまとまらない考えのまま、
「どーしたらいいんでしょう~」
なんて、情けない私の話も、
版元ドットコムの皆さんは優しく聞いてくださって、
「うちでは、こうしてるけど」
「こうしたらいいですよ」
「こういう方法もありますよ」
といろいろアドバイスもしてくださり、
ありがたい限りでした。

一口に出版社、版元と言っても、
お話を聞いていると、本当にいろんな形態があるし、
さまざまな試みもされていて、ヒントもたくさんもらいました。
その中から「稀人舎」として、私がやりたいことと
合ったものはなにか……
それは当然私が考えなきゃならないので、
まあ、しばらくまたぐるぐる考えます。


ホントは懇親会の二次会も行きたかったんだけど、
本日入稿の仕事が差し戻ってきちゃってて、(涙)
戻って仕事しなきゃいけなくなり、
泣く泣く帰ってきました。
次はなんとか…

明日は版元ドットコムの総会だ。
こないだのセミナーのときは
びびって懇親会は出ないで逃げてきた私だけど、
明日は懇親会まで参加に○付けて申し込んじゃったよ。

どっきどき。

しかも、本業の方の入稿が重なって、
4時からの研究集会に間に合わないかも……
それが一番聞きたいのに。

今は、自宅の一室を使っている私の仕事場兼「稀人舎」事務所ですが、
このたび、ちょびっと広いところに引越しすることになりました。
といっても、2階から1階に降りるだけなんですが、
今までは5畳くらいのワンルームだったのが、
全部で12畳くらいの1DKに昇格ですよ。

で、それにともなって、
回線を光にしようとか、
無線にしようとか、
ついでにスカパーも申し込んじゃおうかとか、
Macも新しいのを買おうとか
コピー&FAXも新しいのをリースし直すかとか、
家族で使うパソコンも買っちゃおうとか、
それには先立つものが必要だからとか、
あれもこうしてああしたらとか、
こっちもこうしようとか、
とかとかとか……

ああもう! 頭いっぱいいっぱいっすよ!

これはあっちが安くて、
あれは高いけどこれが付いてる……とかね。
もうもう考えはじめるとキリがないです。
今回、この引越し&環境整備をやったら、
なにか大きな出来事がない限り、
向こう十年はこのままでいくことになると思うので、
これまでの引越し・模様替えのように
いい加減にはしたくないんですよ。

6月中にぼちぼち物を運び込んで、片付け、
7月からは新環境でお仕事の予定です。

でもな。
金はないので、部屋の改装まではできないから、
和室はそのまま。事務所なのに……
まあ、昭和レトロってことで。
「稀人舎」は、ちゃぶ台に座布団で打ち合わせですよ。
おいしいお茶も煎れますので、
誰か、おいしい話を持って
打ち合わせにきてくれないものでしょうか。

これは、私の本業であるデザイン業での話で、
「稀人舎」とは直接関係のないことなんですけどね、
なんとも、こう~、困ってて、どっかに吐き出したい気持ちなんで、
ちょっとここに書いておきますよ。


一言で言うと、

仕事をした分のお金を払ってもらえない、のですよ。

えーん。

もう十年以上も仕事でお付き合いのあった会社なんですけどね。
数年前からどーも金払いがスムーズじゃないなあ、
とは思っていたんです、薄々。
でもまあ、遅れ遅れでもそれまでは
どうにか請求分は払ってくれてたし、
十年以上のお付き合いの信頼関係もあったので、
ひやひやしながらもお仕事は請けてたわけですよ。
それが、去年になって、急激にいろんなことが悪化!
支払いの遅れだけじゃなく、仕事の連絡とか、
そういうこともぐだぐだに……
で、いろいろあった挙句に、
私はついに言ってしまったのですよ。

「あんたんとこはもう信用できないから、もう仕事しなーい」

あ、実際はちゃんとオトナ語ですよ。

そしたらね。
それまでやった仕事の分のお金を支払ってくれなくなりました。
当然連絡もなし。
なんだかなあ……
未払いの額は、いわゆる少額訴訟の範囲内だし、
そのくらいのお金のために労力を使うくらいなら、
別の仕事した方がまし、ってもんなんですが、
なんというか、こう~~
気持ちが収まらないっていうかね。
極端に言えば、
お金は払ってくれなくてもいいから、
ギャフンと言わせてやりたい
っていう、
そんな気持ちで、ここんとこずっとモヤモヤしとるわけですよ。

とりあえず、請求書は毎月送り続けようと思ってます。

でもなあ~
そこの会社とは十年以上も同じ仕事で関わってきたせいで、
いろんなことが信用取引というか、口約束みたいなもんで、
きちんと書面で取り交わしてはいないんですよ……
まさか、こんなことになるとは思ってなかったしさ。
こっちも相手を信用していろんなことを
いい加減にやっていたりして、
仮に少額訴訟とかを起こしたとして、
書類の不備とかから、重箱の隅を突かれたら、
どうにもできなくなったりするんじゃないだろうか……
まあ、その辺は実際にそうなったときに
専門家に任せるしかないんだろうけどね。
そんな、面倒なことになる前に、
お金を払ってくれるか、どうかして解決してほしいものですよ。

とりあえず、近いうちに法律関係の知り合いに相談しにいくか……
持つべきものは友達じゃよ。

先週末の父母上京による「親孝行プレイ」で、
どっと疲れて、その後バタバタと仕事したりしてるうちに
もう木曜日だよっっ!

なんか、月曜日とか火曜日とか抜かしてませんかっっ!?

おっかしーなー……

でも小説ブログは毎日更新してます。まじめに。
実は、書き溜めてた分が底を突いてしまってですね。
今、ほぼ毎日その日の分を書いてはアップしてる状態……

し、しんどい……

「ぼくちゅう」くろわっさんの偉さがわかったよ。
しかも、くろわっさんはその日のコメントによって、
次の日の話の内容を変えたりしてるし……

すげーすぎる。

ま、うちの小説ブログ過疎ブログなので、
コメントもめったに付かないし、
そんな心配はご無用なんですけどねっっ(泣
今連載してる「葦原を流れゆくモノたち」
八章が終わったら、一話終了つうことにして、
今度は「素戔鳴流離譚・其ノ二」を始めようと思ってます。
「素戔鳴流離譚」の方も、途中までしかできてないんですが、
こっちは、まあ、なんとかなるかなーと、
高をくくっております。

一人称って、楽。(ボソリ)

で、まあ小説ブログの方は、アクセスなくともランキング下がっても、
そんなこんなで地道にやっておりますが、
こっちのブログ「本を買ってください」がですね!
こんな更新さぼりまくりというのに、
「ぼくちゅう」効果なのかなんなのか、
このところちょっとアクセスも増え、
なにより参加している各種ランキングが上がってきてます。
……なんで?
なんででもこんなブログを読んでくださっている方がいるというのは
嬉しい限りなので、少しずつでもなんとか更新していこうと思います。

……思います、がっ!

悲しいかな「稀人舎」には今のところ、
なにも進展がないのです。
新しい本を出したいなーと妄想だけは膨らんでいるんですが、
なんせ、先立つものが……
来月あたりに事務所の引越しもすることになりそうで、
それが一段落しないことには、
私の容量の少ない頭では考えがまとまらないんですよ。


ところで、ランキングといえばですね。
ゴールデンウィーク前にうひーっと忙しかった仕事でやった本が
もうすぐ発売なんですが、
そいつが、アマゾンの本ランキングで最高17位を記録しました。
今はもうちょっと下がってるみたいですが、
類似本が10位以内にいたりするんで、
発売になったらまた盛り返すかもしれません。
ネット関係の本だからね。
通常の本よりもアマゾンで注文する人が多いのかもしれない。
……ということは、
これ関連の本だったら、ネット販売のみでもそこそこいけるのかっ!?
でも、今続々と類似本が出てる状態だからなあ。
今からうちが準備したとして、発行できるのは早くても3ヵ月後?
そのころには話題性もなくなってるだろうから、
今出てる本とは切り口を変えないとダメだろうし。
だとすると、もちょっと準備に時間をかけないと……
うーーん、もしかしたら、えーーーと……
今企画妄想中。
まだ内緒、てゆーか実現の可能性5%てとこか…

みうらじゅんの『親孝行プレイ』というのを読んでみました。

親孝行プレイ

文庫平積みになっていて衝動買い。
今週末に実家の父母が上京しますのでね、つい。

親孝行は心が伴わなくともよい。
まずは行動が肝心。
「プレイ」と思って、とにかく演じるべし。

という著者の言葉に、うんうんとうなずきながら読みましたが、
一ヶ所だけ、うちの父親には当てはまらず、
うちの場合はどうしたらいいのか困ってしまったヶ所がありました。
それは
「父親にプレゼントするならヤクザファッションを!」
というところ。
その理由は、とてもよくわかるのですが、

あの~~…

若いころからヤクザみたいなファッションをしていた父親には
いったい何をプレゼントすればいいのでしょうかー(涙)


私の父親とは、私が一人出版社「稀人舎」を始める発端となった
『飲んだくれてふる里』という本を書いた元高校教員なわけですが、
現役教員時代は、オーダーメイドの太縞のスーツ(ズボンの裾はダブル)に
ノーネクタイで赤とか黒とかのシルクのシャツとか着てました……
子供だった私は当時、別にそれがヘンだとも思ってませんでしたが、
今から思えば、

そんな高校教員、いませんっっ!

80歳近くなった今では、
尋常の爺さんファッションに落ち着いてる父親に、
あらためてヴェルサーチのスーツなんか着てもらってもなあ……と。

うーーん。

ブログ小説『ぼくちゅう』が、
フジTVのめざましテレビで紹介されましたー
ワーワーパチパチ

内容も、なかなか凝った映像付きで丁寧に紹介されて、
作者であるママチャリのインタビューも、
結構長い時間かけて放映されてました。
もちろん書籍版『ぼくちゅう』1巻2巻の表紙もばっちり映ってました。
朝の7時ちょい前の「めざましテレビ」ですよっ!?
全国のご家庭のご出勤前のお父さんやお母さんや、
登校前のお兄さんやお姉さんが、
「くそー、今日もねみぃなー。なんか面白いことねえかなー」
なんぞと思いながら、朝ごはんをかっこみながら、
なにを見るということもなく、ただなんとなく、
時計代わりにテレビを見ている、
そんな時間の、そんな番組ですよ。
この、「ただなんとなく」というのがミソだと思うんですよ。
そんなときに見たテレビの情報ってのはですね。
じわーっと脳みその奥深くに染み込んで、
じわじわと後から効いてくるんです。きっと。
今朝、テレビで『ぼくちゅう』書籍の表紙の駐在さんの絵を見た人は、
今日の昼休みに立ち寄った本屋で、
平積みになっている『ぼくちゅう』を見て、
「おっ!?」と思うでしょう。
で、会社に帰ってから、もしくは家に帰ってからネットで検索して、
本家ブログ『ぼくちゅう』にたどりついたり、
そうでなくともその評判を読んだり見たりするでしょう。
で、次に本屋さんに行ったときには、
本を手に取って立ち読みしてみたりもするでしょう。
すぐには買わないかもしれないけど、
そうやって、「ぼくちゅう」という言葉が
たくさんの人の中に浸透していくんですよ。
今後、3巻の出版も決まっているようですし、
携帯ゲーム、映画化のお話も進行中のようです。
これからいろんな場面で
「ぼくちゅう」という言葉が聞かれることでしょう。

テレビというメディアの力は、今とても強くて、
そういう偏ったもののあり方というのはいかがなものか、
といった声もちらほら聞かれることもありますが、
テレビの影響力が絶大なのは、今ホントのことなのですから、
それをうまく利用して、いい方向へ持っていくことを考えるのが
賢いやり方なんではないかと思います。
「いい方向へ」というのが、なかなか難しいことなんでしょうけどね。


で、なんで私がこう「ぼくちゅう」「ぼくちゅう」
うるさいかと言いますと……
去年からの「ぼくちゅう」ブログの読者であり、
大ファンだということももちろんなんですが、
この『ぼくちゅう』が面白い!ということを
以前にこのブログに書いたところ、
なんと、作者のママチャリことくろわっさん
コメントをくださいまして、
(くろわっさんは、「ぼくちゅう」が紹介されているブログやサイトにほんとにこまめに訪問してコメントを残しています)
なおかつ、この失敗続きの版元活動記録を読んでくれてですね。
「応援したい」なんぞと、なんともまあ、
涙モノのありがたいことを言ってくれちゃったんですよ。

こちらのエントリとそのコメント欄参照~

どういうカタチでの「応援」かといいますと、
他のちゃんとした出版社からオファーのあった、
エッセイブログの書籍化を「稀人舎」からどうか、
ということを言ってくださったんです。
あの「ぼくちゅう」の作家のエッセイ集を出版したのが、
無名の個人版元、ということできっと話題になるだろう、と。

なので、「稀人舎」としては、これはもうもう
うるさいほどに「ぼくちゅう」宣伝するしかないじゃないですか。

エッセイ集の出版は、まだまだ具体化していませんので、
ほんとに実現するのか、いつになるのか、
それは全然わかりません。
今は書籍『ぼくちゅう』の売れ行きと話題性、
それに携帯ゲーム、映画化の進行具合を
応援しつつ見守っているところです。
今朝のテレビで紹介されたことで、
なんとなく、次のステップに上がったのかな、
という気がしていますが、今後どうなっていくんでしょうかね。
エッセイ集が「稀人舎」から出る出ないにかかわらず、
以前からの一ファンとしても、
どうにかして、テレビの影響力を「いい方向」に持っていけるように、
私もなにかできることがあったら、やっていきたいと思ってます。

そんなこんなの、さまざまな思惑が入り乱れてますが、
みなさま、
『ぼくちゅう』よろしくですよ。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 1 宣戦布告編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (1) ぼくたちと駐在さんの700日戦争 2 激闘編―田舎町で繰り広げられたしょーもないイタズラ戦争 (2)

小説ブログ再開です。
ふぃーーっ!
まあ、読んでくれてる人は少ないかもしれないけど、
自分のために予告どおりにやらないと気がすまないってことですよ。
いいんです。自己満足ですから。


うーーん、なんか怪談みたいなお話になってきちゃったよ。
まあ、お墓の中の冒険だしな……


連休中は、「一箱古本市」で古本を売ったり、
家族(というより一族郎党)で、ハイキングに行ったり、
その後家族の飲み会で飲み過ぎて二日酔いだったり、
日ごろの運動不足がたたって、
ハイキングの2日後には筋肉痛と背中の寝違えに苦しんだり、
(ええそうですよトシですよわかってますよわかってますってば)
最後の1~2日くらいはとほほな感じではありましたけど、
「休み」ということでいえば、たっぷり休みました。
ええ、ホント。

で、今日からまた活動再開~ですが、
とりあえず、「稀人舎」の動きは特にありません。

思えば、
『飲んだくれてふる里』を販売委託に出して、ほぼ一年。
売れ行きは……
うーーん……まぁぁぁ…こんなもんで…す…か……
って感じです。
(委託している関係上、これ以上は言えませんよ。
このブログが最近おもしろくないとか苦言を呈してくださる方もいらっしゃいますが、
いろんな絡みがある以上、言えることと言えないことがあるんですよっ)

一年経ったので、少し軌道修正というか、
いろいろ体制整備というかをしたい部分もあるんですが、
ちょっと今は身動きが取れません。
あ、いや、身動きなんか勝手にやればいいんでしょうが、
私が勝手になんかやると、たいがい失敗するので、
あちこちに迷惑がかかりそうな気がするってことです……とほほ。
今月にあるという、版元ドットコムの集まりに行って、
できれば、相談に乗ってくださる方を
ゲットしたいものだと思っております。

でもなーなんだかなー
こんな相談事なんか、素人くさいっていうか、
まあ素人なんだからしょうがいっちゃしょうがないんだけど、
それにしても情けなさ過ぎるっていうか、
それくらい自分の判断でどうにかしろよって言われそうな
「アホか」の一言で終わってしまいそうな、
そんな予感……悩み中です。ぐだぐだ。


で、私がこんなしょうむないことでぐるんぐるんしてる間にも、
かの『ぼくちゅう』は着々と足場を固めておりまして、
なんと、明日の「めざましテレビ」で紹介されるそうですー
おおおお…
早起きして見なくちゃ。

ゴールデンウィークの谷間、
残っていた細かい仕事を片付けて、
明日から4連休じゃ~~!!

……休んでも大丈夫だよね?ホントに…
連休にしてちゃってもいいよね?ね?(小心者)


で、小説ブログ「マレビトの引き出し」で連載している
「葦原を流れゆくモノたち」も、ちょいとお休みいたします。

連休明けの7日からは再開する予定なんですけどね。
こんな数人しか固定読者の付いてない(たぶん)小説ブログなんか、
4日間も休んだら世の中に完全に忘れ去れてるだろうなあ……
というのもわかってますが、
まあ、正直に言うと、

書き溜めていた分が底を付いてしまったのですよ。

こっちはここで「第一話・完」にして、
「素戔鳴流離譚・其ノ二」を始めてしまうっていう手もあるんですが、
ちょっとですね。
この「葦原を流れゆくモノたち」「素戔鳴流離譚」は、
同じ世界観の中の物語を違う視点から書いてるんで、
話がリンクしてる関係上、
「葦原を流れゆくモノたち」の方を
少なくとも「第八章・西のホラ」までは進めてから
「素戔鳴流離譚・其ノ二」を始めたいなあなんて、
ややこしいことを考えたりしてるわけです。

連休中に書きます。なんとか。
乞うご期待。
(あまり期待されても困るんだけど、ああそんなに期待する人なんかいないか、じゃあいいか……)


ブログ小説と言えば、今話題はやっぱり「ぼくちゅう」
1巻2巻も売れ行きがいいみたいですよ。
アマゾンでもランキング4000~5000位くらいだし。
うちの近所の2軒の本屋さんで平積みになってました。
著者のくろわっさんもいろいろ動いているみたいで、
だんだんとネット以外でも話題に上ってきそうです。


先日の「一箱古本市」つながりで、
ブログ「退屈男と本と街」さんにリンクを貼っていただきました。
ありがとうございましたー