先週末の夏休み第二弾から帰ってくるなり、
なんだかダラダラと仕事が終わらず、
ちょっとイライラ気味です。
今週金曜日(21日)から、またお休みして、
夏休み第三弾!の予定なんですが、
このダラダラ仕事がちゃんと片付くかどうか、
とてーも心配。
この金・土・日を休むってことは、
もう一ヵ月も前から言ってあるんだけどね……
下請けはつらいよ。


で、「萌え談義」つうよりも、
「ジュリー談義」になりそうですが、
まあ、同じような話題っつうことで、
「萌え談義」カテゴリでジュリー話は続けようかと思います。

まずは、まあ思い付いたことをダラダラと……

あまりに細かすぎて、
我ながら、呆れるような小ネタです。

その1

ジュリーの手は小さい。

ジュリーは、歌う時にいろんなアクションをしますが、
そのときに注目されるのが、手の美しさですね。
ほっそりしていて、白くて、
右手の小指がちょっと曲がってるとこも含めて、

セクシー!! 美しい!!

と、様々な人達が絶賛しているジュリーの手ですが、
きれいなだけじゃなくて、

ジュリーは、男の人にしては手が小さい(んじゃないでしょうか)

小さいよね?
私には小さいように見えるんですが、どうすか?
華奢だからそう見えるのかもしれませんが、
全体的にも小さいと思うんですよ。
PYGベスト盤のジャケットで見ると、
並んでるショーケンと比べて明らかに小さく見える。
ショーケンの手がまたごつくて男っぽい手だしね。
すんごく対照的。

そう、まるで女の子の手みたいなんですよ。

唐突ですが、人物の絵を描くときにね、
特に男の人で、手も一緒に描くときは、
顔と手の大きさのバランスをちゃんと描かないと
ヘンになっちゃうんですよ。
成人男子の場合、手の平を広げて顔に当てると
だいたい顎からおでこまで、
顔がすっぽり覆われるのが普通なんですね。
で、絵のポーズで手は画面の手前にあることが多いので、
顔の大きさよりもちょっと大きく、
そして筋張った感じで描くと、男の人っぽくなるんです。
女の人の場合は、ちょっと小さめに、華奢に、
広げると顔の半分を覆うくらいの大きさ。
子供の場合は、手の平がちょうどほっぺくらいに小さく、
てな具合です。

というわけなので、私はジュリーの手と顔の大きさのバランスが
どーも、女の子っぽく見えてしょうがないんですよ。
しかも、若ジュリーは顔が女の子並みにかわええしさー
(あ、手の大きさは普通だけど、顔の方が大きいんじゃってことは、
 言いっこなしで……しーーっ!)


この発見があってから、
若ジュリーの動画なんかを見てて手が映ると、
「ほーら、やっぱり小さい」
と、ジュリーの手に萌えている私です。

♪なにも知らないおまえの~
 小さな手が萌える~(違……


その2

天草四郎ジュリーの手。

「その1」のネタと連動するんですが、
ジュリーが天草四郎時貞様に扮した
映画「魔界転生」のラストシーン。
千葉真一・柳生十兵衛にスパーンとすっ飛ばされてしまった
自分の首を小脇に抱えて、
「まだ闘いは終わらん
 わしはいつでも戻ってくる!
 うはははははは」(だっけ?)
とかなんとか捨て台詞を言うときなんですけどね、
その、ジュリ四郎様の首を抱えている手が、
明らかにジュリーの手じゃない!
ごついんですよ。ごっつごつ。

これ、もうちょっとジュリーっぽい手の人との
合成をするわけにはいかんかったんでしょうかねえ……
という残念感とともに、
これの合成をするときって、
ジュリーは、誰かわかんないけど、
このごつい手の人の脇の下に
首を挟み込んで、顎に手かけられて

そんでもって
「うはははははは」なんつって演技してんだよなあ、と
あらぬ方向に妄想が。

ジュリーの生首抱えたのは、どんな人だったのかなあ、
ドキドキしなかったかなあ、とかね。すみません。


その3

金キャミのファスナー

「さよならを言う気もない」の
衝撃金色キャミソール衣装ですが、
あれの背中のファスナーは、誰が上げて、
そして、脱ぐときは誰が下げたんでしょうかね……
やっぱ、タケジさんてのが妥当なとこですかそうですか。

え?
自分で前で留めて、背中に回した?
そんなのはナシです! ええナシですよ。
誰かと、
「ちょっとキツい? だいじょうぶ?」
じゅり「あ、いてっ!」
誰か「ごめんごめん、ジッパーで肉噛んじゃった。あはは」
じゅり「気を付けてよ~」

とかなんとかやってたと妄想してる方が楽しいじゃありませんか。


その4

ろくでなしくんとダバダ兄さんの口のあけ方

「おまえがパラダイス」もそうかな。
あのね、特に「お~~」って伸ばす音のときなんですが、
ちょっと唇を尖らせて開く、ような口のあけ方……
わかりますでしょうか。
「憎みきれないろくでなし」の
「♪天使の気分で~いるけれ~ど~お~~~♪」
の「お~~~」のとことか、
「酒場でDABADA」の
「♪ギンギラのおと~こだね~♪」の
「おと~~」の「と~~」のとこですね。こまかくてすいません。
だいたいそんなときはマイクに唇くっついてることが多くてですね、
ちょっと顎を上げて上向きになったりして、
非常~~にエロいんですよ。ごっくん。

70年代前半のフルフルジュリーの頃には
この口の形、ときどき無意識にやってるみたいなんですが、
「ろくでなし」で、エロさの表現として意識してやるように
なったんじゃないでしょうか。
「カサブランカ・ダンディ」では、ほとんどやってないんですよ。
カサブランカくんは、歌ってる間中、
口が笑ってる形になっとるですよ。チャラオだからね。
「LOVE(抱きしめたい)」は、
なんつうか、見下ろし角度? 上から目線?
悲恋ものだし、真面目に歌ってる感じ。
いや、ろくでなしくんが真面目に歌ってないって
ことじゃないんですが、
ジュリーが表現しようとしてた「ろくでなしくん」は
真面目な人じゃないですからね。

で、私はこの「ろくでなし口」と呼んでますが、
この口の形がとても好きなのです。
エロいんだけど、子供が拗ねてるみたいな感じもして、かわいい。
近年は、この口の形をするのはやめてしまったみたいで
非常に残念なのです。


その5

ギターの速水さんとの絡み

ジュリーとギターとの絡みっつったら、
「憎みきれないろくでなし」の間奏での
尭之さんとの絡みが有名ですが、
もうひとりのギターのですね、
速水清司さんなんですが、
この人との絡みって、尭之さんとの絡みどころじゃなく
なんか、密着~って感じで、エロいんですが、
どういうことなんでしょうか??
YouTubeに上がってる「bornloose」のカバーとかね、
金粉衣装とピーズシャツに白パンツの二種類がありますが、
どっちもエロいです。くねくねに絡んでます。
しかもですねー
白パンツの方なんか、歌う前に
「お茶の間のチビッコも一緒に踊りましょう!」
とか言ってんですが、
こんなの、チビッコ観ちゃダメですからーーーー!!
のけぞっとるしーーー
尭之さんと顔くっつけて歌ってるときも
映ってないけど、片手は速水さんの肩にかかってんだよね。
うーーーむ……

でででもね、
井上尭之バンドでのこんな絡みを見て、
「ジュリーと速水さんて……」
とかあらぬ妄想に走っていた私なわけですが、
この速水さん、尭之さんと一緒に
ショーケンのバックバンドもやってまして、
それのステージの動画を観るってーと……
ショーケンや尭之さんとも、
なんともうれしそーーーに絡む絡む……

えーーーと……
は、速水さんて、どうゆう人……?



おととい、月例の仕事が一個片付いて、
昨日からなんとなく、夏休みモードで、
ダラダラしておりますが、
明日・14日から1泊で帰省してまいります。
1泊だからあさってには帰ってきちゃうんだけどね。
実家はネット環境のない、
昭和で時間が止まっている家なので、
約二日間は、私も昭和な時間を過ごしてまいります。

でも、テレビは地デジ対応だ。
東京の我が家は、まだアナログだというのに……
年寄り世帯の方が、
地デジ移行は早いような気がするね。
テレビがないとダメっていう
お年寄りは多いみたいだし。
うちは、地デジ移行に関しては
「どーすっかなあ」と言いつつ、
なんの対策も考えていません。
移行して、今のテレビが見られなくなった時点で
考え始める感じかなあ。
テレビ、あんまり見ないしね。
そんなご家庭、多いんじゃないですかねー

ジュリーも、もうテレビには出ないって
言ってるみたいだしさー
(そんな理由かよそうだよ)

電車、混んでんのかなあ。
指定席は取ってあるけどさ。
人が多いところは苦手なんですよ。
思いっきり夏バテでダルダルだし。
でもまあ、なんとか
がんばって帰省してこようと思います。