【稀人舎通信6号】がアマゾンさんで、
「在庫アリ」になりましたよ。

私が作って、うちのプリンタでプリントした
バーコードで大丈夫なのか? と、
密かに心配していたのも、クリアということで、

本当にめでたい!

これで、今後も少しは気軽にアマゾン販売できそうです。

「在庫アリ」ということは、
ご注文いただいてから、
2~3日でお手元に届くということだと思いますので、
稀人舎HPからのネット通販よりも、
アマゾンの方が手軽だわーという方は、
ぜひこちらからどうぞー。

そうそう、今回見本誌ではなく、
PDFを送ってみた「なか見!検索」も、
すでに表示されています。
最初の30ページほどが立ち読みできます。
結構読みでがある。
拡大してもきれいで、こまかい文字もちゃんと読めます。
お試しを。

ドキドキのダウンロード販売開始です。

【稀人舎通信】のバックナンバーをPDFファイルにしました。
販売ページはこちら

1号から5号までセットで550円(手数料50円含む)。

お得です。

お支払いは、PayPalかクレジットカード決済で。
販売ページの「今すぐ購入」ボタンをポチッとして、
あとは指示に従ってあれこれ入力していただければ、
こちらにメアドと支払い完了のお知らせが届き、
そのメアド宛に、私からダウンロードURLをお送りします。
私のところには、クレカ情報や住所などは開示されません。
ご安心を。
あと、PayPalからはアカウント作るようにと言われるようですけど、
アカウントは作らなくてもいいですからね。

なにぶんにも私自身、PayPalを利用するのは初めてで、
手探り状態でのダウンロード販売開始なので、
なにか不具合もあるかもしれません。
もしなんかあったら、お知らせいただけるとありがたいです。

はあ、ドキドキ。


あとね、先日HPからのネット通販を開始した
【稀人舎通信6号】ですが、
アマゾンさんからもご注文いただけるようになりました!
まだ、カタログ登録されたばかりで、
こちらに商品の納入依頼が来ていないので、
「在庫ナシ」になってますが、注文はできるようです。
アマゾンさんのフローがよくわからないので、
今ご注文されたのが、いつごろお手元に届くことになるのか、
こちらからはよくわからないのですが、
納入前にたくさんご注文いただくと、
納入依頼の冊数が増えるのでね、
もし「欲しい」という方はよろしくですよ。


ぜえぜえ……
これで、とりあえず、今あるミッションは終了か?
アマゾンの「なか見!検索」に登録もしたいんだけど、
それは、今アップロード用のアカウント取得待ちです。

あ、そうだ。
次の夏コミの申し込みもしましたよ。うひひ。

昨年12月5日の文学フリマから、
随分と時間が経ってしまいましたが、
やっと【稀人舎通信SPECIAL6号】の通販サイト作りました。
ふいーー。

6号表紙改

文学フリマには行けなかったけど、
【稀人舎通信6号】が欲しい!という方は、
こちらのページからぜひどーぞ。

前回、5号がまさかの文学フリマ当日での完売!
という事態に狂喜し、調子に乗って、
6号は大幅に部数を増やして印刷しましたのでね、
いっぱい余っております(涙)。

腐女子特集、おもしろいですよ。
詳しい内容はこちらの記事をご覧くださいませ。


ええーと、
これで、まずはひとつミッション終了?
あとは、PDF版バックナンバーのダウンロード販売だ。
1月中には、なんとかしたいです……

松も明けたというのに、いつまでも
おめでとうございます
でもないだろうと、
ブログ更新しようと思ったんですが、
ネタがありません!

年明けから、ガタガタとなんだか本業が忙しくて、
ここんとこ仕事場泊まりが続いております。
布団はあるんだけどね、寒いんだよ、仕事場は。

と、忙しぶりっ子してる合間もtwitterは見てて、
じゅり関連のアホ妄想ツイートなどで遊んでおります。

昨日も、1月9日はさりさんの誕生日ってことで、
「一緒にお誕生会するのかな」
「メールしたかな?」
「『今、みんな集まってるからこいよ!』って?」
「でも、ふたりきりだよきっと」
「直接家の前まで行ってそこからメールとか」
「『窓の外見て』とかね、萌え~」
「白い帽子とマフラーと手袋で雪の中に立つじゅり……」
「それを窓から見つけて慌てて外に出るさり……」
「『あほ!風邪引いたらどないすんねん、こないに冷たくなって』
 『あっためてよ…』なんてねなんてねっ」
「たまらずギュッと……」
などなど、妄想に次ぐ妄想で、
大変楽しいやりとりをし、
挙げ句に、仕事の連絡の待ち時間が暇だった私は、
さりにお誕生プレゼントを届けにきたじゅり
絵なんかを描いてしまうしまつ。

↓これ
はびばーサリー

で、調子に乗って、
さりにすっぽり抱き締められるじゅり
さりじゅり

ああああ、すみませんね。
このイラストをアップした後、
twitterのフォロワーがガッタリと減りました(笑)
まあ、いいですが。


あああ、こんなことより、
【稀人舎通信・6号】の通販の段取りもしなければ。
バックナンバーPDFのダウンロード販売もなんとかしなければ……
1月中にはなんとかしたいと思っております。
(予定は未定)

しかしね、ダウンロード販売のときの支払いを
どうやってもらったらいいか絶賛悩み中で、
そっから先に進まないんですよ。
PayPalと郵便振替のどっちかを選べるようにして、
郵便振替は手数料をお客さんに持ってもらうようにすれば、
振替用紙を送らなくていいから、いいか、
と思っているんだけど、
PayPalのシステムがよくわからんくてね、
……いや、ちゃんとサイトの説明を読めばいいんでしょうがね、
今、寝不足で頭がぼんやりしている状態で読んでも
よくわかんないんですよ。うわーん。

なので、落ち着いたらいろいろやります。
それまでは、twitterでアホツイートや、
萌え絵をアップしたりしていることでしょう。

リムーブはご自由に。



あけましておめでとうございます。

みなさまには、旧年中は大変お世話になりました。

個人出版の活動記録として始めたはずの
このブログも、なんだか最近は
「ジュリー!」やら「ショーケン~」やらの
萌えネタの方が多くなり、
さらに去年は「非実在青少年」なんぞいう問題にまで
手を出して、あれこれと思いのたけを綴ったりと、
なんのブログだかよくわからなくなっておりますが、
まあ、もともとウロウロオロオロと、
わけもわからずいろんなことをやっていくのが
【稀人舎】の活動ということで、
引き続き、生暖かく見守っていただければ、
幸いに存じます。

個人版元として【稀人舎】を
よろよろと立ち上げたのが2005年。
2冊目の本「未入籍別居婚」を発行して、
一時の気の迷いではなく、
とりあえず、3年くらいは続けてみようと思ったのが2006年。
そうこうしているうちに、
【稀人舎通信】という同人誌を作り始め、
協力してくれる同人仲間も集まってくれて、
そんじゃあ、せめて【稀人舎通信】は10号まで続けようかと決意、
同時にまさかの「ジュリー堕ち」をした2009年。
個人出版のあれこれを記録するために始めたこのブログで
「ジュリーをネタに萌え談義」などと、
出版とは全然関係ないことをダラダラ書き始め、
それが高じて、去年2010年には、
なんと、コミケに腐女子枠ジュリーネタで初サークル参加、
さらに、去年は電子書籍元年とかいうことで、
さっそくkindleDTPで漫画を出版したり、
文学フリマで【稀人舎通信】のバックナンバーを
PDFにして売ってみたり……。

あいかわらず、どこへ向かっているのか、
迷走をし続ける【稀人舎】ですが、
やっている私は今、楽しくてしょうがなくなっています。
だって、ここ数年は、
毎年なにかしら新しいことが起こっているのですよ。
ときどき、自分の身に起こっていることに付いていけなくなって、
ぜえぜえ息切れしたり泣き言を言ったりしてますが、
でも、今年は一体なにが起こるのか、
新しい体験にワクワクもしています。

そんなわけで、実現はできないかもしれないけど、
まずは新年の抱負を書いておきましょうかね。

・文学フリマに参加して引き続き【稀人舎通信】を発行する
・コミケに参加して「ジュリー本」を発行する
・【稀人舎通信】のバックナンバーを電子書籍としてネット販売する
・【稀人舎通信】に連載している
 漫画「プラグド」を単行本にして発行する
・電子書籍でなにか新刊本を発行する
「素戔鳴流離譚」の続きを書く

下に行くほど難易度が上がっとります。
上ふたつはまあ通常業務ってことで、やります。
三つ目も、やります。
四つ目以降は……ううーーん、がんばります……
希望を持つのは自由ですからね。
1年後の年末にこれを読み返して、
いくつ実現できたかをチェックするのも
楽しいのではないかと思います。

では、最後に新年のご挨拶代わりに、
年末のコミケで出したジュリー本の表紙にした
ジュリーのイラストを載せときます。

じゅりー

今年もどうぞよろしくお願いいたします。