行って参りましたよ、昨日。

沢田研二LIVE 2011~2012

別名「〈ほぼ〉タイガース復活コンサート」

もうね、ジュリー、ピー、サリー、タローの4人が
ステージに登場しただけで、ウルウル。
んでもって、ベース弾くサリーのかっこ良さに、
私はずーっとニヤニヤが止まらなかったんですが、
ジュリーが「花の首飾り」を歌ったときや、
ジュリーもウルウルしてたみたいな
「LOVE LOVE LOVE」のときは、
涙が止まらなくなるという、
どんな顔してたんだかよくわからない2時間でした。
本当に楽しかったです。

今回は「〈ほぼ〉タイガース」復活ももちろんですが、
40年間、音楽・芸能界から離れてて、
ずーっとジュリーたちとも連絡もしなかったという
ピーが復活ですからね。
「おかえりなさいピー」ライブと言っても過言ではない。

なんせ40年ぶりですからね、
正直、ピーのドラムには全然期待してませんでした。
期待してないどころか、
コンサート中、全曲は叩かないだろうなとも思ってた。
ドラムは血圧が上がって身体への負担がすごいとかも
言ってたし、数年前に病気もしてるし。

ところが!

全曲ずーっとメインで叩きっぱなしでしたよっ!

鉄人バンドのドラムのグレースがそばについて、
ばっちりサポートしつつで、
あとで他の人と話したところでは、
たまにテンポが遅れて
合わなくなってたということでしたが、
私の素人耳には、充分ちゃんとして聞こえました。

主に司会進行役のジュリーも、
もう「ピーが帰ってきた!」ってそのことが嬉しいってことを
前面に押し出してのMCやら、
ステージ上でのアクションでしたしね。

しかしね、残念ながら、ピーはドラムス。
ドラムセットの向こう側に座っているわけですよ。
当然ですが。
そんでもって、私はありがたいことに前の方ではあったんですが、
サリー側のかなり端っこの席。
サリーに隠れてピーの姿が全然見えません!!

でもねでもねでもね!!
そのおかげというかなんというか、
サリーの姿はバッチリだったんですよ。
ベース弾く岸部一徳ですよ。
官房長ですよ。
いや、官房長じゃなかった、サリーだった、あれは。
官房長とか「不毛地帯」の副社長とか、
「医龍」の野口とか、最近は三つ揃えとかのスーツ着て、
重役な役が多いんですが(ま、年齢的にそうなんでしょうが)、
そういうときって、やっぱりおじさんとかおじいさん風な
演技で、そんなに激しく動くことはないじゃないですか。
いつも重役椅子にゆったり座ってて、
表情だけで演技するー、みたいな、
最近の一徳さんてそんなイメージ。
(あ、「大鹿村大歌舞伎」はちょっと違ったけど。
 あれはよかった。)

ところがね、ベース弾く姿はそんなゆったりな
おじいさんじゃありませんでした。あたりまえだけど。
もうもう、かっこよすぎ。
ああ、この人は正しくロックの人なんだなあと、
ジワジワときましたよ。
40数年前にこんなかっこいいベース弾きがいたとは!
40数年前の日本にこんなかっこいいバンドマンがいたとは!
まあ、年齢を重ねて
かっこよくなった部分もあるのかもしれませんが、
でも、ベース弾くのは30年ぶりって言ってましたからね。
当時からそんなに変化はしてないんじゃないかと思うんですよ。

というわけで、
昨日から私はジュリーに加えて、
サリーのファンにもなりましたので、よろしくです。

\サリー!/


ああもうすみませんね。
今はあさって(9月8日)の「〈ほぼ〉虎」コンサートのことで
頭がいっぱいでございます。

ていうか、「あさって」っていうと、
ホント、もうすぐって気になりますね。
「3日前」ってのは、「4日前」とか「5日前」とかと
気分的にあんまり変わらない。
極端な話、「30日前」でも同じな気がするんですよ。
でも!
「あさって」って言ったら、
その次の日になったら「明日」なんですよっ!
んでもって、またその次の日になったら
もうもう「今日」! なんですよおおお~~!!!

ちょっとアホの子になってますが、ユルシテ。


で、たぶんそのコンサート初日にぶつけたんでしょうが、
同じ日に、こんな本が発売です。

GSパニック~グループサウンズ最終楽章~ (シンコー・ミュージックMOOK)

買うか。
買うんだろうな。
ピーとタローの独占インタビューだし、
「ザ・タイガース&GSメモラビリア」だしな。
てかメモラビリアってなに?


なにが「あと3日」って、
ジュリーコンサートの初日までですよ。

9月8日なんて、
チケットを申し込んだときは、
もう永遠に先のことのような気がしてましたけどね、
ちゃんと日にちは経つもんですなあ……。

なにがそんなに楽しみって、
そりゃあ、今回は

ほぼタイガース復活!

だからですよっ!

以前にも書きましたが、
私はザ・タイガースのことはリアルタイムでは
全然知りません。
ジュリーのことも、一番古い記憶は
「危険なふたり」のころくらいでしょうか。
それ以前のジュリーもタイガースも、
シングルになった曲ならば、
歌を聴けば「知ってる知ってる~」と歌うことができるので、
無意識で聴いてはいたんでしょうが、

「タイガース! きゃー!!」
「ジュリー! きゃーきゃー!!」

という感じではなかったんですよ。
ああ、本当にもったいないことをした。

で、今回の
「ほぼタイガース」ライブ。
ファンの間では「ほぼ虎」と呼ばれております。
コンサートの名称こそ、
「沢田研二コンサート」となってますが、
ゲストとして、
瞳みのる(ピー)、森本太郎(タロー)、岸部一徳(サリー)の
三人が全公演に出演。
これにトッポ(加橋かつみ)が加われば、
結成当時のオリジナルメンバー復活、
シローが加われば「完璧タイガース」ということなんですが、
諸般の事情からそれはかなわず、
でもでも、
ピー、タロー、サリー、ジュリーの4人が揃っての
40年ぶりのコンサートツアー。
全員揃わなかったからと、
「ザ・タイガース」という名称は
使わなかったのでしょうが、
もう、これは「ほぼタイガース」でいいじゃん、
と、こういうことでございます。

40年だよ、40年!
いいかげん長いこと生きたなあと思う私ですら、
まだ48年。
しかも、解散から40年なんだよっ!
彼らはそのずーっと前からやってんだよ。
はうあー。
その伝説の復活に間に合ったってことを
素直に喜びたいと思うのですよ。

たーのーしーみー!

しかしですね。
やる曲目も、当然ですが全曲タイガース。
アマチュア時代のファニーズのころの、
洋楽カバーもやるらしく、
そのころのことをまったくさっぱり知らない私は、
タイガースのベスト盤やライブ盤で予習しないと
ついていけないかもしれないんですが、
CD買う金もなく、
さらに、最近は次号の【稀人舎通信】の原稿も書かなくちゃ
ってことで、私は音楽がかかってると、
原稿が書けないタチなもんでね。
手元にあるタイガース曲も聴けていません。
ううう。

もうこうなったら、
ジュリー言うところの、
「新鮮な反応」ってやつでいくしかないかと、
開き直っております。
初日のコンサート会場で、
ひとり頭の上に「??」を飛ばしつつ、
乗りきれないでいる客がいたら、
それは私かもしれません。すみません。
でもでも、すんごい楽しみ。
サリーとピーとジュリーが
一緒のステージに立ってるところが見られる。

これを心の支えにして、
あと3日、生きていこうと思います。

ていうか、その8日のコンサートをはさんでますが、
10日(日)までには、「稀人舎の軌跡・第2回」の
原稿を完成させる予定。
……なーんだ、あと1週間もあるじゃないかーあははははー。
あ、お仕事もぼちぼち入ってるんで、やらなきゃ。
働かないとコンサートにも行けないからね。

がががんばります。


ザ・タイガースのCDって、いっぱいあるんだよー。
全然追いつきません!


ゴールデン☆ベスト ザ・タイガース
ザ・タイガース
ユニバーサル インターナショナル (2003-11-26)
売り上げランキング: 2767


シングル・コレクション
ザ・タイガース
ポリドール (2001-12-19)
売り上げランキング: 3597


レア&モア・コレクションI LIVEヒストリー編
ザ・タイガース
ポリドール (2001-12-19)
売り上げランキング: 6363


ザ・タイガース ベストセレクション
ザ・タイガース
渡辺音楽出版株式会社 (2003-06-01)
売り上げランキング: 18993


ヒューマン・ルネッサンス
ザ・タイガース
ポリドール (1994-06-01)
売り上げランキング: 29984


まだまだあるよん。
ザ・タイガース

予定ぎっしりだった夏が終わり、
あれれれと思っているうちに、

9月になってしまいましたよ。

9月24日は【稀人舎通信8号】の座談会です。
ということは、それが終わったら、
私は速攻でテープ起こしをして、
校正をし、レイアウトして、
みんなの校正を取りまとめたりなんだり……
という、編集作業にとりかからねばならないのですよ。
ということは、
自分の原稿は、24日までに書いてしまわないと
大変なことになるっていうのは、
わかってますわかってますが、
なんだか

やる気が起きません。

別に誰に依頼されているわけでも
期待されているわけでもない、
自分が自分に課している原稿締め切りなんで、
「やる気が起きねえ」とかほざいてるってのも
片腹痛てえ、おまえ何様? っていう感じですが、
もう、今週に入って今日で4日、
ぼーんやりしたまま時間だけが過ぎてゆきます
るるる~
原稿はなぜか最後の章から書き始めた
「稀人舎の軌跡」の、その最後の章ができただけ。
そこにたどり着くまで、

・『稀人舎通信』始動
・コミケという楽しい場所
・電子書籍元年!?

と、少なくとも3つの章を書かないといけません。
ああ……

それに加えて、「恋愛特集」でも、
ラノベをネタにしてコラム的ななにかを
書きたいと思っているので、さらにやばいです。
うう……

しかも、先週あたりから始まると言われていた
本業のデザイン仕事がなかなか始まらず待機状態。
宙ぶらりんな状態もやる気の起きなさの原因です……
っていうのは言い訳だとわかっていますが、
お仕事しないと金はないし、胃が痛い毎日です。


そんなこんなで半泣きの毎日ですが、
ところで、昨日、mixiが
mixiページつうサービスを始めましたね。
mixiはもう2年以上も放置っぱなしですが、
新しもの好きなもんで、どんなもんかと
【稀人舎】のmixiページを作ってみました。
まー、Facebookの真似っこなんだとは思いますが、
なにがやれるのか、なにがしたいのかが
まだよくわからんので、
とりあえず、
トップページの「ホワイトボード」ってページに
アマゾンで販売中の本のリンクを貼って、
「新着」ってとこは、Twitterと連携させて、
ツイートがそのまま流れるようにしてみました。
この「ホワイトボード」ってのもなあ、
もうちょっと体裁よく作れればいいんだが、
作れるんだろうか、よくわからん。
これからいろいろとサービスも充実してくるのかもしれないから、
そしたら、またあれこれいじろうと思いますが、
とりあえずここまでで一旦放置。

ところで、このmixiページって、
今までのクローズドのmixiサイトとは違って、
検索にもヒットしますってのが売りみたいなんだけど、
mixiのアカウントない人でも見られるってことなんだよね?
でも、フォローはアカウントないとダメ?
んでもって、そのアカウントの個別のページは
クローズドと……なんだかその辺がよくわからんのよな。

実はFacebookも、登録だけはずいぶん前にしてて
(新しもの好きだからね)
ずっと放置してたんだけど、
去年くらいに日本語化して、日本でも流行り始めたときに、
ちょっと真面目にやってみようかと
プロフィールとか、アイコンとかを整えたりした。
でも、結局これもなにができるのかがわかんなくて、
絶賛放置中。
一時はTwitterと連携させて、
ツイートをそのまま流してたんだけど、
なんだか不安定だったし、
Twitterでやってるはずなのに、
Facebookにコメントが付いたりして、
あっちもこっちもになって、
わけわからんくなりそうだったんで、
連携もやめてしまった。
mixiページもそんな予感。

今のところ、このブログとTwitterで事足りてるからなあ。
今までブログとかがなかった会社とか団体とかなら
Facebookもmixiページも活用しがいがあるんだろうけど、
ここから改めてそっちに移行するってのも、大変だしね。
まあ、ブログよりもSNSの方が検索にヒットしやすそうだし、
フォローされてメンバーになっててもらえば、
お知らせやらもすぐ伝わるし、
工夫次第でいろいろやれるんだろうけど、
うーーーん、とりあえず、ここのブログとTwitterと
連携させて、ハブ的な使い方をするのが吉かのう?

しかしね、昨日mixiページのサービスが始まったっつって、
私もさっそく作ったんだけど、
今のところフォローしてくれてるのは、自分含めて5人。
だけど、
Twitterでもフォロワーさんがいっぱいいる漫画家さんは、
あっという間に100人以上のメンバーが集まってた。
活用の仕方によるんだろうけど、
そういうSNSをやってるから知名度が上がるんじゃなく、
知名度のある人はSNSも活用できるってことなんだなあと、
ちょっとガックリしてました。
うーーむ。

ま、よろしかったら【稀人舎】のmixiページ
フォローしてみてください。
メンバーが増えたら、なにか活用の方向で考えます。
(他力本願)