上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、文学フリマの参加費を入金してきました。
2ブース分。

5月6日(日)東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)

で開催されます。
ブースの配置は4月に発表だそうです。
前回は、新しい会場に移っての開催だったから、
いろいろ不具合も不満もあったようだけど、
改善できるところは改善されるでしょうし、
会場が移って2回目くらいから
またお客さんも増え始める傾向もあるようなので、
今回に期待。

期待してるからというわけではないけれど、
今回は稀人舎、2ブース分も確保しちゃったよ。
贅沢者だ。

新刊【稀人舎通信9号】発売予定で絶賛準備中です。
何度も告知してますが、
今回は「働くということ」特集。
3月には座談会やります。
久しぶりのゲストありの座談会で楽しみです。
20代女子たちの「働くということ」とは。
座談会以外には、その20代女子たちが選んだ、
「働くということ」をテーマにした作品紹介と、
ゲストのコラムなど。
特集以外では、いつもの
山口恵さんのエッセイ、
月澤さんの小説、
伊豆介八さんの漫画、
それと、
私の「稀人舎の軌跡・連載2回」
……連載2回と言ってますが、
できればこの回で完結させたいと思いつつ、
只今絶賛執筆中です。
あと、2章分。うっうー
もしくじけたら、その2章分、
「コミケ参加」と「電子書籍」の章は、
次号にまわすかもしれません。
(今から弱音を吐いて予防線張ってる時点でダメダメだ)

【稀人舎通信】本誌はそんなとこかなー。

で、今回はブースも広くなったことだし、
ゲストメンバーってことで、
高校2年男子&中学3年女子(5月時点)の兄妹コンビによる
コピー誌も並べます。
いや、まあ、うちの子供らなんですがね……。
ふたりで、同じ世界観で別々のお話を1本ずつ書いて、
1冊にするらしいです。
当日は、本人たちも売り子で来ます。
地味な眼鏡男子&眼鏡女子ですが。
コピー誌なんで、たぶん100~200円くらいだと思います。
もしよろしかったら、お立ち寄りいただき、
立ち読みして声をかけていただけましたら、
未来の芥川賞作家かラノベ作家の卵が
ほんのちょっとあったまるかもしれません。
(親バカすんません)

あと、実は私も1冊創作ものを出したい野望進行中。
うーーん……
できるのか?
ががががんばります。

ま、せっかく売り場が広くなったんだから、
並べる商品は多いほうがいいだろうってのもあるんだけど、
以前から言ってるように
【稀人舎通信】は、一応10号までで、ひと区切り。
その後をどうするかを模索中なわけですよ。
もしかたら、【稀人舎通信】を続けるかもしれないんですけどね。
まだわからないので、いろいろやってみようと、
思ってるところなのです。

というわけで、5月6日は東京流通センターへ。

よろしくお願いします。


【稀人舎通信】バックナンバーは、
アマゾンで絶賛発売中でございます。
よろしう。

   




スポンサーサイト

第14回文学フリマの申し込みが始まりました。
申し込みましたよ。さっそく。
今回は2ブース分で申し込んじゃったよ。
ああああ。
元が取れるんだろうか。
いや、同人活動なんだから、
元は取れなくてもいいんですが、
でも、あんまり赤字だと続かないんでね。
ある程度の売り上げが立つといいなあと、
思うわけです買ってくださいお願いします。

ゴールデンウイーク最終日、5月6日でございます。
場所は前回と同じ、東京流通センター。

新刊【稀人舎通信9号】発売予定です。
特集は「働くということ」
よろよろよろしくお願いします。

なんで今回2ブースも申し込んじゃったかというと、
【稀人舎通信】も号を重ねてバックナンバーも多くなり、
置く場所がなくなってきたのと、
あと、【稀人舎通信】以外の本も
ちょっと置きたいなと思いまして。
コピー誌や手作り本。

コピー誌は、前号の【稀人舎通信】にも
短編小説を書いた中2女子(5月には中3になってるか)と
その兄、高1男子のコラボになる予定。
どんなんなるかわかりませんが、
まあやらせてみようかと思います。
他に、前回も出したけど全然売れなかった、
私の和綴じ本。

私は【稀人舎通信9号】をがんばって作ります。

あと3ヶ月か……。
まだまだとか思ってると、あっという間なんだろうなあ。
ああ、原稿書かなきゃ。


あ、夏コミも申し込みましたよ。
こっちの原稿は文学フリマが終わってから。
おおう、いつものことだけど、
自分で自分の首を締めてるうぐぐぐ。

去年からずーっと
ジュリーサリージュリーサリー♥
で明け暮れて、
武道館ライブが楽しみ過ぎて、
1月24日よりあとの世界があるなんて、
想像ができねえ! とかまで思っていたものでしたが、
24日が過ぎても、武道館コンサートが終わっても、
世界は普通に続いているみたいなので、
私も生きていかなくてはならないようです。

てなわけで、次号【稀人舎通信9号】始動でございます。
次回文学フリマの申し込みは
まだ始まってないんですけどね、
特集の座談会のネタ仕込みと日程は、
もう決めてしまいました。

【9号】の特集は

「働くということ」

相変わらず、座談会のメンバーは女子ばかりなので、
主に「女子が」働くということ、になるかと思います。
今回の座談会には、金井さんの教え子の、
28歳女子が4人ゲストで参加してくださいます。
もともと、彼女たちが「働くということ」にそれぞれ、
悩みや疑問を持っている、ということから、
金井さんがそれを次回の特集にしたらどうかと、
提案してくださった企画なので、
座談会は、若い彼女たちの話を中心に、
40代~50代のいつものメンバーが、
あれこれと突っ込むかたちになるのかなと思いますが、
ま、いつもの【稀人舎通信】の、あの座談会ですので、
どんなんなるかは、蓋を開けてみなければわかりません。
ひさびさのゲストありの座談会で、楽しみです。

座談会以外の特集企画でも、
28歳女子たちには「働くということ」に絡めた、
作品紹介の記事を書いてもらおうと思ってますので、
乞うご期待でございます。
他にも、私がTwitterで捕獲した方に、
原稿を頼んでありますし、
いつものメンバーも、なにか書くかもしれません。

こうやって具体的な内容が決まっていって、
うすぼんやりしていた企画が形になっていく、
この時期がやっぱり一番楽しい。
無限の可能性があるっていうかね。
ほほほ。
そんな感じ。

座談会のネタ本は、

「働きマン」安野モヨコ

「ファースト・プライオリティー」山本 文緒

「ポトスライムの舟」津村 記久子

「私の東京地図」佐多 稲子

の4作品。
これらの他に
「グロテスク」桐野 夏生
も、サブテキスト的に取り上げる予定です。


さて、私は【7号】に「連載第1回」を書いたまま
【8号】では落としてしまった、
「稀人舎の軌跡」の第2回を書かなければ。
座談会まで、あと2ヶ月近くありますからね。
その間に書くですよ!>自分。
この前も書きましたが、
【稀人舎通信】は【10号】で一旦一区切りの予定なので、
できれば、この「稀人舎の軌跡」は、
この【9号】で書ききってしまいたいと思ってますが、
前回は、そもそも私が「稀人舎」を始めたいきさつから、
文学フリマという個人が本を売る場所にたどり着くまでに
やっとこさたどり着いたところ。
その後の【稀人舎通信】の変化・成長ぶりと、
「稀人舎」というか、私の変化、
さらには、萌え(ジュリー!)に目覚めてコミケに参加、
また、電子書籍へのアプローチ、などなど……、
まだまだ書かねばならないことがいっぱいです。
終わるんだろうか。
ま、がんばります。


【稀人舎通信】のバックナンバー5号~8号は、
アマゾンで好評販売中でございます。

   

よろしくお願いいたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。