左側に貼っつけてた
Twitterのウィジェットを新しくしたら、
横幅が合わなくなりましてね。
左カラムの幅を広げついでに、
今まで上に置いてた
【未入籍別居婚】の宣伝を左側に移動させました。
まだ、【稀人舎】のHPでもご注文は受け付けてますが、
いろんな理由から、Amazonで買っていただいたほうが、
私は助かるので、Amazonのリンクのみとしました。
【稀人舎通信】のリンクも貼りました。
あ、Kindleで販売中の【プラグド】も。

どれもこれもよろしくです。

まるでアフィリエイト用のブログみたいに、
記事の両脇に広告がズラズラと並ぶことになりましたが、
そうです。

アフィリエイトなんですよ!

少しでも【稀人舎】の活動の足しにできないかと、
みなさまのクリックを揉み手でお待ちしております。
すいませんね。

タイトル部分の色も変えてみようかと思ったけど、
今日はもう疲れたのでまた今度。

この間やっと見たジュリーのドラマ
「哀しきチェイサー」のことも
いろいろ書きたいのだけど、それこそ超長くなりそうなので、
週末にでもゆっくり書きます。


<1月30日深夜・追記>
タイトル部分の色替えはまた今度、とか言いながら、
夜中にちょっと時間があったんで、
さらにいろいろいじってみました。
ヘッダーに画像を入れて渋い感じに。
かっちょよくなったかしら?



ちょっとお仕事が忙しくなってきちゃったからね、
お正月コンのレポ書いちゃわないと、
またいつになるかわかんないので、
「その2」の続きをサクッと書いときます。
セトリネタバレありますので、
下に送ります。


























……いいですか?
では始めますよ。

っていうかね、
「その2」で書いた「あんじょうやりや」で、
私の正月コンはほぼ大満足でして、
その後も大変よかったんですが、
自分のレポとしては、
もうあれでいいかなーなんて気もしてるんですけどね…。
そうもいかんか。

ヒゲジュリーの「あんじょうやりや」で、
ぽわわ〜〜んとなっていましたら、
ものすごく聞き慣れたイントロが。
んでもって、ジュリーはドラムセットのとこに
置いてあったマイクスタンドを取りにいきました。
うわーうわーうわー
「カサブランカ・ダンディ」だーー!
もうね、私は年末はカサブランカ兄さんのイラストを
チクチク描いたりしてたもんでね、
夜ヒットDVDの「カサブランカ・ダンディ」も
何度も見ましたし、聴いてたんですよ。
なので、カサブランカ兄さんとは、
このところちょっとただならぬ仲っつうか、
そんな感じだったんで(もちろん私の中だけでですが)、
これはとてーも嬉しかったんでした。
しかも、私はコンサートでこの曲を聴いたのは確か初めて。
「♪ボ〜ギ〜ボ〜ギ〜」の振りも一緒にやりました。
楽しかったです。

でな。
このあたりまでは平常心ていうか、
いつものコンサートの進行だと思ってたんですよ。
去年のツアーでも確か3曲目ぐらいに
「コバルトの季節の中で」入れてましたからね。
あ、前半は「お嬢さんお手上げだ」でしたけど。
なんとなく、前半の途中に1曲ぐらいは、
耳馴染みのあるヒット曲というか、
70年代の曲を入れることにしてんだろうなあと。

し・か・し!

「カサブランカ・ダンディ」が終わったら、
またよーく知ってるイントロが!
「サムライ」かよっ!
大サービスだな、オイ。
と思ってたら、それでは終わらなかった。
続いて「勝手にしやがれ」「おまえにチェックイン」
シングルヒット曲、4曲続けて歌われました。
「勝手にしやがれ」はホント盛り上がりますなあ。
壁塗り、やりましたとも。しっかりと!
これは……、やっぱアレですかね。
去年のツアー中、ジュリーも気にしてたみたいな
「ヒット曲を歌わなくてつまんない」
という声に答えたと?
しかし、こんなにあからさまなヒット曲集にしなくとも。
「ヒット曲歌ったで。これで文句ないやろ」
っていうジュリーの心の声が聞こえるようでした。
いやいや、ヒット曲はよーく知ってますし、
やっぱコンサートでは盛り上がりますのでね、
とても嬉しいんですが、こうも続くと息切れするっつうか。
どれもこれも曲調が濃いってこともあるんですが、
こっちも「うわー!」ってんで、
いつもより余計に踊っちゃうのでね、
はっきり言って疲れるんですよ。
贅沢言ってすいません。
お隣の席の方とも顔を見合わせて、
「どうしちゃったんでしょうねえ」とか
言っちゃったよ(笑)。
なので、「おまえにチェックイン」が終わり、
「静かなまぼろし」が始まったときは、
ちょっとホッとしました。
ああ、通常のジュリーのコンサートに戻った、って。

ここまでで9曲。
だいたい前半10曲ぐらいで休憩ってのが、
去年とか一昨年とかの進行だったんでね、
そろそろ前半終了かしら?と
曲数を数えたりしておったわけですよ。
というのも、私は同じ2階席にいらしてるという知り合いと
「休憩時間に席まで行くね〜」と約束をしておってですね、
休憩になったらダッシュでそちらの席まで行こうと
思ってたんですね。
ちょうど列の真ん中へんの席だったんで、
右と左とどっちから出るのがいいかとか、
上と下のどっちの通路を通ったほうが早いかとか、
ジュリーの歌を聴きつつもそんなことを考えたりもしてたんです。
すいません。
で、「静かなまぼろし」の次は「愛は痛い」。
ここでちょっと盛り上げて休憩というパターンだわねと、
勝手に決め付けていたらば!
「愛は痛い」が終わっても、
鉄人バンドのメンバーは楽器を置かない。
下山さんにローディーさんが替えのギターを持ってきてる。
え? まだ?
ええ? まだ続くの?
えええ? まだ歌うの?
………てな調子で20曲。
MC前の「ヤマトより愛をこめて」まで、
ジュリー休まず歌い続けました。
ええーー。
いや、素晴らしかったですよ。
後半にいけばいくほど声が出てくるという、
相変わらずのジュリーの不思議喉でもって、
「桜舞う」「あの日は雨」「無事でありますよう」
のバラード系はなんとなくひとつのストーリーが
見えてくるようでしたし、
そのあとの
「睡蓮」「若者よ」「ROCK'N ROLL MARCH」
「ACB」「愛まで待てない」
はノリノリでずっと走り回ってましたしね。
こっちもゼエゼエ言いながらも、
付いていかせていただきましたとも。
「睡蓮」のあたりで、
もう今日は休憩はなしなんだなと諦めもついたしさ。
「愛まで待てない」では、
途中「きゃ〜〜〜!」も言わしていただきましたよ。

きゃ〜〜〜〜!

んで、最後は「ヤマトより愛をこめて」ですよ!
これは2011年の正月コンでも歌ってなかったっけ?
それもやっぱりトリで。
やっぱりジュリー、この曲好きなんですかね?
しかも途中涙ぐんでるし。
この歌で泣くか!?
この曲に関しては、
私はちょいと複雑な思いがありましてね。
このあたりで長々と書いてますので、
もしよろしかったらお読みくださいませ。
嬉しかったですけどね。
しかも、これもシングル曲。
うわー、今日はほんとにシングル曲の
大盤振る舞いだなーと思いました。

そこまで20曲。
やっと鉄人バンドのみんなが楽器を置いて終了。
客電は落ちたままで、アンコールの手拍子が鳴る中、
ちょっと間を置いてジュリーがまた登場してくれました。
私は、休憩がなかったことで、
もしかしたら、いつも2着作っている衣装を、
今回は1着しか作らなかったんじゃないかとも思ってたんですよ。
タケジ先生のスケジュールとか予算とか、
いろんななにかがあってそんなことになったんかなあと。
しかーし、アンコールで出てきたジュリーは、
しっかりお着替えしてきました。
最初の衣装は黒を基調にした渋い色合いだったのが、
今度は白地に焦げ茶の幾何学模様が入ったジャケットに、
茶色のパンツ。
最初のと対照的で、こっちも素敵でした。
これでアンコールの2曲しか歌わないなんて、
もったいなくないですかね?

で、「その1」に書いたようなMCがあり、
「ROCK 黄 WIND」を歌って、
締めはなにかなーと思ったら、
「TOKIO」でした!
いやもう、会場中盛り上がる盛り上がる。
ほんとに大サービスな今回の正月コンでした。

てなところで、
レポになってんだかどうかわかりませんが、
私の正月コンレポはこれでおしまいです。
私は今回のツアーは
初日の分しかチケットを取ってませんで、
あとは他の行かれる方々のレポを楽しみにしております。
6月からは全国40箇所のツアーだそうだし、
12月は完虎ツアーもあるしね。
できれば、3月の音楽劇も1回ぐらいは観たいので、
ちょっと節約しようかと。

明日は大阪ですよね。
「ROCK 黄 WIND」は盛り上がるんでしょうなあ。
レポ楽しみにしています。


忘れないうちに「その2」を書いときましょうかね。
「その1」では、順番無視して、
印象に残った「ROCK 黄 WIND」とMCのことを
書きましたが、今回はできるだけ順番に。
と言っても、1曲ずつの解説なんかできませんので、
私の印象に残ったところだけですが、
セトリネタバレあります。
ネタバレ嫌な方はご注意を。


























……いいですか?

6日は初日なので、
どんなセトリなのか、
ジュリーはどんな様子なのか、
衣装はどんなか……、
なにもわからず、ドキドキです。
私が正月コンに行き始めたのは2010年から。
今年で3回目ですが、
なんとなく、正月コンはマイナー曲が多いという
印象があるんですよ。
なので、予想を立てられるはずもなく、
予習なんぞできるわけもなく、
しょうがないので無心で出掛けていきました。
渋谷公会堂。
去年のツアーファイナルの11月3日から、
約2ヶ月ぶりのジュリーです。
2ヶ月ぶりといっても、
その間、11月26日には
「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」で声も聞けましたし、
12月14日には某氏の選挙応援演説(!)の様子が
Ustで見られたり、
また、年明け早々には、
吉田拓郎さんとの対談のテレビ収録のことが
ネットニュースにアップされ、その写真も見られたり、
11月〜12月と私自身もなんだか忙しかったこともあり、
そんなに「ジュリー不足!」ということもなく、
わくわくと過ごした2ヶ月間でした。

コンサート以外のニュース画像やなんかで見かけるジュリーは
最近はだいたいヒゲ&サングラスですが、
コンサートではいつもヒゲはないので、
ここんとこ見慣れていたヒゲがなくなったら、どんなんかなー。
モフ度はどんなんかなー。
やっぱお正月のごちそうとお酒で膨らんじゃったかなー。
などと、いろいろ楽しみに(?)していました。

んで、渋谷公会堂。
今回は2階席後方。
オペラグラス装備で臨みましたよ、当然。
18時30分、定刻どおり始まりました。
ジュリーのコンサートって、
始まりが押すことってまずないですよね。
昔のライブハウスなんかだと
30分押しとか普通だったように思いますが、
ホールが大きいから時間の制約とかうるさいんでしょうか。
そもそも「コンサート」というものに行くようになったのも
ジュリーがほぼ始めてなんで、
他のアーティストさんのことはわかりませんが。

客電が落ち、鉄人バンドのみんながスタンバイして、
拍手の中始まりました!
いつもだったら、ジュリーもメンバーとほぼ同時に出てきて
歌い出すんですが、今回は演奏が始まっても、
ジュリーはなかなか出てきません。
しかも、私には聞き覚えのないイントロだったもんで、
最初は
「え? 今回はインストゥルメンタルからですか?」
とか思っちゃいましたよ。
また新パターンできましたか!って。
でも、ちょっとしたら下手側からジュリー走って登場。
曲は「Everyday Joe」だったそうですが、
これは私はまったく全然本当に初めて聴く曲。
来たよ来たよ、またマイナー曲のオンパレードだよー
と、なぜか嬉しくなる私。
……と、その前に、
出てきたジュリーを見て、

え?え?え? ヒゲ!!?

思わずオペラグラスを取り出しました。
ヒゲでした。
ここの画像がかっこよく写ってますね。
銀髪のサンタさん風のヒゲおっさんなんですが、
1曲目からステージ上を右左と動きまわってました。
しかも、「Everyday Joe」って歌詞がエロいんですよ。
「♪愁い滲んだこの背中 女心をイカすのさ」
なんて、後ろを向いてクネクネしながら歌ったり。
ヒゲのくせに(笑)。
また、黒を基調にした衣装が、
ヒゲの渋おっさんジュリーによく似合ってましたね。
去年まではどちらかというと明るめの色で、
レースや花柄だったりで王子様風だったのが、
今回はチンピラ風? いや、マフィア風?
かっこよかったです。

で、2曲目は「ハートの青さなら空にさえ負けない」
おお、これは知ってる。
3曲目「確信」
これ好きー!
と、知ってる曲が続いて嬉しかったですが、
でもまあ、マイナー曲といえばマイナー曲。
やっぱり正月コンはこういうセトリなのねーと、
納得しつつ、踊りつつ、
オペラグラスでヒゲをガン見しておりました。
3曲終わってご挨拶。
「去年の苦労でこんなんなってしまいました」
とか言ってたかな。
去年、なんか苦労したんですか?
まあ、いろいろありましたけどね。
あとで発表することになる完全タイガース復活の
調整とかも大変だったってことも言いたかったのかも。
んで、ライブタイトルのことについてちょこっと話して、
野球のことを話した後、
「そんなことより、みなさんはこう言うでしょう。
 コンサート、あんじょうやりや、と」
なんて言って4曲目「あんじょうやりや」

うきゃ〜〜〜〜!

「あんじょうやりや」大好きでございます。
ヒゲジュリーが歌うとまた違った味わいで腰砕け。
ああんもう〜。
エロいやら、かわいいやら、渋いやら……。
この曲は2010年の正月コンでも歌ってくれて、
その時も「ああん」ってなってたんですが、
その時はひとつ残念なことがありまして、
最後に「な?」「な?」と言うんですけどね、
そこが2010年の時は「え〜〜〜」で終わってたんですよ。
これは出て行こうとしてる女を説得してる
ダメ男の歌なわけですが、
間奏のときは「な? な? え〜〜」でいいと思うんですが、
最後は「な?」って、思いっきり甘えた感じで言って
終わってほしいなあと思うわけですよ。
そしたら、もう絶対出ていけないダメ女が
そこに出現するから(笑)。
最後に「え〜〜〜」って言うってことは、
説得に失敗して、
やっぱり女は出ていっちゃったってことじゃないですか。
そんなのジュリーじゃない!
どんなダメ男でも
「こんなん言われたらかなわんわー」つって
女は出ていけない、そんなストーリー希望なんですよ。
私は。
で、今回の最後は「なぁ?」でした。ほほほほほ。
大満足でございます。
そりゃもう、こんなヒゲのおっさんが、
こんなあの手この手で説得してきたら、
んでもって「なぁ?」とか、かわいく言ってきたら、
出ていったりできませんよ。
また同じ事の繰り返しだってわかってても、
深〜〜く溜息ついて、「うん」って言っちゃいますよ。
んでもって、「ご飯食べた?」とか言って、
ご飯作り始めたりしちゃうんですよ。
ほほほほほほほ。
本当にありがとうございました。



てなところで、一度アップします。
少しは仕事もしないとね。
なるべく早めに続きが書けるいいなあ。

お、めずらしくライブ翌日の更新です。
今年は心を入れ替えて、
ずっとこんなふうにサクサクとものごとを
やっていきたいものです。
(できるのか?)

以下、コンサートのネタバレあります。
お嫌な方はスルー願います。


























……いいですかね?
では。


行ってきました。

沢田研二 2013正月LIVE
『燃えろ東京スワローズ』


なんですかね、このタイトルは。
その理由については、
ご本人が去年からあちこちで語ってましたから、
ファンの方々は承知のことだと思いますが、
要するに去年の優勝チーム・ジャイアンツが強すぎるから、
ジャイアンツ以外のチームをみんなで応援しようよと
そういうことのようです。
なので東京はスワローズ。
大阪はタイガースで名古屋はドラゴンズなんだって。
で、ジュリーは阪神ファンなのでね。
その「漁夫の利」で阪神が優勝できればいいなと、
昨日のMCでも言ってました。
仕事に自分の趣味を持ち込む、
完全に公私混同している、
そんなジュリーが大好きです(笑)。

で、予告どおり歌ってましたよ「ROCK 黄 WIND」。
アンコールの1曲目。MCのあとでしたね。
私は阪神どころか、プロ野球自体をほとんど知らないので、
ジュリーの「ROCK 黄 WIND」は知ってたけど、
阪神の応援歌「六甲颪」はほぼ聴いたことなかったんですが、
この度、試しに公式のやつを聴いてみました。

全然ちがう〜〜!

いや、メロディーや歌詞は同じなんですが、
ジュリーのはアレンジがちゃんとロックになってて、
かっこいいんですよ。
ギターがギュインギュインいってるしね。
ジュリーの声はいいし。
阪神ファンじゃない私でも、
コンサートではちゃんと盛り上がって、
拳振り上げてきました。楽しかったです。
しかし、ジュリーのあのいい声で
「♪は〜んし〜んタイガ〜〜ス フレーフレフレフレ〜〜」
とか歌われるとなんか笑っちゃうんですけど。
あと、ギターの柴山さんは横須賀だから、
ベイスターズファンなんじゃないかとか、
泰輝さんは日ハムじゃ?とか、
下山さんはどうなん?とかとか、
ちょっと余計な心配もしたりしなかったり。
だいたいあのルースターズの下山淳が、
「六甲颪」の伴奏してるって、
ルースターズファンの方はどう思ってるんだろう?とかね。
いろいろと楽しい(?)心配が駆け巡った、
「ROCK 黄 WIND」でございました。


もうすでに各ニュースサイトで記事になってるし、
今朝の新聞にも出てるようなので、
みな様ご存知だと思いますが、
MCでは重大発表が!

オリジナルメンバーでのザ・タイガース復活!

なんですってよ。
「5人の気持ちがひとつになりました〜」と、
ジュリーも嬉しそうでしたね。
去年の「ほぼ虎」の時は、
ジュリーはかたくなに「これはザ・タイガースじゃない」と
言い続けてて、なので正式な発表はなく、
噂ばかりが飛び交った結果、
ジュリーのソロコンサートツアーの蓋を開けてみたら、
サリー・ピー・タローがゲスト参加しての、
「ほぼタイガース」だったという経緯がありましたからね。
ファンとしては、このままなんとなーく、ズルズルと、
正式な発表のないままに、いきなりチケット発売、とかも
あり得るんじゃないかって、ちょっと心配もしてたんですよ。
それが、ジュリーの口からちゃんと
「発表します!」と。
「タイガース復活」という事実もそりゃ嬉しいでしょうが、
昨日の会場に居合わせたファンにとっては、
それをジュリーから直接きちんと聞けたっていう、
そのことがとっても嬉しかったんですよ。
その瞬間会場から上がった歓声は、
そういう意味もあったと思うんですよね。
ジュリーも、
「私は大人ですから、正式に決まったことは、
 こうしてきちんと発表するんです!」
って得意げだったしね。
そんでもって、
「歌詞覚えるのも大変なのに、
 スケジュールまで覚えてられるか!」
とか、なぜかそれも得意げにメモを持ってきて、
今年のスケジュールを読み上げるジュリー。
なぜそこで得意げ?
ま、かわいかったですが。
しかも、タイガース公演のスケジュールを読み上げたあとには、
「こんなに(公演を)できるのも、
 見に来てくれるみなさまがいるからです」
なんて、いつものジュリーらしからぬ、謙虚なお言葉も。
いつもは
「こうしてやってられるのは、
 ひとえに……私の努力のたまもの(ニヤーリ」
とかイケズなことを言うのに。
お隣の方と思わず顔を見合わせて、
「こんなこと言うなんて珍しいですね〜」
「どうしちゃったんでしょうねえ」
とか言っちゃったよ(笑)。
んでもって、
「ザ・タイガースもこうして頑張りますから、
 阪神タイガースも頑張ってもらわないと」
ってなことを言って、アンコールの「ROCK 黄 WIND」でした。

今回のMCは、この重大発表をしなきゃならないってんで、
たぶん、しゃべる内容をちゃんと考えてたのか
いつものグダグダしゃべりじゃなくて、
ちゃんとまとまった内容でした。
予定よりも短かったのか、
しゃべり終わって鉄人バンドのメンバー紹介をしようと、
ジュリーが後ろを振り向くと、
まだメンバーが出てきてなくて、
下山さんがちょっと慌ててたり、
ジュリーも「さあさあ」みたいな仕草をしてて、
おかしかったです。

内容といえば、MCの最初で
ライブタイトルに絡めた野球の話をした時に、
「阪神の監督は和田。それに「さ」を付けたら沢田」
「和田は香川出身やから、「さぬき」なんや」
という、まるで落語のような落とし話も。
いつもだったらもっとしょーもないダジャレしか言わないのに。
(あ、すみませんすみません)
なので、聞いてるみんなは
「「さ」を付けたら沢田」のとこで、
すでに「わ~っ パチパチパチ」とウケたんですよ。
いつものジュリーのダジャレレベルを知ってるからね(笑)。
そしたらジュリーは不満そうに、
「まだ、こっからや(ちゃんと続き聞け)」つって、
「さぬき」ネタをドヤ顔で披露したのでした。
誰かに教えてもらったりしたんでしょうか。
それとも、お正月の間にずっと考えてたんでしょうか。
他にもひねったネタがあるのかどうか、
このあとの大阪や名古屋の公演のレポを待ちたいと思います。


と、まずは印象に残ったところを先にレポして、
一旦アップします。
他はまたあとで「その2」で。
おお、まるでコンレポのようだ(笑)。
あまり期待しないでお待ちください。


前のエントリに書いたように、
今年は正月の2日からぬるっと仕事をしている私ですが、
明日(6日)は、ジュリーのコンサートなんですよ!

ジュリーのコンサートなんですよっっ!

チケットの申し込みをした10月には、
お正月なんてほんとに来るのか?
ってなぐらい遠い未来のことのようでしたが、
もう、明日です。はー。
楽しみすぎてお腹痛くなってきた。
いつものことですが。

こんな、年明け早々にジュリーを見て、
ジュリーの歌を聴けるなんて、
私もがんばってお仕事してお金を稼いで、
今年のツアーもなるべくたくさん行こう
って思えるじゃないですか。
うまいなあ、ジュリーってば。(そうなのか?

今年の私のジュリー活動で確定してるのは、
今のところ、この正月コンのみ。
3月からの音楽劇もまだチケット取ってないんですよ。
ちょっと、その時の経済状態と忙しさによって、
どうするか考えようかと。
とか言ってると、チケット完売とかなっちゃうから、
うかうかできないのがジュリーなんだけど、
ま、私はどっちかっていったら、
お芝居よりも歌が聴ければ、そっちのほうがいいので、
ツアーのチケットのほうを確実に確保するためにも、
ちょいとお財布のヒモを締めとこうかと。
とか言いながら直前になって「やっぱ行く!」と、
慌ててチケット買ったのが去年なんですけどね。
今年もそんなんなるかもしれません。
3ヶ月先のことなんてわかりませんとも。

去年はこのブログの更新もあまりできず、
更新しても【稀人舎通信】の宣伝だったりで、
あまり「萌え談義」カテゴリでは、
記事をアップできなかったんですが、
いろいろと書きたいネタはあるんですよ。
今年はこっちの更新をがんばろうかなと、
ま、予定は未定ですが。
あ、「萌え談義」は最初から順番に
読んでいただいたほうがいいかもしれません。
最初のほうの記事では、
YouTubeのリンクが切れてたりしますが、
私のジュリー堕ちの経緯と、「萌え」考察など、
連載形式で延々50エントリがアップされております。
2009年の正月に突然ジュリーに堕ちて、
それから約半年間、なんかに取り憑かれたように、
ジュリーのことを考え続け、
あちこちネットをさまよって情報を集め、
記事をアップしていた毎日。
懐かしいような、まだまだ書き足りないような。
でも、もうあれから4年も経ったんだなあと、
遠い目になっちゃうような、そんな記事たちです(笑)。

そうそう。
去年は、新規のジュリーファンの方とも
何人かお知り合いになれました。
そのうちのひとり、Kinpiraさまが
ブログ「きんぴらにっき」で、
このブログをご紹介くださり、
リンクも貼ってくださったので、
そちらからご訪問くださったジュリーファンの方も
いらっしゃるかと思います。
こんな妙なジュリーの妄想話を読ませてしまって、
申し訳ないやらなんやら……すみません。
いやしかし、私が腐女子開眼したのは
ジュリーに堕ちたことによってといっても
過言ではないのでお許しくださいませ。

こんな道に迷い込ませてしまったKinpiraさまは、
去年の2月からのジュリーファン。
メールでのやりとりからお付き合いが始まったのですが、
あれよあれよという間に、
ものすごい勢いでジュリーにハマっていく様子が、
かつての自分と重なったり、
追い抜かれていくようでもあったり……。
ブログの「ジュリー堕ち」の経緯は、
読んでいて本当におもしろいです。

去年は、このKinpiraさま以外にも、
「今年になってジュリーに堕ちた」という方、
数名とツイッターでやりとりしたり、
実際にお会いしたりしました。
増えてるんでしょうか? ジュリーファン。
しかもみんな、今ジュリーのコンサートにも行って、
今ジュリーのことも好きになってる。
っていうか、ジュリーが今でもこうやって、
ちゃんと活動してくれてるからこそ、
新しくファンになる人もいるんですよね。
私も、昔からのファンの方々に比べたら、
本当にまだまだヒヨッコの新規ファンで、
しかも、「萌え〜!」などと、
ときどき妙な雄叫びを上げたりする、
不届き者でもありますが、
「最近ファンになりました!」という方とお話してると、
なんだか今までは末っ子だった自分に後輩ができたような、
ちょっと先輩になったような気分で楽しいですよ。
でも、芸歴45年のジュリーには、
まだまだ知らないことがいっぱいで、
先輩ぶってあれこれ教えてるつもりが、
逆に教えられたりってこともよくあります。
そんな頼りない私ですが、
一緒にジュリーを楽しんでいきたいと思いますです。

てなわけで、
今年もまだまだジュリーを見守り追い掛け、
そして、ジュリーをネタにいろんなことを
考えたり書いたりしようかと。

そんなこんなで、
ジュリーファンのみなさま、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

正月早々しょぼい話で恐縮ですが、
ここ数年、本業のデザイン仕事の受注が落ち込んでいて、
我が家は経済的にしゃれにならん状態が続いてましてね、
いろいろと問題も紛糾しておるわけですが、
去年暮れぐらいから、なんとなーく持ち直してきたかな…
ってな動きがなきにしもあらず。
これが一時的なものじゃないことを願います。
ってなわけで、今年はこの貧乏からの脱却を目指して、

仕事するぞー!

という意気込みをまず新年の抱負として
ここに掲げさせていただきます。

【稀人舎】の本の売り上げで
食べていけるようになるのが夢ですが、
夢は夢として、
やっぱり確実にお金になるのは、
30年近くやっている本業のデザイン仕事。
それに、なんといっても
私はデザインの仕事が好きなんですよ。
雑誌や書籍のデザイン作業やってると、
もう、ずーっとこれやっていたい!
と思うぐらいに好きです。
そんな好きなことが一番お金になるなんて、
幸せなことだなあと思います。
なので、今年はお仕事がんばります。
お仕事関係者各位、どうぞよろしくお願いします。
新規のお仕事もビビらずに受けようと思います。
(ビビってたのかよ…)

元日にやったことは一年中やることになるから、
元日はなにかをやってはいけないと、
子供の頃に言われたことがあるのですが、
(掃除をしたら一年中掃除、洗濯したら一年中洗濯、とか)
だったら、元日に仕事してたら、
一年中途切れずに仕事することになって、儲かるんじゃね?
などと考え、
今年は元日から仕事するぞーと意気込んでおったのですが、
昨日の元日は結局ダラダラと一日過ごしてしまいました。
だめじゃん。
でも、今日から仕事します! 今日から仕事します!
2回言いました。




そんでもって、以下はこっそり告知にて、畳みます。


【続きを読む】



2013年賀状

2013年、あけました〜

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨日、というか、
つい数時間前のエントリでも書いたとおり、
今年はちょっとのんびりと、
本を読んだりテレビや映画を見たり、
そんなインプットのほうに重点を置きつつ、
やれる範囲で創作活動をやっていこうと思ってます。

ここ数年は、
自分でも突っ走ってたなあという感じがしてて、
ちょーっと息切れ気味。ぜえぜえ。
年も年ですし、少しアクセル緩めて、
焦らずにやっていこうかと。
っていうか、やっぱり40代後半は、
なんか焦ってたんだと思うんですよ。
「50歳になったらおしまいだ」みたいな、
なんの根拠もないんですが、そんな気がしていて。
なにが「おしまい」なのかはわかりませんけどね。
早くやれることをやってしまわないとって、
無理して突っ走ってたのかもしれません。
少し疲れもしましたが、
「50まで」って区切りが見えてたから、
がんばっちまいました。
で、去年、50になりまして。
当然のようになにもおしまいになんかならず、
2012年だというのに世界も滅亡せず、
相変わらずの日常が続いて、
年まで明けちまいました。
これではもう、
私が焦ろうがジタバタしようが関係なく、
世界も人生もまだまだ続くと諦めざるを得ません。
なので、今までよりももう少し長いタームで
ものごとを考えるようにして、
突っ走るのではなく、歩く速度で少しずつ、
なにかをやっていけたらいいなと思います。

【稀人舎】の活動を見守ってくださっている方が、
どれぐらいいらっしゃるのかわかりませんが、
そんなわけですので、
長い目で見てやっていただければ嬉しいなと、
そんな言い訳じみた、新年の抱負でございました。

どうぞよろしくお願いします。