上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリガリとお仕事をしてる間に、
まだまだ先だと思ってたジュリーのツアー初日が、
なんと明日に迫りました。
わーい。楽しみ。
楽しみすぎてお腹痛い(いつものこと 笑)。
お仕事もなんだか忙しくて、
明日行けるんだろうかとちょっと心配もしましたが、
もう、私がジュリーファンだということは、
仕事先にもバレてますので、
「28日は初日なので!」
「ああ、なるほど」
ってなやりとりで時間を確保しました。
(お仕事関係者様各位に感謝)
そんな周囲のご協力のおかげで、
お仕事もなんとか一段落でき、
今日は久しぶりにぼやーっとしつつ、
明日のことを考えてニヤニヤしてるってわけです。

去年まではツアーの初日って渋公だったと思うんだけど、
今年は国際フォーラム。
去年の千秋楽も国際フォーラムだったし、
着実にお客さんが増えてるってこと?
それはめでたい。
国際フォーラムは新しくてきれいだし、
駅から近いし、お客さんもいっぱい入るしね。
いいんですけど……、
お客さんがいっぱい入るってことは広いってことでして。

今回の私の席は、後ろから数えたほうが早いってなお席。
ま、行けるだけでもありがたいんですが、
きっとジュリーは豆粒ジュリーだろうなあ……。

てなわけで、
この際、今まで使ってたしょぼいオペラグラスを、
もうちょっといい双眼鏡に買い換えよう!と決意したんですが、
「ジュリー見るための双眼鏡買いに行くんだー」と、
家で話してたら、それを聞いてた息子が、
「双眼鏡ならあるよ。バードウオッチング用の」と。
そういえば、小学生の頃に叔父さんからプレゼントされてたね。
「使ってないから貸してあげるよ」
貸して!
っていうか、ください。よこせ。
「望遠鏡もあるよ。こっちの方がよく見えるよ」
いや、コンサート会場で望遠鏡覗いてたら、
いくらよく見えるっつったって、それはヘンな人でしょう。
双眼鏡をお願いします。

というわけで、今までの3.5倍にしかならないオペラグラスが、
9〜27倍の双眼鏡に進化しました。
わーい。
倍率上がると視野が狭くなるっていうけど、
どうせ、ジュリーが走り回って歌うような曲の時は、
私も踊ったり手拍子したり踊ったりで忙しくて、
双眼鏡見るどころじゃないでしょうし、
かわいくしゃべってたり、バラードを歌ってるジュリーを、
じっくりがっつりガン見してきます。
うっふっふー。

こないだ21日のラジオ「ビバリー昼ズ」に出演した時は、
ヒゲジュリーだったみたいですが、
明日はどうなんでしょうか。
ソロツアーは正月コンと同じようにヒゲのままで、
12月のタイガースの時にはツルッと剃って、
若返るという魂胆なんじゃないかと思ってますが、
どうなんですかねー。

楽しみです。


そういえば、今日(27日)は、
ショーケンのライブ千秋楽@横浜ですね。
大阪、名古屋、東京、福岡と、
どこも好評だったようで、なによりです。
千秋楽にはなにかサプライズとかあるんですかね?
横浜といえばジュリーのおうちがあるんですよ。
近所じゃん……。
いやその、なんでもないですけどね。
ちょっと妄想が暴走しただけです(笑)。

妄想といえば、
ちょっと前にこんなん描いてpixivにアップしてたんですよ。
72年ごろのふたりって感じ。
いやその、私の脳内のふたりですけどね。(【腐】注意)

スポンサーサイト

あいかわらず、うかうかとしてる間に6月も半ば。
ドキドキするジュリーの声のことや、
阿久悠氏作詞の曲を歌うようになってからの
ジュリーの変化とか、
ライブでのジュリーの素晴らしさとか、
4月に「泉谷しげるwithLOSER」ライブ、
こないだはショーケンライブと、
ジュリー以外のライブを久しぶりに観た結果、
それぞれの歌うことの違いとか、
とかとかとか、
もやもやといろーんなことを考えてるんですけどね、
なかなかうまくまとめられないんですよ。

というのも、こないだも書いたように
8月の夏コミ当選しましたのでね、
それに向けての新刊用の原稿が最優先だろうってんで、
ぼちぼち書いてて、今そっちで頭がいっぱいなんででございます。
私の頭はマルチタスクにできてないもんで、
ひとつの文章を終わらせないと別の文章が書けないんですよ。
すいません。

でも、小説ってーのは一度つまずくと、
もうなかなか先に進まなくなるもんで、
今日は時間があったにも関わらず、
ほとんど書けず、現実逃避してすごしちまいました。
ごめんなさいごめんなさい。

でな、その現実逃避のひとつで、
私が今ジュリーに堕ちた、
2008年の東京ドームの「ジュリー祭り」の映像を
見とったわけですよ。(見るなよ)
ほら、今年のツアーまであと2週間だし、
早く今ジュリーに会いたいなーなんてね。(言い訳)

で、1曲目の「そのキスが欲しい」を見て、
今ジュリーに堕ちた時の気持ちを思い出したんで、
そのことはちゃんと書いたことがなかったなと思い、
自分の覚え書きとしてもちょこっと書いて、
ブログ更新にしようかなと。

4年前に始まったこのブログの【萌え談義】カテゴリの
しょっぱなでも書いてるように、
私はジュリーのことは20数年間、
ほぼ忘れて過ごしておりまして、
2008年11月12月の「ジュリー祭り」をやったという
ネットニュースをたまたま見て、
「ジュリーってまだ歌ってたんだ!」と、
そこで、今ジュリーのことを認識したわけです。

本当に申し訳ありません!

その後、NHKで「ジュリー祭り」のライブを
放送するということをNHKの番宣で知ったんですが……
あのね……
あの番宣て、ライブ後半のMCのとこがいきなりアップで映って、
あとは歌ってるとこがバラバラとカットバックするっていう、
そんな感じだったかと思うんですが、
あれ見て、私は正直ドン引きしたんですよ。
「え? これジュリーじゃない」と……。
すみませんすみません。

あとでちゃんと放送を見てジュリーに堕ち、
さらに半年後に全曲収録のDVDを買って、
最初から最後まで通して見ると気にならないんですが、
あのMCは、60曲ぐらい歌った後の、
かなりお疲れのジュリーなんですよね。
しかも、「また夢の世界に連れて行ってもらいました」とか、
感動のMCでもあるんですが、
本人も感激して半泣きで、ウニャって顔になってるし。
あれをね、若美ジュリーしか知らない者が見たら、
やっぱりびっくりすると思うんですよね……。
実際私はびっくりして「これジュリー違う…」と思って、
最初は放送も見ないでいようとさえ思いました。
昔の美しいジュリーのイメージが壊れそうで、
嫌だなあとか思っちゃったんですよ。
本当にすみません。
けど、いろいろ調べてYouTubeとかも見て、
今ジュリーのことが気になって気になって、
こんなに気になるなら、やっぱり放送は見てみようと、
見てやっぱりダメだったらその時はその時だと、
そんな無責任というか軽い気持ちで、
1月9日のNHK BS2のライブを見たわけですよ。

堕ちました。

それも1曲目で。
1曲目の「そのキスが欲しい」の指差しで。
「♪飾りは〜いらない〜い〜 Yeah!」のとこですね。
そこの指差しと流し目でまっさかさまでした。
「♪いらない〜い〜」つって流し目で見た方向に、
「Yeah!」つって指差しといて、
指差した方からはすぐに目を逸らすっていう、
なんというツンデレ、いや、デレツン?
「あ、私?」と思わせて「いや、おまえじゃない」とでも
言ってるような、そんなイケズなアクションで堕ちました。
細かくてすみません。
あとねあとね、
「♪そのキスが欲しい〜〜」のとこ!
ちょっと腰を落として右手を差し伸べるとこ!!
きゃ〜〜〜〜!ですよ。
もうもう、身体全体がかっこいい。
肩でリズム取ってステップ踏む、その動きもなんだこれ!

かっっっこよすぎるるるるる

しかも1曲目だから、まだまだ元気が漲ってるお顔をしてて、
なんかもう「俺かっこいい!」オーラがびしばし出てる
ジュリー様なんですよ。
それに、最初の白大酋長の羽飾りに丈の長いコートっていう衣装も
超絶かっこいいですしね!
ジュリーの動きに連れて羽飾りとコートの裾が揺れて、
うっひゃああああ〜〜ですよっ。
コートいいですよね、コート!
今年のツアーの衣装もぜひコートで!
最初の2曲ぐらいで脱いでいいですから。

とまあ、そんなこんなで目がハートになりつつ、

ああ、60になってもジュリーはジュリーだった。

てなわけで、そこからはもうずっと心の中で土下座しつつ、
テレビの前に釘付けで放送を見続け、
番宣でドン引きしたMCの時には自分が号泣するという有様でした。
いやほんと、あそこではマジ泣きしました。

私はなんせそれまでずっとジュリーのことを忘れてましたんで、
「そのキスが欲しい」は、この時初めて聴いたんですが、
それを歌うジュリーのかっこよさももちろんですが、
その楽曲のかっこよさにもびっくりしました。
私が見てない間、こんなかっこいい曲歌ってたんだと。
つうことは、この他にもジュリーは私の知らないかっこいい曲を
いっぱい歌ってるんじゃなかろうかってんで、
あれこれ聴き始めると出るわ出るわ……
私がまったく知らないでいた90年代2000年代のアルバムったら
かっこいい曲てんこ盛りじゃありませんか!

……てなわけで、その2009年のツアーに初参加し、
それ以来ずっと私は今ジュリーに堕ち続けてるってわけです。
だから「そのキスが欲しい」は私にとって特別な曲で、
コンサートで歌ってもらえると異常にテンション上がります。
去年のツアーでも歌ってましたしね。
「♪そのキスが欲しい〜〜」ってとこでは、
きゃ〜〜〜〜!言ってます。
きゃ〜〜〜〜!

という、私の今ジュリー堕ち物語でした。
この、「そのキス」での今ジュリー堕ちがなかったら、
私の今に続くジュリー活動はなかったわけで、
そういう意味では、
私は今ジュリーからハマったとも言えるかもしれません。
「そのキスが欲しい」は1993年発売。
当時のライブで歌ってる映像も見たことありますが、
それじゃあ、どうもピンと来ない。
白大酋長ジュリーじゃないと、あの声じゃないと、
あの指差しじゃないと、私の「そのキス」じゃない。
ってなぐらい、東京ドームでの「そのキス」ジュリーは、
私の心に刷り込まれておりますのです。

「ジュリー祭り」のDVDレビューはいつかやりたいと思いつつ、
なんせ80曲は多すぎる。
まとめてやろうと思うからなかなかできないんであって、
そんなんしてたらそのうち
「米寿コンサート」とかになっちゃうかもなんで、
こうしてたまに思い出したとこを書く方式でやろうかなーと思います。


「そのキスが欲しい」は、
去年やってたから今年のツアーでは歌わないですかね。
歌ってもらえたら嬉しいですが、
でも、まだまだ私の知らない曲がいっぱいあるジュリーなので、
今まで聴いたことのない曲も歌ってほしいと思います。

ツアー、楽しみですね。



もう10日前のことになってしまいましたが、
6月2日は、ショーケンライブに行ってきました。
品川プリンスステラボール。

ライブは楽しかったですよ。
ショーケンかっこよかったです。
ショーケンの声も出てたし、
一昨年のライブよりも、さらにいい!
っていう感じがしました。

ただ、ショーケンの「sit down」てお言葉で、
ずっと座ったままってのはちとつらかったです。
立って騒げたのはアンコールの2曲のみ。
うーん……
なんで座らせたんだろう?
歌をちゃんと聴かせたかった?
騒ぎが起こるのを防いだ?
後ろの席の人が見えなくならないように?
みんなの年を考えてくれた?(笑)
いろいろ理由は思い付くけど、
ほんとのとこはどうなんですかね?
私はちょっと不完全燃焼ぎみ。
ステージ上のショーケンとバンドメンバーは
ノリノリですっげえ楽しそうだっただけに、
私ももっと一緒に楽しみたかったよー。

でもまあ、アンコールではビヨ~ンと飛び上がり、
踊って一緒に歌って「ショーケン」コールしてきました。
最後の曲「さよなら」での、
「♪また会おう きっとだよ〜」のとこでは、
「きっとだよ〜!」ってレスポンスもしましたしね。


でな、ライブ前のことなんですが、
一緒に行くお友達と代々木で待ち合わせました。
「代々木+ショーケン」と言えば、
そうですよ!
代々木会館 = エンジェルビル ですよ!
「傷だらけの天使」の修ちゃんとアキラちゃんが、
屋上のペントハウスに住んでた、あのビルですよ。

都内の比較的近くに住んでるというのに、
私は行ったことない見たことないんだよね〜
じゃあ、いい機会だから見にいこうか〜
ということで行ってみたんですが、
…………
私ここ知ってたわ。
ていうか、何度も前通ってるよ。
最近はあんまり来なくなっちゃったけど、
前は代々木に知り合いの事務所があったから、
一時期は毎日のように通ってたもん。
だって、こんな駅前っつうか駅の隣っつうか、
すぐなんだもんよ。
ここだったのかよ!
こんな街中歩く時にビルの上なんか見上げないもんね。
上の方がこんなボロボロになってるなんて知らなかったよ。
このビルがあのエンジェルビルだなんて知らなかったよ。

もう取り壊されると噂されて何年も経ってると思いますが、
まだ取り壊されずに立ってます。(2013年6月現在)
ほぼ廃墟ですが。
こんな駅の側の山手線沿いのビルが廃墟。
なんでいつまでも残ってんでしょうか。
震災の時の震度5強にも耐えて……。
修ちゃんが戻ってくるのを待ってるんじゃないでしょうかね。

ていうわけで、感動しつつ写真を何枚か撮ってきたので、
自分のメモ代わりにアップしときます。

【通りを挟んで正面から】
代々木会館

【真下から見上げたとこ】
代々木会館

【入ったとこにある看板】写真の左下手前が入り口
代々木会館

【中の階段】3階の古本屋さんのところまで登れる
代々木会館

代々木会館

【線路側からビルの側面】
代々木会館

【横の駐車場から】
代々木会館

屋上のペントハウスは地上からは見えません。
代々木駅のホームからは見えるそうですが、
今回は見そこねました。写真撮り忘れました。
ていうか、きっとそれとわからずに目に入ってるような気がする。
ほんと、線路のすぐそばです。


修ちゃん、戻ってきてー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。