上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1週間切りました。
11月4日の文学フリマ

相変わらずうかうかしておりますが、
当日販売予定の川口晴美コピー詩集
「Horror Nights / Horror Lights」
じりじりと制作進行しております。
とりあえず、今ある紙にプリントできる分は
プリント終了し、表紙は断裁済み。
紙はこの間、アートブックフェアで買ってきた、
コミック用更紙というもの。
買ってきた分だと本当に限定30部。
関係者に配る分とかも合わせて、
もうちょっと作りたいんだけど、
画材屋さん行っても紙屋さん行っても、
同じ紙が見つからなーい。えーん。
ま、今ある分でも色は3色あるんで、
ご購入いただく方には、
その中から早い者勝ちで、
お好きな色のものを
買っていただくようになりますから、
1種類、色だけじゃなく、
全然違う紙のがあってもいいのかなーとか。
明日、また紙を探しに街に行ってきます。

文フリのWebカタログにも登録してみました。

【稀人舎】のページ

「Horror Nights/Horror Lights」のページ
↑こちらでは表紙画像も見られます。

んで、目次はこんな↓

川口晴美コピー詩集目次
※クリックで拡大表示します。

今週中に、みんなで折って重ねて作ります。


スポンサーサイト

ブログ更新遅過ぎでコンレポにもなってませんが、
10月19日の大宮ジュリーライブ行ってきました。
私にとっては、これがツアーファイナル。
11月4日が東京での最後の渋公ですが、
その日は文学フリマですから、
今度こそ「チケットあるよ〜」と言っていただいても、
行けません行きません。

一番最後にご褒美というかなんというか、
9列という良席いただきまして、
双眼鏡なしでのジュリーのお顔、
ぽわ〜〜んと堪能してまいりました。

ぽわ〜〜〜〜ん

1週間以上経ってもまだぽわ〜〜んとか、もうね(笑)。
歌い終わった時のニコーとか、
歌詞間違えの時の照れ笑いとかとかとか。
あとね、会場のPAの関係か私の席からの聴こえ方のせいか、
なんだか、大宮ではブレスの音がよーく聴こえまして、
ああそんな耳元で囁かないで(照
ジュリーは目にかかるぐらいに髪が伸びていい感じ。
サイドは耳が半分隠れるぐらいの長さで、
見る角度によっては、
初期タイガースの頃のマッシュルームカットっぽかったりして、
18歳の頃のジュリーを思い出したりなんだり。(言い過ぎか
あとね、ジュリーがふかぶか〜とお辞儀をすると、
つむじが見えるわけですが、綺麗なつむじだなあと、
そんなところに感心したりしておりました。
どっかのMCで、ご自分の髪の毛のことを
「困ったも、しまったもない」と、かわいく言ってたそうですが、
本当に地肌が全然見えない銀髪のつむじを中心に、
天使の輪っかが光ってるんですよ。
ああ、美しい。(つむじが

しかしね、ライブを見るといっつも思うんですが、
最初にステージに登場した時の、あの髪型って……、
どうなんでしょうか……??
ジュリーが自分でセットしてるんだと思うんですが、
セットというよりブラシかクシで梳かしたぐらい?
ふつーに重力に従って頭蓋骨にかぶさってる感じというか、
前髪もヘタするとパカリンと真ん中分けになっとる。
いや…ブロウしろとかカーラー巻いとけなんてことは
もう言いませんが、もうちょっとそのー、
ヘアクリームかワックスでちょこっとカッコつけるぐらいは、
できないもんでしょうか?
だってねだってね、
歌ってて汗かいて、
そんでもって手で掻き上げたりするってーと、
これが俄然かっこよくなるんですよっっ!
横分けでちょっと持ち上がった位置から
ぱらりと前髪が額にかかって、
横は後ろに流れててですねー、
「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」の頃の髪型ですわね。
あんな感じになってくるわけですよ。
汗でいい具合に艶も出てくるし。
あの、3曲目ぐらいになると出現するヘアスタイルを、
ワックスとか使って、最初っからセットしとくってのは
できないもんなのかなーといっつも思うんですけどね……。

想像するに、昔の「じゅりぃぃ〜〜〜」って頃のあの髪型って、
パーマかけてその都度ヘアメイクさんとかがブロウして、
ヘアスプレーで形をキープしたものだったと思うんですが、
あれって、ジュリー自身は嫌だったんじゃないですかね?
だって、テレビでしゃべってる昔の動画とかを見ると、
額や頬にかかる髪の毛をいっつも気にしてて、
でも、触る時は形を崩さないように、
ふわっとそうっと触ってるように見えるんですよ。
ほんとはぐしゃぐしゃーっとやって、
ガーッと掻き上げてしまいたいけど、
セットしてくれたヘアメイクさんから、
「髪の毛ぐしゃぐしゃにしないでくださいね」とか
「なるべく触らないようにしてね」とか言われてて、
そのためにかえって気になる〜〜というか、
そんなふうに見える。
つうか、私がそうで。
顔にかかる髪の毛とかもんのすごく気になって、
見た目いい具合にセットしても、
すぐ掻き上げちゃうんですよ。
なもんで、若ジュリーが髪の毛気にしてるの見ると、
「うわー、わかるわかる」
「その毛先が頬にかかってるのとか気になるよね〜」
と同情しちゃうんですよ。
ジュリーやってるのも大変だよね〜と(笑)。
だから、今のジュリーは、
そんな若い頃の、他人に飾り立てられて、
自分で自分の髪の毛さえも好きにできなかったような
重圧からも解放されて、
普段だってステージでだって、
自分が心地いいようにするんだもんねーということでの、
あの髪型なのかとは思うんですけどね。
まー、それはそれで
「よかったね、ジュリー(はぁと」
てなもんなんだけどさ。
でもさ〜なんというかさ〜……。
最初に出てきて、パッとスポットライトが当たる時ぐらい、
かっっっこいいい〜〜
ってなってて欲しいじゃありませんか。
ファンとしては。
そんなわけで、私はいつもライブのしょっぱなでは、
ドキドキワクワクええ〜そんな〜でもまあかわいいからいいか…
ほらだんだんかっこよくなってきたし〜

とかなんとか揺れ動く乙女心になっちゃってるんでございます。
ファンにあるまじき文句タラタラで、本当に申し訳ない。
でも、ファンだからこそ、
もしかしたらこのライブに来てるそんなにファンじゃない、
久しぶりにジュリーを見るわってな人にも、
「うわーやっぱかっこいいなー」って、
最初から思ってほしいじゃないですか。
んでもって、
「ね、ね、今のジュリーも最初から最後までかっこいいでしょ!」
って自慢したいじゃないですか。
……もはや親心というか、そんな気持ちですのよ。

でもまあ、あれか。
3曲目ぐらいからはかっこよくなるんだし、
ライブに来て、最初に出てきた時の髪型が微妙だったからつって、
即出ていく人なんて、そうそういないと思うから、
まあ、これでもいいのか?
歌ってるうちにだんだんかっこよくなって、
最後はぽわわ〜んてなって会場を後にするという、
ジュリーマジックにみんなかかればいいさ。
と、最後は
「どーせかっこよくなるんだからどーでもいいやー」
って結論で締めたいと思います(笑)。

髪型といえば、
下山さんは長いソバージュヘアだったのを、
ばっさり切っておかっぱ男子に。
おお、流行りもの。(そうか?
26日の新潟ライブを見た方のレポによれば、
ちょっとウエーブがかかったボブになってたということでしたが、
大宮では、サラッサラのおかっぱヘアに見えました。
小さい頭がますます小さく見えて、
それに、私の席がカズさん側で下山さんからはちと遠くて、
お顔までがはっきり見えなかったせいもあり(?)、
そのシルエットがなんか少年っぽくてですね、
なんともかわいかったんですよ。
ヘドバンするとおかっぱがサラッサラッてなって、
ライトを反射してキラキラしてさー。

カズさんは定番のふわふわヘアでしたが、
ライブの前後ともご一緒したじゅり友さんと、
「あの髪型は自分でセットしてるのか?」
「ステージ外でもああなのか? 普段はどうなのか?」
と話題になったんですが、どうなんですかね?
あ、カズさんといえば、
新曲の『Deep Love』と『Pray』のギター・ソロ、
ちょっと変わりましたか?
なんだか前に聴いたのよりも音が細かくというか、
フレーズが変わってるように聞こえたんですが、
どうなんでしょうか?
ま、私の素人耳のことですし、
席によってのスピーカーからの
聴こえ方の違いもあるんでしょうが、
なんだか、今回はすごーく繊細な音に聴こえました。
前は『Deep Love』のぬおぬお弾く様子が印象的でしたが、
今回は『Pray』での切なげなお顔にじーんと来ました。
カズさん席でしたから、
お顔がよく見えたってこともあったんですけどね。

と、まあ、
「お前は、ジュリーライブで髪型しか見てないんか?」
と言われてもしょうがない話でございますが、
そんな大宮ライブでございました。
大変に申し訳ない。

ソロツアーは、
来週の渋公と大阪フェスティバルホールを残すのみ。
それが終わるといよいよ次はザ・タイガース復活公演ですわね。
それに伴って、DVDやらコンサートパンフやらも発売ですし。
すでに予約してあるものは、11月中に続々と届くと思われるので、
お楽しみはまだまだこれからだーー!


稀人書坊20131008

ここんとこ、店舗の賃貸料だけ払って、
ずーっとログインもせずにほったらかしていた、
セカンドライフのお店に、
新刊本を並べてみました。
Kindleで出している、漫画「プラグド」の、
9話から最終の11話までの3巻です。

ずーーーっと出さなきゃ出さなきゃと、
気になってたんだよね。
でも、なかなかインする時間が取れず、
そうこうしてるうちに、時間はあっても、
インワールドでものをいじったりするのが
ちょっと億劫になったりもして、
ぐずぐずしておったわけです。
本当に申し訳ない。

【稀人舎通信9号】の「稀人舎の軌跡」にも書いたように、
私は、セカンドライフ内で読めるインワールドブックのことも、
電子書籍のひとつと考えておりまして、
セカンドライフがもっと一般にも普及するんじゃないかと、
淡い期待をしておった頃には、
インワールドブックの可能性を〜!
とか叫んでおったものですが、
すっかり人が減ってしまったセカンドライフ……。
一方、KindleやKoboなどの専用端末で読む電子書籍は、
どうにかこうにかまわり出した感じがします。
それはそれでよかったと思ってるし、
Kindleのお手軽さは捨てがたいので、
私も出せるコンテンツがあれば、
Kindleで電子書籍を出していこうと思ってます。
ただ、遊び半分とはいえ、
自分が「おもしろそう!」と思って始めた、
セカンドライフでの本作り。
なんとなく、「売れないから」ってだけでやめてしまうのは、
もったいないというか、なんというか……。
なので、だらだらとですが、
もうしばらくは続けてみようかなと思っとります。

あ、セカンドライフってのは、これね。
ネット上の3Dバーチャル空間です。
アメリカの会社がやってて、
2007年ごろから日本でも話題になりました。
新聞や雑誌とかマスコミにも取り上げられたんですけど、
今じゃすっかり聞かなくなりましたなあ。
世間じゃもう終わったと思われているかもしれませんが、
まだまだちゃんと存在してます。(ネット上に)
ログインすれば、そこには自分のお店が。
そこで店番したり、他の誰かとおしゃべりしたり、
あれこれ物を作ったり……。
1日中そのバーチャルな世界で
すごしていたこともありました。
結構楽しかったんですよ。

しかし、私の場合は、
2009年の初めにジュリーにハマってからは、
ジュリーの動画を見たり曲を聴いたり、
ブロガーさんが上げてくださる情報のあれこれを
追っかけるのに忙しくて、
ログインの頻度が落ちていったのです。
で、なぜかそれと呼応するように、
世間でのセカンドライフの人気も落ちていったと……。
スマホやタブレットの普及が大きいんだと思いますけどね。
セカンドライフは3Dで物を表示してますから、
結構高性能のPCと高速な回線がないと、
操作するのがつらいんですよ。
スマホでセカンドライフにログインできるアプリもありますが、
あんまり実用的ではないようです。
そんなこんなのいろーんな要素が絡み合っての
人離れなんでしょうけど、
セカンドライフ内での私のお店【稀人書坊】は、
もうしばらくは、あの、クーロンシムに、
ひっそりとあり続けると思います。

あ、お店の場所はここです。↓
http://maps.secondlife.com/secondlife/kowloon/123/62/24
アカウントある方は、
よろしかったら遊びにきてくださいませ。
無料配布のアイテムもいくつか置いてあります。


しっかし、久しぶりのセカンドライフでの物作り。
(作るってほどじゃないけど)
基本的なことも忘れてて、
うーーんとえーーとーーってなりながら、
少しずつ思い出しながらやりました。
それはそれで新鮮な感じでよかったですけどね。
(負け惜しみ)

リハビリ兼ねて、お店の模様替えでもしようかなあとか
思ったり。
セカンドライフの中であれこれ物を作るのって、
工作ココロが刺激されるようで、いいんだよね。
ただ、一度ログインすると、
なかなかリアルワールドに戻ってこれなくなるのがなあ。
それで、今までまとまった時間が取れないーってんで、
長いこと放置してたんですよ。
細切れにインワールドで作業するように、
自分をコントロールできればいいんだけどさ。
それができりゃあねえ。



第十七回文学フリマ
サークルの配置が決まりました。
【稀人舎】は、2階の評論島「エ-36」

入り口と反対側の奥の角っこです。
今回1ブースしか取ってなかったのに、
井草高校の文芸部の委託販売をすることになって、
その部員である息子やらその仲間の高校生やらも、
店番で来るってことなんで、角っこでよかったです。
ありがとうございます。
しかし、高校生のスペースは3分の1!
店番は基本ひとりでお願いしますと言ってあります。
何人かが交代で座ってることと思います。
こちとら既刊本が6冊に新刊コピー誌もありますからね。
結構ギチギチなんですよ。
売り場のレイアウトもちょっと考えないといかんなあ。

新刊コピー誌の川口晴美詩集は、現在鋭意制作中です。
手作りっぽいけど美しい、というような本にしたいと思います。
よろしくです。


手元にあるコンテンツの整理がてら、
電子書籍で出せるものを出してみました。

 

今回は、アマゾン公式から出ている、
Kindle Comic Creatorっていうツールで作ってみたんですよ。
前にKindle本で出した「施餓鬼」と「プラグド」は、
自分でHTML組んでー画像貼り付けてーって、
苦労した挙句に、ページめくりの方向のコントロールが
できなかったり、見開き表示がおかしかったりと、
どうしたらいいの〜てな感じでしたが、
今回は、なんせアマゾン公式!
ばっちしきっちりできてる!……はず。
「はず」と弱気なのは、
私の古い初代iPad(iOS5)では、
表示しようとするとアプリが落ちるという事態が起こり、
確認ができず、iPod touchでのみの確認だったからです。

あ、Kindle本体は持ってないんですよすみません。
この、今回出したKindle本が50冊売れたら、
10月に出る新Kindleが買えるんですけどね、
どうですかねみなさん。
よろしくお願いしますです。

iPod touchではなんとか正常に表示されているようで、
いち早くご購入くださった方からは、
iPad(iOS6)でもちゃんと読めているとのご報告が。
なんとかなったか?
電子書籍は、見る側の環境によってちゃんと見えるかどうか、
そもそも表示されるかされないかってことが面倒すぎる。
端末の種類にも左右されるし、
同じ端末でもOSやアプリのバージョンによっても違う。
ああ、紙の偉大さよ……。

とか年寄りくさいことを言っててもしょうがないので、
以前にKindleで出して、どうもページめくりの方向が、
うまくいってなかった「プラグド」も、
Kindle Comic Creatorで作り直して、
データを再アップしてみました。
改訂版てことですね。

これさー、データを改訂して再アップしたら、
一度購入してくれた人には、
その新データが自動的に送られてくるか、
「改訂版データがあります」とかのお知らせが行くもんだと、
当然のように思っていたんですけどね……。
そうじゃないようです。
「改訂版データを再アップしたんでよろしく」と、
アマゾンさんに私がお知らせして、
それをアマゾンで検証して、
これはユーザーにお知らせした方がよさそうだと
判断したら、お知らせしてくれるという、
今のところ、そんな人力なことになっているようです。
まあ、あんま気軽に改訂されちゃあ困るよってことなんですかね。

あ、今から新規にご購入くださる方には、
新しいデータが届くはずです。
「はずです」と、心もとないことを言っているのは、
この「プラグド」には、DRMを設定してしまっててですね、
その設定だとiPadやiPod touchでは見られないんですよ。
なんでやーー!
Androidだったら見られるみたいなのに。

うーーーーん、えーーーーとーーー、
なんとかして検証しようと思います。

と、まあ、まだまだ暗中模索中の電子出版ですが、
データをいじるついでにと、
この3冊をパブーでも出すことにしました。

「ネガティブくん」
「アングリーちゃんの怒り日記」
「プラグド」

こっちの方が、サイト上で全部作業できる分、簡単だね。
見開きとかはできないんだけれども、
PCの画面上で見る分にはこれで十分だしなあ。
それに、パブーで買うとPDFファイルとかepub形式ファイルとかも
ダウンロードできるみたいなので、
そっちのファイルがいいという方にはオススメです。
お値段は今のところKindleよりちょびっと安くなってますが、
Kindleの方はUSドルが基本になってるので、
円とドルのレートによって変わってきます。
見比べてご購入いただくといいかも。


ふーー、
とりあえず、今手元にある漫画コンテンツはこれで、
なんとか出せたかな。
あとは、文字物か。
私が前に書いたライトノベル風ファンタジー小説とか、
試しに出してみるか?
縦組みはまだ問題ありありって話も聞くけど、
どうなんでしょうかね。
なにか買って読んでみりゃいいのか。
というか、やっぱKindle本体買うべきか……。
しかし、私はUS版のKindleを持ってるもんだから、
これでは日本語のものは読めないってわかっちゃいるけど、
新たに買うのが悔しくてのう。なんだかのう。
買った時の半分でもいいからキャッシュバックとかしてくれたら、
即座に新しいKindle買うんだけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。