川口晴美さんの最新詩集「Tiger is here.」が、
高見順賞を受賞されました!




おめでとうございます!

自慢ですが、
この本は私が装幀を担当したんですよ。
と言っても、
川口さんや編集さんや社内のデザイナーさん、
みんなで相談しながら作った本ですので、
「装幀」として私の名前が入ってはいますが、
まー、実際に作ったのは、
この本に関わったみんなということです。

そして、装画は漫画家の山中ヒコさん。
山中ヒコさんは、今連載中の
「死にたがりと雲雀」が話題ですね。

「Tiger is here.」というタイトルに合わせて、
虎と人物を絡めたイラストを、
という川口さんのリクエストで、
こんな素敵なイラストを描いてくださいました。
私は山中さんが描くキレイ系の男の子キャラが大好きなので、
それが虎と、しかもスーツで! なんて、
上がってきたイラストを見た時は、
「ひゃああ〜」
と声が出ましたよ。しゅてき〜〜

しかし……
普通、詩集には、こういったイラストで、
しかも人の顔が大きく描かれたものは、
表紙に入れにくい、ということで、
デザイン案は紆余曲折。
あれこれとディスカッションを重ねた結果、
結局、一番詩集らしくない(笑)、
こんな装幀になって完成しました。
編集さんの英断にびっくり、そして感謝です。
タイトルの入り方、オビのデザインも、
今までの詩集にはあまりないものになったと思います。
(タイトルはBLコミックの装幀を意識したんですよ…)

しかも、内容も今までにない、
タイバニという「アニメ」や、
アダム・ランバートという実在の洋楽スターの
歌やライブを題材にした詩が入ったもの。
というか、そういった内容だからこその、
この装幀だったんですけどね。
完成した本を手にして、川口さんと
「攻めてるねえ」「草分けだねえ」と、
ふたりで震えたことを覚えています。

そんな、およそ詩集らしくない、
こう言ってはなんですが、
古いタイプの詩を読む方々には
受け入れがたいかもしれないこの詩集が、
高見順賞という大きな章を受賞したことは、
大げさでなく、現代詩界にとって、
ものすごく大きな事件なんじゃないかと思います。
これをきっかけにして、
現代詩がもっと自由になって、
もっと多くの人たちに読まれるようになったらいいなと思います。

「現代詩」というと、難解なんじゃないかとか、
文学的素養がないと読めないんじゃないかとか、
難しく考えてしまい、とかく敬遠されがちかと思いますが、
川口さんの詩は全然難解じゃないです。
平易な言葉で、でも美しく描かれた情景は、
すんなり思い描けるし、
読んでいるうちにその世界の中に自分も入り込み、
「私」や「あなた」になったり、
一緒に行動したりしているような感覚で読み進み、
読み終わったあとには、今までになかった世界が
自分の中にも生まれている、そんな詩たちです。
タイバニで興味を持った方も、
アダムで興味を持った方も、
ぜひ一度読んでみていただきたいと思います。

というところで宣伝。
2014年5月に発行した【稀人舎通信改1号】には、
「Tiger is here.」の中の、
タイバニを題材にした2篇の詩が掲載されています。



ツイッターで宣伝したところ、
さっそくご注文くださった方がいて、
今は在庫がなくなっていますが、
Amazonの表示のとおり、今ご注文いただければ、
9〜11日ぐらいで発送できるのではないかと思います。
よろしくお願いします。

川口晴美さんは、「稀人舎」の同人活動に
最初のころから参加してくださっていて、
現在Amazonで扱っている、
【稀人舎通信SPECIAL6号】
【稀人舎通信SPECIAL7号】
【稀人舎通信SPECIAL8号】
【稀人舎通信SPECIAL9号】
【稀人舎通信SPECIAL10号】
【稀人舎通信改2号】

と、すべての座談会に参加してくださっていて、
それぞれに興味深いお話をしてくれています。
【7号】には、親子を題材にした詩も掲載しています。
興味持たれた方はぜひ読んでみてくださいませ。


あ〜〜、嬉しい。



もう2日も経ってしまった。
相変わらず、ちゃんとしたレポのできないブログで
すみません。

行ってまいりましたよ。
ジュリーお正月コンサート
「Barbe argentée」

(「バルブアルジェンテ」って発音するようです)

ジュリーの声は素晴らしく、
セトリも
「ああ、これが今のジュリーの歌いたい曲なのね」
「言いたいことはこれなのね」
って、気持ちがひしひしと迫ってくるような、
そんな選曲でした。
ご機嫌さんで、MCもなごやかで、
去年のお正月の緊張と暗さが嘘のようでした。
よかった。

んでな……
もうすでに、他のブログさんやツイッターなどで、
バレてることと思いますが、
鉄人バンドの下山さんが抜けてしまい、
代わりにベースの依知川さんが復帰されました。
去年の暮れから噂で聞いてはいたので、
ほんとのとこはどうなの?と、
始まる前のステージに並ぶ楽器を双眼鏡でガン見。
しかし、私の今回の席はカズさん側の端っこで、
下手側は遠くて、しかも始まる前のステージ上は暗い…。
ん〜〜〜、でもあのギターはネックが長い…よね?
んでもってヘッドのあの形は……?
なにより、いつもの下山さんのギターとは色が違う……
などなど、不確かながらも、

ああ、やっぱり…

と思っていたので、
ライブが始まって、
身体の大きい髪の長い人が出てきたのには、
そんなにびっくりはせず、
ベース入りの音ってどんなかなー?
っていうわくわく感のほうが勝ってた感じですかね。
依知川さんはでっかくてアクションも派手目なので、
見ていて楽しくてよかったですよ。

しかし、そんなわけで、
ジュリーはバンド紹介のときに
いつもは連呼する
「鉄人バンド〜」を言いませんでしたね。
ジュリーにとって、
下山さん、グレース、泰輝さん、カズさん
の四人が「鉄人バンド」なのね。
まあ、あのドームの6時間半80曲を
一緒に乗り越えたからの「鉄人」ですもんね。
その下山さんが抜けてしまったのは、
ちょっと…かなり寂しいけど、
ベースが入ったジュリーのステージというのは、
私にとっては、ジュリワン、タイガース以外では
初めての経験で、新鮮でした。
何度も聴いているあの曲もこの曲も、
全然違うように聴こえたり、
あ、こんなふうになるんだって思ったり。
そのときによって違うアレンジを楽しめるのも
ライブのよさだと思うので、
バンドの楽器が変わったのは、
私としては結構嬉しい変化ではありました。
下山さんが抜けた分をカバーしないといけなくて、
カズさんがかなり忙しそうでしたけどね。
そういう分担みたいのも
だんだんこなれてくるのかなあ。
もうひとりギターを入れるっていうことは
ないんでしょうかね。
下山さんが帰ってきてくれるのが
一番なんでしょうけど……
その可能性はないんですかねー。

それに、このときに残念だったのが、
ジュリーがMCでも下山さんのことについて
なんも言わなかったこと。
通り一遍のようなことでもなんでも、
ひと言でもなにかしらあれば、
よかったのになーなんて思ったり……
でも、初日は報道が入ってるから言わなかったのかも。
全体的にMCも短めだったし。
このあとの大阪、名古屋、そして最終日のNHKホールに
期待しようと思います。
依知川さんは、このあとずっとバックバンドにいるのか、
さらなるメンバーチェンジがあるのか、
下山さんが戻ることはあるのか、
とかとか、いろいろとモヤモヤすることは
いっぱいありますからね。


でもま、そんなこんなではありますが、
無事にジュリーのお正月ライブも始まり、
やっと年が明けたって感じがします。

今年もよろしくお願いしますですよ、ジュリー!


【続きを読む】



お正月もあっという間に3日目です。
今年は、明日の4日が月曜日ですので、
みんな、お正月休みは今日までって感じですかね。
私もそうです。うぐぐ。
明日からお仕事しますがんばります。
とは言っても、4日5日と仕事したら、
6日はジュリーのお正月ライブ初日ですよ。

は〜〜〜、楽しみ〜

去年のツアーの加瀬さんソング特集も楽しかったけど、
やっぱり今のジュリー本人が
歌いたいと思っている曲はどんなかな?っていう、
そういう楽しみがありますからね。
特にお正月ライブではレア曲を歌うことが多いようなので、
知らなかった曲に出会えるのもまた楽しみです。
「この曲知らない。いつごろの?」ってなって、
「◯◯っていうアルバムに入ってるよ」
とジュリ友さんに教えてもらって、
そのアルバムを聴き、
他にも知らなかった曲に出会える。
何百というオリジナル曲を持っている
ジュリーならではの楽しみです。

あーー、早く6日にならないかなー。


てな感じで、ジュリー活動に関しては、
例年通りに粛々とライブに参戦し、
ジュリ友さんたちときゃーきゃー言うという、
そんな感じになると思いますが、
【稀人舎】の活動は、特に決まってません。
5月1日の文学フリマ東京には申し込みましたので、
とりあえずそれに向けて、本作りしようと思ってます。
今のところ、
川口晴美さんの詩集と、
山口けいさんの【おいしい時間】の新刊、
他にもなにか個人誌があるかもしれません。

あとは、7月のポエケットにも出ようかね、とか、
夏コミは申込書を買ってありますから、
たぶん申し込むと思います。
当選したら、なんか作ります。
なにを作るかはまだ未定ですが。

あとは……
ん〜〜、在庫がいっぱいある【稀人舎通信】の既刊本を
なんとかして売る算段をしたいなーと考え中。
twitterでの宣伝として、
記事からの抜粋をつぶやくbotでも作ろうかなーと。
【稀人舎通信7号】とか【8号】とか、
文フリでもなぜか売れないんですが、
読んでみるとおもしろいと思うんですよ。ほんとに。
なので、立ち読み的におもしろそうなところを
ちょっとずつ漏らしていこうかなと思ってます。

今年は今のところそんな感じで
やっていこうかと思ってます。
あ、ブログでの連載記事
【ジュリーの曲で考える昭和女性幻想】は、
なるべくペースを上げて更新していくつもりです。
できれば今年中に「灰とダイヤモンド」まで
行き着きたいところですが、
それはまあ…予定は未定。
気長にお付き合いいただけると嬉しいです。
んで、連載が終わったら紙の本にしようかなーと、
画策中です。

こんなふうにいろいろやりつつ、
その都度、思いついたことや
お誘いいただいたことに
首を突っ込んだり巻き込まれたりしながら、
今年もよろよろやっていくことと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


【続きを読む】



2016年
あけましておめでとうございます。

稀人舎の活動やジュリーライブや仕事や……
どんな年になるのか全然見当がつかない年明けですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

暮れに描いたキラッキラのTOKIOジュリーで
お年賀といたします〜

TOKIO

(なんかめでたい感じするしw)