予告した項目も忘れてないよ!

今日はまずトラックバックの謎じゃ!

最近、各ブログでトラックバックに関する
様々なサービスを始めている。

FC2のコメント・トラックバック認証機能の追加
エキサイトのトラックバックのリンクチェック機能を追加
など。

私はね、ブログを始めた頃からずーーーっと
このトラックバックつうのがよくわからなくてですね、
こちらからはまずトラックバックたらしたことがなかったんですよ。

でも、なんかみんなこの機能を活用して
楽しいブログライフを送っているみたいだし、
私もいっちょやってみるか、と
↓このサイトに行って勉強してみたんですね。
はじめてのウェブログ

Flashで解説していてわかりやすーい!
そして楽しいっ!
「3分でわかる」って、それは「Flashが3分で終わるからだ!」って。
うくくく……

で、ですね。
ここで私が理解したことは、

「トラックバックとは、こちらのサイトにリンクしたことをお知らせし、
同時にそっちのサイトにもこっちのサイトをリンクしてしまう機能」
「相互リンクの手間が省けてよかったね」


と、こういうことだったんですが、

実際ブログを始めてみますと、
こんな辺境の地にもちらほらと人が来てくれて
トラックバックもしてくれるわけですよ。

上のようにトラックバックのことを理解していた私は
そのブログに私の記事がリンクつきで紹介されているものだと思って、
喜んで見に行くわけですね。

ていうかですね。
この時点で私は、トラックバックしているということは、
自動的にこちらのブログもあっちのブログにリンクされているんだと、
そう思ってたわけですよ。

ところが、

こちらの記事に関連のある記事をトラックバックしているのはまだいいとしても、
リンクなんかなし。私のブログの紹介なんて全然ありません。
ひどいのになると、関係ないエッチな画像がいきなり表示されたり。

これは一体なんなんだろう????
なんでこっちのリンクがないのにトラックバックしてんの?????


まあ、何度もそんな目に逢っているとだんだんと分かってきまして、
リンクはなくともトラックバックを送ることはできるらしい、とおぼろげながら理解しました。

で、まあ、あまりひどいのはひとつずつ消して、
何回もくるのは禁止設定に入れたりしましたが、
それでも、普通(らしい)の人のブログでタイトルとかが同じとか
同じ本の書評を書いてるとかは、

どうしたもんなのかなあ??

と悩んでおりました。

で、↓このサイトでまた勉強しました。
トラックバックとは?

うんうん、理解しましたよ。
トラックバックってのは、
本来はリンクしたことを先方に知らせて、
さらに勝手に相互リンクを貼ってしまう機能なわけですよ。
でも、この最初に「リンクする」
ってところが、手動なもんだから、
みんなその手動の部分をすっ飛ばして、
トラックバックだけしてしまっている、
ということなわけですね。

で、悪質なのになると、
リンクもしてない、関係もないブログ、記事なのに、
勝手にリンクが貼られてしまう、その機能を利用して
自分のブログを勝手にあちこちにリンクさせてしまうと。
それをトラックバックスパムと呼ぶ、と。

それで、各ブログサービスでも
そのトラックバックスパム対策で、
いろいろな新機能を打ち出しているわけですね。

謎が解けました。

こちらからトラックバックするときは
気をつけようと思います。

ただね。
トラックバックしてくださっている方に対しては、
その記事がこちらの記事と少しでも関連のあるものならば、
リンクがなくとも別に私はかまいません。
トラバ返しや、お礼のコメントはしないと思いますが。

あと、もうひとつ謎が残っているんですが、
私も登録しているblogpeopleとかの
いわゆるトラックバックセンターつうやつなんですが、
これも、トラックバックしたら、
リンクをそれぞれの記事内に貼るべきなんでしょうかね。
一応、記事内じゃなく、左側のメニューには載せているんですが…
これでもいいんでしょうか……

識者の見解をお聞かせいただければ嬉しいです。



読んだらぽちっとよろしく
FC2ランキング
関連記事
テーマ:トラックバック
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/01(Wed) 00:12 |   |  #[ 編集]
TBパート2^^;
こちらは普通のコメントです。笑

私は、良いトラックバックをしていただいた方には、コメントでTBをありがとうございますと言う内容の雛形をもっていますよ。それからTBバックします。

集客のために、TBセンターをブログで作成することも可能なんですが、無料サービスでやるととお叱りとかバッシングされるようですね。

自宅にサーバーなどを構築してTBセンターをされている方が、現在ではほとんどですね。私もやってみたいんですが、マシンへのアクセスがものすごくなると大変(ネットの使用率であるトラフィックが上がって)なのででけまへん。++;

ネット監視が仕事になってしまいますしね。笑
2006/02/01(Wed) 00:20 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
いつもありがとうございます
いろいろ参考になりました。
なるほど~~と、目から鱗がたくさん落ちました。

そうですねえ。
TBしてくれた方にコメントをすれば、こちらのリンクをあっちに貼ることが可能なわけですもんね。相手先のブログを見て、その都度対処しようと思います。
2006/02/01(Wed) 09:09 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
ええと、馬鹿にもいろいろありまして、面と向かって「馬鹿」と言って怒られる場合もあれば、泣きながら「ばか、ばか、ばか」と言うと双方泣いちゃう場合とか、若いねーちゃんに「もう、ばかぁ~」なんて言われてにやけるおっさんもいるわけでして。

ま、同様に虎馬にも、いろいろあるんですね。そもそもは、簡易相互リンクというか、非常に友好的な「あんたの読んでわたしも書いたよ」というのがトラバの理念だろうとわたしも思うのです。(うちも多くの記事ではこれです)

ところが、そうでなくて、たとえば「同じ映画を見た」というようなくくりで、関連記事にトラバを巡らすこともできるわけなんですよ。お互いの記事というよりは「情報交換」というかな。これは「言及されてないけれど、友好的なリンク」と言えると思います(映画と大相撲はこれやってます。うちのブログでも)。

さらに、トラバセンターとか、トラバテーマとか、某ランキングサイトなどは、ある意味宣伝的にやってるんですよね。自分のブログを知ってもらいたいという観点で。これは、向こう(主催者)もそれを承知なはずなんで、言及はなくてもいいかと思います。そもそもそういうところなんだろうと。違うんでしょうか。

で、今回の機能付加はあくまで「スパム対策」でして、羮に懲りて鱠を吹くなんてことになってほしくないと思っています。間違っても「言及リンクがないトラバはマナー違反」なんてことにはなってほしくないんですね。

たとえば「映画」関連記事で普通にやってきたことがマナー知らずなことなどとされるのは、迷惑だなって思うんですよ。

わたしはこうコメントして、関連記事からここにトラバしたいと思います。しかし、その記事は過去に書かれたものですので、ゆうさんのこのブログへの言及は全くありません。しかし、全くもって友好的な、そしてたぶん、ゆうさんにも参考になる関連記事だと思います。

形式論でこういう手法を否定して欲しくないと思います。
2006/02/02(Thu) 10:30 | URL  | 出人 #X.Av9vec[ 編集]
日々勉強ですー
私も、このエントリーを書いてから、トラバセンターやFC2のカテゴリテーマなどのリンクをたどって、またいろいろと勉強しました。そして、今のトラバ事情が、私が理解していたものよりもっと複雑に様々な形に変わってきているのだと言うこともわかりました。
「絵文録ことのは」さんの以下の考察はとてもためになりました。
http://kotonoha.main.jp/2006/01/06trackback.html
ここの「関連仲間文化圏」という、トラバがこんな使い方をされているなんて知りませんでした。漫画やアニメのブログをやっている人たちの間では半ば常識になっているようですね。お互いにトラバセンターの役割をしているようなものでしょうか。そうやってネットが活用され広がっていくのはいいことだと思います。そんな文化まで否定することはないですね。
ネット、特にブログの世界はまだまだ知らないことがいっぱいです。っていうか、日々進化し続けているのだなあと、感心してしまいます。

エキサイトやライブドアが言及リンクのないトラバをはじく機能をつけたのに対し、FC2は認証機能で対応しようとしていることで、FC2の自由度が保障されているのだなあと感じていたのですが、FC2も右へ倣えになりそうですね。
そう考えると、ちょっと残念ですよね。
2006/02/02(Thu) 11:59 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
こんにちわ
ゆうさんの記事でFC2のほうには、認証の前にキーワードでトラックバックをふるいにかけてはどうかというコメントをしておきましたよ♪

スパムの大半って、ポルノチックなきーワードを含みますから、そういうキーワードを含んだトラックバックと、問題のあるサイトをはじくだけでほとんど事足りますからね。^^;

FC2ではなく、ppBlog の最新版がもうすぐ出ますが、この機能を搭載されています。

数が多いといちいち認証なども大変ではないかと、思う次第。
2006/02/02(Thu) 14:06 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
選べることが大切ですよね
ブログを利用しているユーザーによって、キーワードやIPの禁止設定ではじくか、認証制にするか、それを組み合わせるか、または言及リンクのあるなしで制限するかを選べるような機能であればいいと思うんですよね。
ここまで、ブログの利用のされ方が多様化してきているのですから。出人さんがコメントをつけてくださったように、「言及リンクがないトラバはマナー違反」とは一概に言えなくなってきているわけで、いろんな使い方をする人を否定することはできないですから。
私も自分のブログをどのように運営していきたいのか、ということを考えつつ、自分にとって納得できる、そして利用しやすい方法でやっていきたいと思っています。
それにしても、トラバの使い方がこうまでいろいろになってくると、これからブログを始めようとする人や初心者には、これまでのようなトラバの説明では足りない、ということになりますよね。
トラバは初心者には敷居が高い、というようなことになってしまわないといいですね。
2006/02/03(Fri) 10:31 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
むふ
すでにハードルは高いと思います(笑)というか、わたしには高かったです。ま、「勇気を出して使い、失敗してみて知る」みたいなとことがあるんでしょうね。転ばなきゃ自転車に乗られないんです。

特にホームページや掲示板の感覚になれてる人は、わけわからないと思うと思います。

だから、FC2はデフォルトを「制限する」に設定したのだろうと思っています。これはこれでいいのかも。
2006/02/03(Fri) 10:43 | URL  | 出人 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【月別】のアクティブユーザー数の比較でも、この1月ついにFC2は2位にあがりました。ヤフーもヤプログ!も強敵でした(笑)。グラフ化しているとこんなことが素朴におもしろかっ
2006/02/02(Thu) 10:32:05 |  David the smart ass