確定申告の季節がやってきましたね。

毎年のことなのに、年に一回しかやらないもんだから、
どうも、慣れるということがない。
私の仕事は、仕入れとか買い掛けとかはないし、
ただ必要経費を計算するだけでいいし、
青色申告に必要な仕訳は、
かしこい経理ソフトさんがやってくれるので、
面倒なことはないはずなのに、
なんだか、いつも

「こ、これでいいのかっ!?」

と思いながらやっている。
この不安な気持ちは一体なんなんだっっ

今年は、仲間由紀恵さんがコマーシャルしている
確定申告書作成コーナーつうサイトで
書類を作って持って行ってみようかと思っている。
これで、ちょっとは不安が軽減されるのか?
ま、計算間違いとかはなくなりそうだ。
そんでもって、税務署に持っていったときに、
「あのサイトで作ってきましたー」と言ったら
チェックも簡単になるのかも、という期待も……

でもね、いつも思うんだけど、
税務署って、お役所の中では
一番利用者に優しい役所なのではないだろうか。
確定申告の時だけなんでしょうかね。
案内のおじさんも、チェックしてくれる人も、
なんだかとても親切な気がする。
まあ、こっちは納税者様だからね。

「税務署ってなんだかこわーい」
「行きたくなーい」


とか思われないように、気を使っているのかもね。
ま、私のような小額納税者に厳しくしてもしょうがないって
思ってるのかもしれないけどさ。

来年の申告のときには
「稀人舎」の売り上げも計上できるといいなあと思う。
その場合は、帳簿のつけ方とか変わってくるのか……?
そのときは、また親切な税務署のおじさんを頼ろう。

というかね、
「稀人舎」の売り上げはどうするんだ!
と、以前のこのブログのコメントでも言われたし、
リアルの知人にも心配してもらったのだけど、
「稀人舎」の場合、まず売り上げを立てることが先決ですから~(泣)
ある程度の売り上げが立って、
「儲かったー!」「これって税金かかるのか?」
と思えるようになったら、税務署に相談に行きますよ。ほんと。

考えが甘い!

と、またお叱りを受けるかもしれないけど、
まだ売り上げも立たない、
この先まったく本が売れないかもしれない、
方向性も定まらない、
そんな、個人の活動で、初めから税金のことを心配するのって、
なんか、違うような気がするんですよ。

あ、帳簿はちゃんと付けますよ。
その帳簿にそれなりの金額が書き込まれるようになったら、
それを持って税務署に行って、
「こんな風にお金を稼いだんですが、税金はどうしたらいいですか?」
と聞く予定です。

来年はほんとにそんな風になったらいいなあと思ってるんですよ。
そんな風に思いながら、
確定申告の書類を揃えている今年の私なのですよ……



読んだらぽちっとよろしく
FC2ランキング
関連記事
テーマ:納税
ジャンル:政治・経済
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ~
確定申告という言葉は昔父が国税にいたときに良く効きました。(税務署の子でいじめもあったです。笑)

自分は技術系でもサラリーマンですから、確定申告などなくて。だからちょっとあこがれますね。起業したらいやでもそうなるのでしょうけどねぇ。

ゆうさんの小説って、故郷の風土の情景があるんですよね。
ゆうさんの小説の中に出てくる情景の基を、お父上の書籍の内容とダブらせてなんて、いいなと感じましたよ。

アニメの話ですが・・
イノセンスを見たときのあの映像の美しさなんですが、あれって日本的中国の要素ですよね、ということは長崎って感じるんです。

なんだか勝手を言ってます。@@;
2006/02/21(Tue) 18:20 | URL  | 短期に10万アクセス(aloha1) #-[ 編集]
へえー
税務署の子って、いじめられるんですか?初耳ですー

確定申告は、ひたすらめんどくさいですね。早く「社長」と呼ばれるようになって、経理担当の人に任せてしまいたいです(実現するのかっ!?)
社長の独断でいろいろとわがままを言って、経理の人が「そ、それは帳簿上ちょっと…」とか言って困る…とか、「今月は決算月なので、社長、体あけといてくださいよっ」とか、そんなのってちょっとあこがれますねーくふふ…
ああ、ホリエさんも初めはそんな感じだったのかもしれないですねー

う、小説……
読んでくださっているんですね。連載が止まってしまってます。すみませんー
来週あたりには続きを……

そうですね。あの情景は私の中の「日本の原風景」という感じで書いているので、やっぱり鶴岡の匂いのようなものが出てしまっているかもしれません。
まあ、私も鶴岡を離れて20年以上(びっくり)、帰省するたびに風景が変わっていて、驚きます。
2006/02/21(Tue) 21:51 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック