ひさびさに本屋さんに行ってうろうろしたら、
あっという間に5000円がお財布から飛んでいったよ……

以下、買った本
マリア様がみてる (くもりガラスの向こう側)
彩雲国物語 藍より出でて青
はじめてわかる国語
金魚屋古書店出納帳 上 IKKI COMICS
顔のない裸体たち
ドリームバスター〈3〉

うぐぐぐ……
まだ読んでない本も高さ1メートルくらいになって
部屋のすみに積んであるというのに……
どーーするんだよおおおお

といいつつ、
マリア様がみてる (くもりガラスの向こう側) と
彩雲国物語 藍より出でて青 と
金魚屋古書店出納帳 上 IKKI COMICS は、
もう読んでしまいましたよ。うほほ

「マリみて」「彩雲国」は、いつもどおり、おもしろーい。

「マリみて」は、最初

こんな世界アリかよっっ!

と、まあネタ半分て感じで読んでいたんですが、
なんかだんだん、これはとてつもない良書なんではないかっ!?
とか思えてきちゃって。
現代の高校生にしては幼すぎるんではないかと思えるような
悩みでもって、登場人物たちは右往左往してるわけですが、
十代なんて、昔も今もこんなもんなのかもなあ、なんて、
おばさんである私には思えてきたり。
ムリに大人になろうとしてるような現実の高校生たちも
これを読んで、

「私たちはまだこんな風でいいんだ」

とかね、そんな風に思って欲しいなあなんて。
しかも、その悩みの解決方法がいわば王道なんだけど、
それがかえって新鮮な気がしたりね。

「彩雲国」も上に同じ。
こっちは、女性が仕事をする、とか恋愛がらみだったりと、
すこ~し大人なテーマなんだけど、
でも、ヘンに斜に構えてなくて、さわやか。

青春に悩む乙女たちにぜひとも読んでいただきたいものですよ。

金魚屋古書店出納帳 上 IKKI COMICSは、前から気になっていた漫画。
古い漫画好きにはたまらない内容ですね。
でも、うーん、お話的にはありきたりかも。
その分、安心して読めるって感じです。

顔のない裸体たちドリームバスター〈3〉は、
これから読みます。
じっくりと。


実際の書店ではなく、ネットで本を売ろうなんて思って、
あれこれやっている私ですが、
私自身、やっぱり、実際に本屋にでかけて、
その場で本を手にとって、立ち読みしつつ買うのが好きです。
本の紙の手触り、活字の大きさ、読みやすさ、
装丁のよしあし、書店のポップのあるなし、
平積みか棚に入っているか、などなど、
ネットではなかなか分からない実感というものが、
本屋さんにはあるんですよね。
なにか本を買いたいなあという気持ちでもって、
書棚の間をうろうろするあの感じは、ネット書店では
やはり再現するのは難しいと思うんですよ。

どうしたもんかなあ、どうしたらいいのかなあ、
困ったもんですよ。

はあ~~



読んだらぽちっとよろしく
FC2ランキング
関連記事
テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マリア様がみてる 1
2006/06/04(Sun) 14:49:29 |  DVD Check