上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がブログを立ち上げたり、いきなり頓挫したりしているさ中、
申し込んでおいた、ISBNの通知が届きました。
8月25日。

ISBNつうのは、まず「出版者記号」てのが決められて
送られてくるのな。

うちの(というか名義は父の)「出版者記号」は

「9902700」

私は「発行可能点数10点」というのを申請したので、
「出版者記号」は7桁。
「発行可能点数100点」だと6桁だ。ふーん。

これに、「4」→日本という意味の番号を頭につけて、
ハイフンでつなげて「出版者記号」、
またハイフンで「書名記号」というのを書く。
「書名記号」ってのは、出版した本の通し番号のようなもの。
まあ普通、順番に「0」「1」「2」……というふうにつける(と思う)。
で、最後は「チェック記号」というやつで、
「書名記号」までの9桁の数字から、
決められた計算式でもって算出される数字だ。

で、これにしたがって、父の本のISBN番号を作成した。

「4-9902700-0-2」

おおう! なんかただの売れ残りの本がえらくなったような気がします。

で、次に「日本図書コード」ってのを決めます。
「分類コード」ってのと「価格コード」っていうやつ。

知らないことがいっぱいだ。はひー

まず「分類コード」
「C」が頭についた4桁の数字で、これで、
販売対象、発行形態、内容分類を表す。
販売対象は、一般なので「0」
発行形態は、単行本なので「0」
内容の、大分類は「文学」で「9」
中分類は「随筆」なので「5」

これを組み合わせて、「分類コード」は「C0095」だ。

あとは「価格コード」(はあひい)
頭に「¥」(これの横棒が一本のやつ)をつけて
消費税抜きの「本体価格」を表示し、最後に「E」をつける。

父の本は税込価格1600円なので、
「本体価格」を1524円にする。

で、「価格コード」は「¥1524E」

市販しない書籍には「分類コード」「価格コード」は不要だそうだが、
このときの私はまだ(まだかよっ)市販する気でいたのだ。

というか、せっかくJANコードも申し込んでしまったのだから、
バーコードも作ってしまおうと思っていた。

だいたい、バーコードが、どうゆう時に必要なのか不要なのか、
よくわからなかったのだ。

取次を通さずとも、置いてくれる書店が
もしかしたら今後あるかもしれない。
そしたら、バーコードは必要なのでは?
自分のHP上で注文を受けてネット販売するだけなら
バーコードは必要ないだろうが、
万が一、ネット販売を請け負ってくれる業者があったら、
そのときはバーコードは必要? 不要?

取次を通すことが絶望となった今では
バーコードは不要と思われるが、
今後の展開次第で必要にもなるかもしれない…

ええい! わからないなら作ってしまえ~
付いてて悪いってことはないだろう。


上記のさまざまなコードを決めて、
書籍バーコードというやつをネットで注文した。
9月22日。

日本バーコードさんという会社で、
ネットのフォームでISBNと図書コードを送ってやると、
あっという間にバーコードを
イラストレータのデータにして送ってくれる。
その間30分! 超早。ひとつの書籍分で3500円。

これをさっそく印刷用のデータに作り変えて、
前に作っておいた帯と一緒に、
知り合いの印刷屋さんに見積もりをお願いする。

さあ、次はなんだー


つづく
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。