「稀人舎」の発行物を販売委託に出したり、
ネット書店で買えるようにしたりと、
いろいろやってきたわけですが、
あと私がやらねばならないことは、

宣伝。

「稀人舎」という版元と、その出版物のことを世の中の人たちに
知ってもらわないことには、どうしようもありませんやね、やっぱり。

それにはまず、「稀人舎」HPのアクセスアップかなあ、と、
ちょっとお勉強してます。

ネットの広告関係の仕事をしている知人にいろいろ参考書を教えてもらって、
まず、これ↓
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
なんか… 身も蓋もないタイトルですが… 参考になりました。

アフィリエイトで稼ぐためのいろいろなノウハウ満載の本なんですが、
別に裏技とかじゃなくて、書いてあることは結構正攻法。

…で、アフィリで稼ぐには、まず自分のサイトに
お客さんがアクセスしてくれなきゃ話にならない! ってわけで、

アクセスアップの方法

です。(そりゃそうだ。そのとおり!)

そんで、その方法のひとつ、というか、まずしなければならないのが、

コンテンツを増やす

なのだそうですよ。
懇切丁寧に説明してくれている中身を読めば、
「なるほど~」というより「そんなんあたりまえじゃん!」という
理由なんですが、そういうことほどなかなか気が付かなかったり、
実行に移せなかったりするんですよ……(切実)

で、「稀人舎」HPのコンテンツ、増やしてみました。
といっても急に商品が増えるわけでもないので、
前から「稀人舎」とは別立てでネットに公開していた、
「化け物祭考」という、私が書いた駄文を、
「稀人舎」HPの一部としてリンクさせただけですけどね。

この「化け物祭考」には、以前からコンスタントにアクセスがあるんですよ。
「マレビト信仰」「異人」「異界」「人身御供」などのキーワードで、
毎日数人の方がアクセスしてくださっているようなのです。

これをアクセスアップに利用しない手はないっ

ですよっっ!

で、「稀人舎」HPのコンテンツとして
同じスタイルシートに落とし込んだわけです。
以前の単なるhtmlで組んだページより、
行間が空いて読みやすくなったと思います。
日本民俗学や鶴岡の「化け物祭」に興味のある方は
ぜひどうぞ!
ま、素人の書いたものですから珍説、妄想ってとこですが、
それなりにいろいろな本とか読んで勉強したんですよ、これでも…

で、ですね。
このところ、この「化け物祭考」には
「柳田国男」「人身御供」のキーワードでアクセスしてくる方がいっぱいです。
夏休みの宿題…かな?

そんな学生さんたちのお役に立てるように
「参考文献一覧」も載せてみました。
それぞれの書名をクリックするとアマゾンに飛びます。
どれもこれもためになりましたですよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック