Google AdWordsですけどね。
標準モードに切り替えたのはいいけれど、

よくわかんねえ

っつって、とりあえずBudget Optimizerつうのをオンにして、
御見積ツールで出してもらった1日の予算にして、
なんつーかGoogle AdWordsさんの言いなりになって設定してみたら、
すげーずんどこ表示されまして、クリックもいきなり10件以上。

でも購買につながらず……

ご利用金額ばかりが膨らんでゆく…クリック単価が高いんだよっっ
(ご利用は計画的に)

1日に1000円以上の広告費なんてかけていられませんっっ
金はないっっ!!!

で、あわてて↓このような本を参考に、

Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック

チクチクとキーワードを設定し、
キーワードごとのクリック上限単価を設定しました。

入札金額が低くく表示の多いニッチなキーワードを探せ!

てなもんですが…
まだまだよくわかってません。
だいたいクリック上限単価って、なに??
初期値の上限単価との関係は????
うーーーーん……
まあ、ちょっと今の状態でしばらく様子を見ましょうかね。
表示回数は1日100件くらいしかないですけどね…
だんだんと上がっていくもんなんでしょうか……???

参考にした本によると、表示回数に対するクリック数の
クリック率ってのは、1.3%以上を目指すべしってことで、
でもって、クリックしてHPを訪問してくれた人のうち、
商品を買ってくれるのは、100人から300人に1人……と。

これね、でもね、
本の場合、この率って、もっと下がるような気がするんですよ。
HP訪問の1000人に1人、くらいな感じかな…と。

するってーと、1日に1冊、売ろうとした場合、
1000人に訪問してもらわなければならない。
1000人にクリックしてもらうには、その100倍…
10万回表示されなければならない………と。
1日に10万回表示してもらうためには、
一体いくらの予算を立てなければならないのでせう…

そんな広告費を掛けても1冊売れて、
1050円(未入籍別居婚)、1600円(飲んだくれてふる里)です。
しかーも!
他の生活用品やサプリメントやらの商品と違って、
本てやつは、1人の人が1回買ったら
普通はもう買ってくれないものなんですよっっ!
原価も高い。
シリーズものの本を出版するとか雑誌を扱うとかしないと、
顧客の生涯価値なんてものは、考えにくいんじゃないでしょうか。
(ああ、だから各出版社はシリーズものの実用書を出すのか…そうか……)

とりあえず、今の低い上限単価でしばらく様子を見てみて、
1日の予算てやつを調整したりしていこうかと思ってます。
キーワードを追加したり、ね。
この、キーワードの設定てのが、結構おもしろいんですよ。
2つ、3つを組み合わせて、あまり競合スポンサーのいないキーワードで、
結構表示されてたりすると、やったー、って感じ。

あとね、一緒に登録しているGoogle Analyticsてアクセス解析ですが、
これは、AdWordsからHPを訪問してくれたお客さんの動きを解析して、
購買につなげるためにはどうしたらいいかを分析するためのものでして、
まだAdWordsからやってきたお客さんには
ひとっつも売れていない今の状況では、活用のしようがありませんっ!
まあ、とてもこまかく解析結果が出るので、
見てるだけでも楽しいんですけどね……

豚に真珠

とか言うなーーー!!
そのうち役立ててみせるさっ ふんっ

まあ、ですね。
購買につながらなくともですね、
Googleの検索結果の上や右のスポンサー欄に
「稀人舎」とか「未入籍別居婚」とか表示されるだけでも
今はいいかな、と思っているんですよ。
サブリミナル効果っていうか…
なんとなーくチラチラと多くの人の目に触れて、

「ああ、あの出版社ね」

とか思って覚えてもらえればいいかなーなんて。
スポンサー欄にあることで、ちょびっとでも信用度が増すんじゃないか、
とか、せこいことも考えたり。

そもそも広告って、そういうもんだと思っているのだけれど。
クリックが即購買につながることのできるネットでは、
イメージ広告っていう考え方って、しないのでしょうかね。
80年代に広告業界で働いていたおばさんは、
広告ってのはイメージだと教わったような覚えがあるんですけどね。
古いんでしょうかね。かねかね?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
埼玉富士 レーザー微細加工機マーケッターの坂本です埼玉富士 レーザー微細加工機マーケッターの坂本です。 グーグルアドワーズ広告の管理はグーグルが提供しているWEBページ上での管理ができますが、広告の開始時に管理方法を「初心者モード」か「標準モード」かを選択
2007/02/27(Tue) 08:19:46 |  グーグルアドワーズ広告で本当にお客様と出逢えるの?的なブログ