「稀人舎」の小説ブログを作るにあたって、
他の人気のある小説ブログを参考にしようと、
人気ブログランキングの小説部門1位のブログを見にいってみました。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

いや~~、おもしろいっっ!

当初の目的を忘れて、夕べからずーっと読み続けて、
ついに今日までの分全部、読破しちゃいましたよ。
PCの前で、声上げて笑ったのなんか、初めてかも……
おもわず、mixiの「ぼくちゅう」コミュにも入っちゃいました。

あ、読破したところで、ハッと我に返って、
当初の目的も思い出しましたよ。

えーと……
私なりに学んだ小説ブログのポイント
・ひとつのエントリーは長すぎず短すぎず
・改行を多めにして、読みやすく
・ときには、文字の大きさを変えるなどの小技も必要。
・どこからでも読めるように、目次をわかりやすいところに表示
・連載ものにして、毎日更新する
・やっぱランキングに参加して上位表示をねらうのは重要?
・時々イラストを挟むのもいい
・エントリーの最後やコメント欄などに、次回予告を入れる


こんなところでしょうか。
まあ、

内容が面白いこと

というのが、まず第一なんでしょうが、
それはー、とりあえずー、おいといてーーー(ダメじゃん)
1番目2番目3番目は、すぐにでも実行可能。
まあ多少面倒だけど。
4番目の目次の問題は、ちょっと工夫の必要あり。
目次の表示に最適だと思って借りたテンプレートなんですが、
そもそもブログの仕様で、自動的に一括表示ができないことが
判明しまして、結局自分でちくちくとリンクを貼らないといけません。
……まあ、これも私がやれば済むってことなんですけどね。
5番目の、「毎日更新」は、どうかなあ……
原稿はもう完成してるんで、分割してアップしてけばいいだけなんですが、
その、アップするだけでも結構な手間だったり。
あと、アップしたら、目次も更新しないといけない、とかね。
……それくらいの手間はかけろよ、ということでしょうか。
6番目のランキングは、参加するのは誰でもできるので簡単ですが、
上位に食い込むのはそれなりに大変……
ここはやはり内容がおもしろいかどうかにかかっているので、
……なんともかんとも、なーー。
7番目のイラストはーーーうーーーーーん……
今回、ブログで公開しようとしているのは、いわゆるライトノベル。
19歳男子が主人公の和風ファンタジーなんですよ。
できれば、腐女子受けする、BLコミック風のイラストが希望なんですが、
そんな絵を描ける人が、身の回りにいません。
いても、それはプロの人なので、ただでというわけにはいきません。
そんなイラストが入ってたら、効果抜群だと思いますけどね。
うーーーん。要検討。
8番目の予告は、やってみましょうかね。
毎日更新ならば、手間のついでだし。
でも、そうすると、やはりコメントは
エントリーごとに受け付けたほうがいいんだろうか。
実は、コメントは作品の公開エントリーに直接はつけられないようにして、
まとめて、「ご意見・ご感想エントリー」を作って、
そっちに書いてもらうようにしようかと思ったんですが、
でもなー。
毎日更新して、アクセスを増やすには、
各エントリーへのコメントも
つけてもらえるようにした方がいいような気もするんですよ。

まあ、ちょっといろいろ試しつつ、やってみます。
とりあえず、原稿の小分け作業かな。

上で参考にした「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」には、
書籍化の話も大手出版社からきてるそうです。
作者の方はいろいろこだわりがあるようで、交渉中らしいんですが、
出版されたら売れるんでしょうかね?
売れると思ったから、出版社は声をかけてくるんでしょうけど。

今、本屋さんで平積みなっている。
恋空〈上〉―切ナイ恋物語恋空〈下〉―切ナイ恋物語
も、もともとケータイ小説だったんですよね。
発売3日間で、60万部だそうです。う、うらやますぃ……

しかし、ですね。

ネットで読んだものを、みなさん、本になったら買うんでしょうか??

そこんところが、私、ちょーっと疑問なんですよ。
だって、内容は、ネット上でもう読んじゃってるんですよ?
多少改訂してあったり、読みやすく直してあったりするかもしれませんが、
でも、小説なら、話の筋は同じでしょう。

お気に入りのものを「本」という形でもって所有したい、とか?
それとも、
ネットで読んでないひとが、
「ネットで大人気!」
と言われて、買っちゃうとか?

うう……
後者のほうがありえそうな気がする私はひねくれモノでしょうか。
出版業界の仕掛けに毒されているのでしょうか。

しかしなーー
うーーーん。
疑問。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ブログの読者
初めまして。ミクシィの友人の日記から、来ました。
ぼくちゅうが人気NO1といってもブログの読者ってせいぜい1日1万アクセスぐらいですから、2,3日分まとめて読むのが大半とすると、2,3万人程度ですよね。
この人たちに買ってもらうという意識では、採算に乗らないと思いますよ。
ブログの読者の何十倍かの潜在需要があると踏んで出版社は書籍化するのだと思います。

ちなみに、私もブログ小説書いてますが、読者増えません。
暇があったら覗きに来て下さい。
『金借り屋銀次郎とおもろい仲間の物語』
http://money-king.seesaa.net/

毎日更新を目標にやってましたが、12月になって乱れています。
2006/12/08(Fri) 10:33 | URL  | ☆男 #QhJydFYo[ 編集]
☆男様、いらっしゃいませー
> ブログの読者の何十倍かの潜在需要があると踏んで出版社は書籍化
ということは、やはり「ネットで人気の!」って宣伝で、ネットを見てない人たちにアピールしようってことなんでしょうかね?
うちのような個人出版系の版元では1万部でも売れたら大ヒットなんですけどね……

☆男さんのブログ、何度か見せていただいてますよー
まだ最初の方しか読んでませんが、「裏の世界」っていうか、普通は知ることのない世界のことが書かれていて、興味深いです。こんど、ゆっくり読ませていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
2006/12/09(Sat) 00:58 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
恋空情報満載です!
2006/10/21(Sat) 22:31:45 |  http://free7.livedoor.biz/index20.rdf
超話題のmixiに関連した人気のブログをまとめて紹介させていただきます! また、mixiを楽しむための活用法も紹介してます!ぜひご覧ください! 少しですがその他のSNSも紹介しています。
2006/10/28(Sat) 14:35:21 |  mixi ミクシィ ブログ 紹介屋!
【「稀人舎」の軌跡】 小説ブログ 「稀人舎」の小説ブログを作るにあたって、 他の人気のある小説ブログを参考にしようと、 人気ブログランキングの小説部門1位のブログを見にいってみました。 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 いや~~、おもしろいっっ! 当初の目的
2006/12/07(Thu) 22:33:04 |  ぼくちゅうファン