あのですね。
小説連載ブログ、毎日更新してますが……

人が来ませんっ!(泣)

やはり、序章と一章をすっ飛ばして二章からってのが、
ネックなのか……
でもでも、チラ見もしてもらえてないみたいなので、
そんな理由でもないような……

で、ですねー
ここをご覧になった皆様に、ずうずうしいお願いです。

ちょこっと小説連載ブログに行ってですね、
ブログランキングか、fc2ブログランキングかのバナーを
ポチッとクリックしてはいただけないでしょうか。
もちろん、両方クリックしていただければ望外の喜びなんですが、
どちらか片方でもとても嬉しいです。
あ、ご自分のブログをどちらかの「小説」カテゴリにエントリしている方は、
結構ですよ。ライバルですもんね。お互いにがんばりましょう~
でも、ご自分がエントリしてないランキングにはお願いしたいです。
そんでもって、どちらの「小説」カテゴリにも
エントリしていないって方は、ぜひぜひクリックを~~

ランキングのバナーをクリックしろしろというのは、
なんだか下品だよなあ、と常々思っておった私なのですが、
小説連載ブログを始めまして、
そしてそれが思ったようにアクセスが伸びない現実に、
じゃあどうしたらみんなに見ていただけるか、と考えたとき、
やはり、ランキングの上位に食い込むのが早道かと。

このブログも「本・読書」カテゴリ、「和書」カテゴリの
ランキングにエントリしてますが、
ここは、まあそんなにランキングにはこだわってないのですよ。
ランキングが上がるのはそりゃ嬉しいですし、
できれば上位に表示されたいと思ってはいますがね。


だってですね。
ここは、「本・読書」カテゴリの中では、ちょっと特殊といいますか、
ここのカテゴリの他のブログって、
読んだ本の感想とか紹介とかの内容のものがほとんどなんですよ。
なので、このカテゴリを見る方は、なにを求めているかというと、
「なんか、面白い本を紹介してないかな~」
ということなんじゃないかと思うんですね。
ところが、この「本を買ってください」は、
時々は読んだ本の感想やらを書いたりもしてますが、
主な内容は、「稀人舎の軌跡」
ひとり出版社の失敗談なわけです。

ISBNとはなんぞや、とか
それを取得するためには、とか
取次ってなんなんだよっ、とか
郵便振込みと振替の違い、とか
本の販売委託ってどうすんの? とか
アマゾンのe託販売ってなによ、とか
Googleで自サイトの宣伝するのってどうよ、とか

なんというか、ちょいマニアックな内容なんです。
こういうことを知りたい方は、
ランキングなんかでは探さずに、
知りたい語句で検索してここにたどり着いてくれるはずです。

しかーし!

小説連載ブログは、事情が全然違います。
ブログ小説を読みたい人ってのは、
検索で探すことはあまりないんじゃないでしょうか。

「なんか面白い小説はないかなあ」

と、ランキングをながめて探すんじゃないかと思うんですよ。
で、やっぱり上位にランクされているブログは
面白いんじゃないかってんで、
アクセスしてみるんじゃないかと思うんですね。

黙っててもみんながアクセスしてくれるような面白いものを書けよっ
というご意見はごもっともです。
ですが、今は人目に触れることも難しい状態なのです。
一回でもいいので、小説連載ブログ見てみてください。
で、ランキングバナーをクリックしてください。
で、おもしろいじゃん、と思われましたら、
続けてアクセスしてください。

ずうずうしいお願いということは重々承知のうえです。

ランキングバナーをクリックしてくださいませー!

よろしくお願いしますです。
関連記事
テーマ:自作連載小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
ええと・・
ネットで小説は、携帯の方が多いらしいです。
しかも、女性が多い(大半)。
時間は寝る前、横になりながら、小説・漫画、ショッピングがその主な利用方法です。
高校生などは、掲示板・漫画・小説などの利用が多い・・

ですから、携帯版から、ブログ版へ誘導すると、イラスト付きで見れますみたいなものがあるといいですよん♪

携帯のランキングサイトは、PCのほうとは全然ちがって、リアルな結果を生むそうです。

ゆうさんの小説サイトのブログが携帯から見れるといいですね。
2006/12/09(Sat) 23:51 | URL  | e-講座 短期に10万アクセス(aloha1) #-[ 編集]
携帯からも見られるはずですよ。
QRコードも貼ってあります。
私は携帯でネットを見ないので、よくわからないんですが……
今度、誰かの携帯を見せてもらいますー
2006/12/10(Sun) 00:51 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック