私は本屋さんが好きだ。

特に欲しい本がなくても、3日に1度は立ち寄ってる。
1週間に1度は、なにかしら買ってるし。
うちの近所には2軒の大き目の本屋さんがあるんだけど、
私はたぶん、ここの2軒のいいお客さんだと思う。
年間20万から30万円分の本を買っているんだけど、
そのほとんどをこの2軒から買ってるし。

なんのあてもなくても、
ぷらーっと入って、まず新刊書の平台を眺め、
話題の本や、気になる本があったら立ち読みし、
その後、コミックコーナーに行って、
読んでるシリーズの続刊とかが出ていたら、買う分を1冊手に取り、
他にもなにかないかとしばらく眺め、
その後、ライトノベルコーナーへ行き、以下同。
文庫の新刊平台へ行き、以下同。
時代小説の文庫コーナーへ行き、以下同。
……で、最初の新刊書平台へ戻って、ほしい本があれば、
それも持ってレジへ。

まあ、そのときの懐具合にもよるけれど、だいたいこんな感じ。
そういえば、最近、雑誌はあまり買わないなー。
定期的に買ってる雑誌もないし。

どう~~してもなにか買いたいときは
(なにも欲しくなくてもこういうときがあるんですよ。
身の回りに未読の本がなくなると落ち着かないんです。ヘンです。)

時代小説文庫コーナーへ行って、藤沢周平のなにかを買う。
しばらく読み進んでみて、もうすでに読んだものだったと
気付くことも多し。(ダメじゃん……)

……と、ことほどさように本屋さんが好きな私ですが、
どーーーも最近、以前のように素直に
本屋さんめぐりを楽しむことができなくなってしまったのですよ。

なんでかといえば、当然「稀人舎」のせいです。
この、「ひとり出版社」を始めて、
自分でも本を売るようになってからですね、
本屋さんに並ぶ本は、ライバルになってしまったわけなんです。
いや、それは私が勝手にライバル視してるだけなんで、
ライオンに立ち向かうアリみたいなもんで、
本屋さんに並んでいる本たちやその出版社には
まったく関係のないことなんですが、
やはり、こう~~~
本屋さんで平積みになっている本を見るとですね、

「なんでこの本がこんなにいっぱい平積みされとるのかっ!」
「出版社だって大手ってわけじゃないじゃんっ!」
「著者だって、知らないよっ!」
「装丁だって、うちの『未入籍別居婚』の方がかっこいいのにっ!」


などなどなどなど……
邪念が湧いてきちゃって湧いてきちゃって……
もうもう平常心ではいられません。

「ま、世間に知られてない出版社だって、
 取次通ってりゃ、新刊扱いでこれくらいは配本されるんでしょ」
「やっぱ、取次の力だよね、要は」
「書店も取次の言いなりで個性がないよなー」


なんつって、負け犬の遠吠えを心の中でやっておるのです。

特に、この春に『未入籍別居婚』を持っていった書店まわりが
ことごとく玉砕に終わった経験上、
女性向けの啓発本関係にはもうもう恨みの眼差しを向けています。

「癒されるだの、モテるだのって、こんなのよりか、
 『未入籍別居婚』の方がよっぽどおもしろくてためになるのにー!」
「ちょっとばかし営業力があるからって、
 こんな誰も知らないブログ本なんか平積みなんかしてもらってー」

(うらやましいじゃねえかーーー)

ってなもんですね……

そんなわけで、最近は、欲しい本がすぐに見つかるときはいいんですが、
そうでなくて、長い時間、本屋さんの中をうろうろしていると、
だんだんと目つきが悪くなって、口がへの字になって、
心臓がばくばくいってきます。

新刊平台や女性向け啓発本のコーナーの前で、
本を手に取るでもなく、仁王立ちになって本をにらみつけている、
ヘンなおばさんがいたら、それは私です。

「稀人舎さんですか?」

と、声をかけてもらえたら喜びます。
でも、本屋さんの人が声をかけてくれたときは、
それはうちの本を平置きしてくれるために声をかけてくれたものと
思いますので、そのつもりでお願いしますっっ!

い、いや、冗談です。
平置きしてくれなくともいいですから、声をかけてほしいです。
誰か現場の人と、本を売る話を普通にしたいんです。

普通に

本屋と版元という関係はとりあえずおいといて。
だって、春に書店まわりをしたときは、
なんていうか、
「本屋と版元」って「王様と奴隷」の関係みたいだったんだもん。
ああ、いや、この見解には営業がうまくいかなかった僻みが9割がた入ってますがね……
でもね……
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
コバルト文庫の新刊情報や作品の感想など辛口レビューもたまにはいれてコバルト文庫好きのかたと一緒に楽しむブログです。
2006/12/16(Sat) 21:27:09 |  コバルト文庫と一緒に暮らそう