上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のエントリで書いた
とあるサイトの記事「アマゾンe託本を考える」のことですが、
なんというか……
その記事を読めば読むほど、
そのサイトの他の部分を見れば見るほど、

これは、関わらない方がいいのかも……?

という気持ちが湧いてきてしまってですね、

もう、ほっとこう!

と、夕べ、布団の中で決心した私だったのですが、
今日、なんと、そのサイトの「相互リンク担当」という方から
メールをいただいちゃいまして、
相互リンクをお願いされてしまいました……

えーと、相互リンクをお願いしているということは、
そのサイトを世に広めようとしている、ということと判断しまして、
ここにリンク貼ることにしました。

↓そのサイトのホームページ
book mobile

で、↓ここが私が問題にしている特集記事のページ
アマゾンe託本について考える

前回のエントリで、私はその内容について、

アマゾンのe託販売サービスを利用した場合の
条件や手順と利益計算がこまかく解説されている。
それはいいのですよ。
とてもわかりやすいし、親切だと思う。


と、とりあえず認めるようなことを書きましたが、
よくよく読んでみると、その解説は間違いだらけです。

まず、ISBNコードとJANコードの解説が中途半端で、
ものすごく誤解を招きそうです。
それと、参加者へ支払われる額は本の価格の6割なのに、
その下で丁寧に式まで立てて計算しているところでは、
1000円の価格の本の場合の利益は400円としています。
また、年会費が9000円かかる、という部分でも、
あたかも、1冊の本を売るのに年間9000円かかるかのような
書き方、計算がされていますが、
実際は年会費を支払えば、参加者は何冊でもアマゾンに登録できます。
まあ、この部分は、自費出版の場合、個人で何冊も登録することはない
ということを踏まえてのことのようですが。
さらに、続くマーケットプレイスに出品して売れた場合の計算式は、
どこがどう…と一口には言えないくらい違っています。

もし、ここを読んでいる方で、
アマゾンのe託販売やマーケットプレイスのことを知りたいと
思っていらっしゃる方がいたら、
上のサイトの記事は決して参考にしないでください。
アマゾンのサイトをご自分でよーくお読みになってください。


e託販売サービスについてはこちら→「Amazon e託販売サービス(TM)」
マーケットプレイスはこちら→「マーケットプレイスについて」


まあ……
個人のブログやHPでしたらね、なにを書こうが間違ってようが、
私のことを揶揄しようが自由だとは思いますが、
ここは、一応「オンデマンド印刷を請け負う」という商売をするサイト、
ということのようなんですよ。
ちょっと、うーーーん……
ますます関わりたくない感が増してきてしまいました。
まあ関わらなきゃいいんですが、
「稀人舎」HPは、基本的に相互リンクおっけーとしているので、
(ああ…こういうことがあるとなると、HPのその箇所も変えないといけないなあ…)
「相互リンクはできません」と、なにかしら理由を言って
断らないといけない……
断るとすれば、
「うちではそっちで批判しているe託販売サービスを利用しています。
 批判されているところと相互リンクてのはいかがなものでしょう…?」

てなことになると思うんだけど、でも、
その結果、この特集記事が書き換えられたり削除されたりするとなると、
それはちょっと、なんか違う気がするんですよ。
アマゾンのe託販売サービスに対してこういう風に考えている人がいる
っていうのは、現時点で事実なわけだから、
できれば、ここからなんらかの意見交換や議論が
発展していってほしいな、と。

いや、ほんと。

なんでみんな(ていうか出版業界の人)、e託販売サービスに冷たいのか、
実はこの業界ではやっちゃいけないことなのか、
それはなんでか……

ということを私は本気で知りたいんですよ。
で、私がいいと思っているところと、
他の方々がダメだと思っているところを
公平に見て、判断したいと思うんですよ。

まあ要するに、このサイトの人の言っていることについて、
他の方々のご意見が聞きたいってことなんですけどね。
私は、「なんでこんなにe託販売のことを否定的に考えるんだろう?」
と疑問なんです。
その疑問に、誰かに答えてほしいってことです。


うーーん、このbook mobileという団体(?)については、
ちょっと関わりのあるところに心当たりがあるので、
そっちに先に問い合わせてみようかと、
今検討中でございますです。後日報告します。


先にここをご覧になった方には申し訳ないんですが、
言い回し程度ですが、ちょこちょこ書き直しました。
今、23日21時55分です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
見ましたよ
「アマゾンe託本を考える」読みました。
マーケットプレイスのところは、完璧にまちがってるんじゃないですか?
たぶんこの人はかなり算数か文章読解力が弱いのだと思います。
2006/12/25(Mon) 10:16 | URL  | Hisa #WfVGvEKA[ 編集]
Hisaさん
計算違いはともかく、その記事の中で、年会費に対して「恐怖」とか「きゅーーせんえん」とかいう書き方をしているのが気になるのです。
なんでそんなに年会費9000円を目の敵にするのでしょうか。確かに安くはないですが、この値段というのは、そんなに出版業界では法外なものなんでしょうか。
以前、私が直接お会いしてお話した出版社の方もe託販売のことを話すと、「年会費がね~」というふうに言ってました。
うーーん…
2006/12/25(Mon) 12:47 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/25(Mon) 13:08 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アマゾンで通販を楽しむ・・・。ネットでのお買い物が一般化した現在ではアマゾンは自分の好みの本、DVD、音楽、ゲームなどを探すとっても便利なものです^^アマゾンを使って楽しい通販生活を送りましょう!では、『アマゾンでワクワク通販生活』をちょっぴりのぞいてみ
2006/12/24(Sun) 03:49:58 |  アマゾンでワクワク通販生活!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。