上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『未入籍別居婚』が、久々に売れました。
アマゾンでは4冊目、ということになりますね。
ここをご覧になっている方がご注文くださったのでしょうか。

ありがとうございます。

いや、あのね。
以前のエントリで触れたよそのサイトで書かれたように、
自慢してるわけじゃないですよ。
(まあ、そのサイトで言っているのが私のことだとしてってことですが。
でも、どう考えても私のことだ……)

4冊で自慢になんかなりませんよ。
でもね、このブログは「稀人舎」の活動記録でもありますから、
こんな規模で、こんなやり方で、こんな風に本が売れている…
ということを書いておくのは、
記録という点で意味があるんじゃないかと思っているわけです。
これから同じように出版活動をしようって人(いるのか?そんな人)にも
参考になるかも、って気持ちも。
こんなに売れないんなら、別の方法にしようって考えるかもしれませんけどね。
そういう意味でも有益かなーなんて。

でね。
アマゾンで売れるとランキングが上がるわけですが、
ここ3ヶ月売れなかった間、『未入籍別居婚』のランキングは、
ずんどこ下がり続けまして、580,000位くらいだったのですよ。
それが、おととい久しぶりに1冊売れたら、いきなり20,000位に。
まあ、またずんずん下がって、今は80.000位くらいになってるんですが、
でも、このことから考えるってーと、
だいたいアマゾンで20,000位以下のランキングの本てのは、
3ヶ月に1冊くらいのペースでしか売れない本ってことなんですよね。
で、580,000位以下のは、それ以下のペース、と。
アマゾンに登録されている書籍って、全部で200万タイトル、でしたっけ?
ほんとーに、ロングテールだよなあ……
と感慨を新たにしたことでありましたよ。



追記で訂正
アマゾンのランキングについてご指摘受けました。
ありがとうございます。
ランキング20,000位の本が3ヶ月に1冊ってことはないだろう
とのことでしたが……
えーと、20,000位というのは注文された時の瞬間風速的な順位ですから、
その瞬間に注文された本でもっと頻繁に売れているものが
20,000冊あったってこと(?)なんだと思います。
なので、売れたあとにまた注文がなければ、
あとから注文のあった本がどんどん抜かしていくわけですから、
ずんずんランキングは下がっていくってことです。
それはもう、1時間ごとに1万くらい下がります。
で、また注文があると、
またそのときのほかの注文数との兼ね合いでランクが上がる…と。
なので、
20,000位の本が3ヶ月に1冊しか売れないってことじゃないんですね。
間違ってました。ごめんなさい。

アマゾンでは常にそれくらいの注文があるってことでしょうか。すげー
まあ、ランキングをはじき出しているアルゴリズムがどんなもんなのか、
私にはわからないので、推測に過ぎないのですけど。
そんでもって注文のない間にずんずん下がって、
『未入籍別居婚』が今回注文される直前の
580,000位のあたりってのが、3ヶ月に1冊の本たち
ってことになるんでしょうかね。
また違ってるかな…?




あ、念のため申し上げておきますが、
『未入籍別居婚』は、全部で4冊しか売れてないわけじゃないですからね。

アマゾンで売れたのが4冊

ってことです。
「稀人舎」HPからご注文くださる方も結構いて、
そっちではもっと売れています。
あと、著者の月澤さんもあちこちに宣伝と直販に出向いていて、
手売りでも売っています。
まあ、まだまだではありますが、4冊だけってことはありません。
いくらなんでも……
関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/12(Fri) 21:59 |   |  #[ 編集]
おお!アマゾンで売れたんですね!

って、のんきな著者デス。

初売りってっことですね?
いやぁ、めでたいめでたい。

なぁんて単純に喜んでると、またどっかの誰かが
「たったの4冊で喜んでる」などどツッコミを入れるかもしれませんが、こんなに宣伝量が少ないのに売れてるんですよ?

と逆にツッコミ入れさせてもらいます。

どういうルートで「未入籍別居婚」を知り、どんな人が購入したんだろうって、結構気になります。
2007/01/13(Sat) 01:21 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
やっぱ、「マレビトの引き出し」から、稀人舎のHPをいろいろ見て、「未入籍別居婚」を知って購入されたのでしょうか?

でも、そのルートだとHPから購入するのでは?いや、でも、普段アマゾンを利用しなれてたら、アマゾンのほうが手軽に感じたのかも。

いずれにせよ、宣伝量は一般の店頭に置かれている書籍よりは少ないとはいえ、ゆうさんがいろいろ頑張ってくれているおかげだと思います。

いつも感謝しています。
ゆうさん、ありがとう!

それと、今年最初の初買いしてくれた方、どうもありがとうございます。

きっといい年になりますよ!(予言?!)
2007/01/13(Sat) 01:29 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
「マレビトの引き出し」は…
まださほどアクセスがないので、どっちかと言ったら、このブログの方でしょうね。
あと、Googleのアドワーズ(キーワード広告)からHPに来る人も結構いるみたいなので、それかも。
だって、キーワード広告には「書籍を販売してます」ってちゃんと書いてあるわけで、それをクリックしてアクセスしてくるっていうことは、
「本、面白そうだったら買おうかな~」って思ってアクセスしてるってことだと思うしね。
宣伝って言ったら、今のところそれくらいだけど、今年はもうちょっといろいろ露出できたらいいねー
「ぼくちゅう」でもなにか動きがありそうだし、いい年にしようね!
2007/01/13(Sat) 11:38 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/21(Sun) 23:09 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。