今日の夕飯は、年に一度のどんがら汁でした。
鶴岡の実家から鱈のどんがらを送ってもらって、
家族でいただきました。
うーん、お腹いっぱい。

今年の冬は暖かくてあまり鱈が獲れないとか。
送ってもらった鱈も半身分だったんですが、
いつもよりもちょっと小さかったような気がしました。

でも、こういうのは「もうちょっと食べたいよう~」
とかいうところでなくなるのがいいってもんで。
特にどんがらはくどいからね。
調子に乗ってあんまり食べ過ぎると、
「もう二度と食べたくない」ってことになりかねない。

一緒に送ってもらったあさつき(野菜)と
エゴ(海草で作った寒天みたいなの)もおいしゅうございました。

ごちそうさま。

あ、今年は写真撮らなかったので、
どんなのかは去年の記事を見てくだされ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。去年の見ましたが美味しそうです。私も鱈が好きで、鍋には必ず入れるんですが、最近高い気がします。やっぱり取れないからなんですね~。
2007/01/28(Sun) 18:27 | URL  | homy #-[ 編集]
homyさん、こんにちは
寒鱈は、寒ければ寒いほど身体に脂肪を蓄えて大きくなっておいしくなるそうですし、餌をもとめて海岸近くに寄ってくるものなのだそうです。
なので、今年の暖冬ではやっぱり漁獲量は減ってるんじゃないでしょうか。
このまま減り続ける、なんてことがないといいんですけどね。
来年に期待、です。
2007/01/28(Sun) 19:10 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
e-教材やっと発進しました
ゆうさんのところで、宣伝行為にならないようにブログの記事URL荷しておきました。

商材という、言い方も実際ゴミのようなPDFも多く市民権をなかなか得られないノウハウの電子ブックですが・・・

ゆうさんの取り組みと、ネットが始まった頃にあった個人ショップをおもいだしながら、書店までいかなくても、立ち読みできるような方法を考えてみました。

かつ、ユーザー専用サイトでミニ講座などがあり、結局教材という形が一番ですね。

でもいつか、書籍として草稿してみます。笑

カタログという考え方と立ち読みならぬ、中見は参考になるかも、是非みてくださいね。
http://i2k.blog27.fc2.com/blog-entry-245.html
2007/01/29(Mon) 21:59 | URL  | 短期に10万アクセス aloha1 #-[ 編集]
ネットでのノウハウの教材なら電子ブックという形でも抵抗は少ないと思います。立ち読みができる、というのも、買う側からすれば安心感が得られるのでいいですね。
今はオンデマンド印刷で、注文を受けた分だけ印刷するという方法もあります。普通の書籍より割高になりますが、ある程度の値段をつけられるものならそういう形の書籍でもいけるんじゃないでしょうか。
2007/01/29(Mon) 22:39 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック