もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1) もやしもん 2―TALES OF AGRICULTURE (2)

「もやしもん」1、2巻 読みました。今さらですが。
おもしれ~~っすよー。
以前から話題になっていたのは知っていたんですが、
私ってば、これの内容を誤解してまして、
キャラ化した菌たちが主人公の、まあ言ってしまえば
癒し系キャラ漫画だと思ってて、手に取ることもしてなかったんですよ。
それが、先日、新聞だったと思うんだけど(記憶があいまい…)
「なぜか菌が見える特殊能力を持った主人公が
 農大に入っていろいろ経験する話」
というあらすじを知りまして、
なんだ、人間が主人公の話なら読んでみようかいな、と。
(この辺で私が本になにを求めているのかうっすらとわかる気がしますな……)
ちょっと絵が青年誌系で、ごちゃごちゃしてて、
好き好きかもしれませんが、
菌キャラたちはかわいいし、女の子も私好みにかわいくて、
私は好きです。

それより、話がね、やっぱおもしろい。
農大の菌類研究室の話だから、
先生のうんちく話もためになっていいんだけど、
学生たちの日常生活がリアルで。

最近、こういう大学生の話が多い気がするんですが、
そんなことない?
今はパリ編になっちゃったけど「のだめ」も、最初はそうだったし、
「ハチクロ」も、美大の学生たちの話だし、
まだ読んでないけど「げんしけん」も、大学のサークルの話だよね?

これらの大学の話って、どれもちゃんとリアルで
自分が学生だったころのことを思い出して懐かしさ爆発なんだけど、
今の子たちも、こんな学生生活送ってんでしょうかね?

アホなことばっかりして、酒ばっか飲んで、
今でも思い出すと頭抱えて部屋中ゴロゴロしたくなるような
失敗もいっぱいして、だけど、友達や先輩たちといつも一緒で、
(クサい台詞だけど)夢や希望は持ちきれないほどあって。
そして、その夢や希望は、中学や高校のころよりは
現実味を帯びて手の届きそうなところにあったり、
もう手に入れた人が身近にいたり、
世間には認められてなくとも、ある分野ではすげー人がいたり……

無茶苦茶で汚くて不健康で貧乏でそれでも熱い…みたいな。

なんか、こんなのって、
今のおしゃれな若い子には似合わないような気がするんですが、
私が学生だった二十五年前(うひー)にも、
おしゃれな人たちは全然違う生活をしてたみたいだから、
今もおしゃれな学生たちの陰(?)には、
汚い(?)学生たちもちゃんといるんでしょうかね?
それとも、この「もやしもん」みたいなのは、
われわれ年寄りのノスタルジー狙ったもんなんですか?


まだこの「もやしもん」は1、2巻しか読んでないんですが、
3、4巻も買うことでしょう。

てかね。
ホントは1~4巻まとめて買っちゃいたかったんですよっ!
でも、近所の本屋には1、2巻しかなかったんです。
それも各1部ずつ。
首都圏ではそれなりに展開しているチェーン店が2店もあるんですが、
片方には2巻しかありませんでした。
もう片方には1、2巻が各1部だけ……

あのね。
私はつい1週間くらい前に新聞で「もやしもん」のことを読んで、
そんじゃあ買ってみようかなあって、本屋に行ったんですよっ
それが、そんな状態……
まあ、小さい記事の中で書名とあらすじが
紹介されていただけだったけどね。
しかーし!
一緒に買おうと思って行った「極道の食卓 1 」もなかった……
こっちはついこの間の日曜日の朝日新聞の書評欄に
表紙の写真つきで紹介されていたのに、ですよっ!

あの~
これは、どうゆうことなんですかね?
欲しい本が決まってるんならアマゾンで注文しろよ、と
こういうことと思っていいんでしょうか。
そんなことでいいんですかね?
新刊本が多すぎるとか売り出すものは決まってるとか
書評だっていっぱいあるんだからいちいちチェックしてられないとか
とかとか!
本屋さんにもいろいろ言い分はあると思いますが、
このところ、本屋に行ってもあまりにも欲しい本がなくて、
なんだかがっくり帰ってくることが多い気がするんですよ。

ネットで本を売ろうとあれこれやっている私ですが、
私自身は(こんなことを言っちゃあなんですが)本屋で本を買うのが好きです。
店頭で手にとって「あ、これ読みたい!」と思い、
レジに持っていって、お金を払い、
電車の中ですぐに読みたい。家に帰ってすぐ読みたい。
それなのに、買いたい本が本屋にない……
新刊情報やあちこちの書評を見ると、
読みたい本はいっぱいあるのに、
それらは私がいつも行く本屋さんにはない。
本屋さんには、あんなにいっぱい本があるのに、なぜ??
謎です。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
もやしもん『もやしもん』は、2004年8月よりイブニングに連載されている石川雅之の漫画作品。菌類|菌・ウイルスと農業大学生活をテーマとしている。英語表記では「TALES OF AGRICULTURE」(農業物語)。2007年6月22日発売の5巻が最新。2007年10月にフジテレビのノイタミナ...
2007/10/13(Sat) 11:56:07 |  りなの日記