大矢ちきって漫画家を知ってますか?
私はこの人の漫画が昔から好きで好きで、
「おじゃまさんリュリュ」っつうコミックスは、
たぶん、自分で買った最初のコミックスだと思います。
ぼろぼろの初版本がまだ手元にあります。(1975年発行)

が!

「おじゃまさんリュリュ」の他の本も欲しいと思いながら、
なにせ小遣いの少ない子供のこと、
うかうかしているうちにすべて絶版になっちまいました……
ときおり他の作品のことも思い出しては
「復刊とかしないかなあ…」と思い続けて早三十数年(!)

なんと!

数日前、本屋に行ったら、
おじゃまさんリュリュ」が文庫版で出てました!

うわーーーん! うれしいいいい!

買いましたよ!買いましたとも!即!!
しかも、表題作の他に4つの短編入り!

この方は今ではイラストレータとして活躍しているようですが、
少女漫画家として活躍したのはごく短い間で、
作品数もあまり多くありません。
あと2冊もあれば、すべての作品を収録できると思うんですが、
どうなんですかね?
他の作品も文庫化、しませんかね?

特に私は少女漫画誌「りぼん」に載っていた
「雪割草」ってのがとてーも印象に残っていて、
ぜひともまた読みたいんですが、文庫になりませんかね?


ああ、しかし。
「素戔鳴流離譚」(すさのおりゅうりたん)の続きも、
そろそろ書かないといけないのだけど、
なかなか書き始められない……
うーーーん…困った。

で、とりあえず、書かなきゃという気持ちは横に置いておいて、
思いっきり読書三昧してみることに。
要するに、ちょっとこのところ、
アウトプット作業が続いたので、
脳みそが、単純なインプット作業
望んでいるんじゃないかと思いまして、
ジャブジャブにいろんなものを流し込んでいるんですが、
そろそろアウトプットしたいなあって気にならないもんですかね?

え?
ああ、私の脳みその都合なので、
私がコントロールすればいいんですけどね。
それが思い通りにできたらどんな創作活動も苦労はないわけで……

まあ、あれだ。
要するに言い訳です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック