上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「稀人舎」HP「書店様へ」というコーナーを追加しました。
まあ、今までなかったのがアホだったんですが、
仮に書店様が「稀人舎」HPを見てくれて、
ちょっとでも「この本販売するのって、どうすれば……」と思っても、
今までは、メールや電話で問い合わせてもらうしかなかったわけです。
「扱いたい」と思ったら問い合わせてくれるだろう~
と、今までは軽く考えていたんですが、

それじゃあ、殿様商売だろうっっ!

ということにやっとこさ気が付きましてですね。今さらですが。
「書店様へ」コーナーを作りました。

書店さんは、日々さまざまな出版社から
リアルの営業や、FAX攻撃や、その他いろいろ
考えられる限りの方法でもって、
たーくさんの書籍の売込みをされているわけです。
1日に200冊の新刊本が出ている昨今ですからね。
書店に送られてくるFAXをさばくだけでも大変らしいです。
そんな状況なのに、たまたま見たHPの本に興味を持ったとしても、
どうすれば販売できるのか、問い合わせないとわからないなんて
出版社のものなんて、やってられっか、って感じだよなあ、と、
やっと気づきました。

本やチラシを抱えての書店営業という苦労を、
今のところサボっている私ですが、
HPを見てくれた書店さんくらいには消極的ではありますが、
営業になるのかな、と。

まあ、興味を持ってHPを見てくれる書店さんがあるとしての話ですが。

見てくれーーっ

で、ですね。
その「書店様へ」コーナーで、ちょっと他ではやってない、
販売方法を提案してみました。

名付けて、

「1週間お試し平積み販売委託」!

以下、HPより引用

東京23区内の書店様限定。
1週間だけ10部を平積みで委託販売していただくシステムです。
弊社の者がお届け、お引き取りにうかがうため、東京23区内の書店様に限らせていただきます。
ご連絡いただけましたら、日時を決めて弊社の者が店頭まで書籍をお持ちいたします。

納入日、もしくは翌日から平台にて販売していただき、1週間後(お届けしたのが月曜日なら翌週の火曜日)に、弊社よりご連絡後、指定の時間に商品の引き取り、精算をしにうかがいます。
その際に、売れた分を、その場でお支払いいただけましたら精算し、また、貴店の規則などで支払日が決まっている場合には、請求書と金額を記入した郵便振替用紙をお渡ししますので、翌月末までにご入金ください。
卸正味は70%です。
売れ残った分は、その場でお引き取りし、持ち帰ります。もし、継続して平積みしていただけるようでしたら、また1週間後にご連絡後、精算、引き取りにうかがいます。
また、少部数を棚差しで置いていただける場合には、精算の際に買い取っていただけましたらありがたく存じます。(条件によっては、相談に応じさせていただきます)



うちみたいな無名の出版社の、特に宣伝もしていない書籍を
仮に書店様の棚に置いてもらったとしても、
1~2冊を棚差しされていても、誰の眼にもとまりません。たぶん。

1週間でいいですから目立つところに平積みしていただいてですね、

売れるか売れないか、お試ししていただくわけにはいかないか、
という、そんなご提案なわけです。
もしそれで売れたら、その実績で他の書店さんにも売り込めます。
「○○書店さんで、○○部1週間で売れました!」とか、
それこそFAXであちこちに流したりもできます。
そんなにびっくりするほど売れなくとも、
こういう売り場に置いてもらったときは0部だったけど、
こっちのジャンルだったら3部売れた、とかの統計も取れます。
そんなことも書店さんに売り込む時のセールストークになります。

この方法は、やってくれる書店さんまで私が本を担いで納品に行き、
1週間後にはまた私が請求書と必要ならば郵便振替用紙を持って、
書店さんまでうかがい、清算、本の引き取りをします。
その関係上、東京23区内の書店さんに限らせていただきますが、
でも、書店さんでは荷解き、伝票起こし、荷造りなどの
手間が省けるのではないでしょうか。

その代わりに、平積み……
ダメっすかね??


なにか、また私の知らない、見落としているダメ要素がありますかね?
必要とあらば、手書きポップもこちらで用意しますですよ。

もし、興味を持たれた書店さんがいらっしゃったら、
ご連絡くださいーーー!

連絡先はこちらから↓
稀人舎「書店様へ」コーナー

注意!
「稀人舎」に初めてメールをくださるときには【稀人舎宛て】
必ず必ずメールの件名に入れてください。
山のように来るスパムメールから振り分けるためです。
そうでないと、スパムメールと一緒に開けもせずにゴミ箱へ、
という悲しんでも悲しみ切れないことになってしまいます。
お手数をおかけしてまことに申し訳ないんですが、
お互いのためと思って何卒よろしくご協力のほどお願い申し上げます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
一週間ですか?

思い切って、一ヶ月お試しのほうが良くないですか?

そんでもってお手製のPOPアップカードとかつけちゃって。

ダメかなぁ?
2007/03/19(Mon) 02:01 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
1ヶ月は長い…
普通に取次が配本している書籍でも、1ヶ月平積みしているのってよほどのヒット本だよ。
「1ヶ月でお願いします」なんて言ったら置いてもらえないんじゃないかなあ。
「とりあえず、1週間でいいです」と言えば、「1週間ならなんとかなるかな?」と思ってくれる書店さんも出てくるかな、と。
とりあえず1週間置いてもらって、それで書店さんがもうちょっと置いてもいいかな、と思ってくれたらめっけもん、くらいの気持ちなんだけど。
2007/03/19(Mon) 09:02 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
それと
1ヶ月書店に置いてもらうと、本が傷むんだよね。
販売委託という形で返品ありだと、それだけ売り物にならない本が増えちゃって後々大変かな、という気もするんだよ。
なので、常備してくれるという書店さんには「買取方式」で、返品はなし、でお願いしようと思うんだけど。まあそれだと、あまり注文は見込めないと思うんで、この「お試し平積み」を考えてみたんだ。
2007/03/19(Mon) 09:08 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
なるほど。
他のところで、1ヶ月お試しの話を聞いたから、そのほうがいいかと思ったけど、そうなんですね。

平積みされるとやっぱり傷みやすいですもんね。。。

2007/03/19(Mon) 10:29 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
書店さん次第だけどね
結局は書店さん次第なんだけどね。
「1週間じゃわからないから、1ヶ月は置きましょう」と言ってくれるところがあれば、願ったりかなったりでもあるんだけど。多少本が傷んでも。

だから「条件次第で応相談」と一文を添えてみたのさ。

零細出版社としては、「書店様は神様」だからなあ。「様」を百個くらいつけても足りない気がするよ……まずは置いてもらわないことには話にならない。
2007/03/19(Mon) 13:10 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
こんばんわ
こんばんわ~

最近、海外からのコメントスパムがまたくるようになって困っているaloha1です。笑

ブログ検索では・・
山形県 鶴岡市の検索で、5100件
山形だけだと、74000件

未入籍だと、260件 別居婚で350件くらいですね。

これを見ると、「飲んだくれてふる里」は売れる可能性ありなんですよね。

以上は、ブログの検索です。
ブログの利点を活かす方法はいくらでもあるのですが、それには、書籍ごろの、レターブログが必要かもしれませんね。

たとえば、このようなツール、無料です。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060329/n0603291.html

上手く使うとかなり強力な販促ツールになります。

すなわち、どのような業や仕事でも、露出度がすべてになりますよね。

最近実感してます。^^;


2007/03/21(Wed) 00:08 | URL  | 短期に10万アクセス aloha1 #-[ 編集]
aloha1さん、こんにちは
> これを見ると、「飲んだくれてふる里」は売れる可能性ありなんですよね。
そそそ、そうですかー……
RSS……勉強しないとダメですかね。超苦手っぽいんですが。(笑)
露出度は、ホント大切です。どこにどういうカタチで露出するか、も大切だと思います。

で、それがなかなか……
2007/03/21(Wed) 10:34 | URL  | 「稀人舎」ゆう #RQvCtvRo[ 編集]
トラバ、ダブっちゃってごめんなさい。
平積み目指してアクション気分満開ですね!応援してますので、ぜひ成功させてください!大阪での書店営業経験では、繁華街の大型書店より、ちょっと郊外型SCの書店のほうが、ポップをたてての平積みに理解を示してくださるような気がいたします。

タイトル確定前にうっかりトラックバック送っちゃって2つも出てます。ごめんなさい。閑話休題のほう、削除していただけますか?
2007/03/21(Wed) 23:58 | URL  | hanarezashiki #-[ 編集]
hanarezashikiさん、こんにちはー
いや~~hanarezashikiさんのがんばりは、ホントすごいなーといつもブログを読ませていただいてます。
「1週間お試し平積み販売委託」も実はhanarezashikiさんのブログを読んで、やってみよう!という気になったんですよ。
もはやこちらのほうが後輩です。
今後ともよろしくお願いしますです~

トラックバック、1つ削除しときました。
2007/03/22(Thu) 08:56 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
参考になるかわかりませんが・・・
こんにちは、。

参考になるかどうかわかりませんが・・・。

うちは、地元でメジャーな書店さん4軒に直接売り込みをかけました。
やはり自分の目で確かめて「ここなら大丈夫」というところに置いてもらうのがBESTかな、と。
やり方としては、
最初に各店仕入担当の方に電話して
「お話だけでも聞いて下さいませ」とアポを取り、
その後チラシ(自作)をFAXで送り、
もう一度電話して内容の説明をしました。
そうしてお伺いしたら、
各店10冊ずつ置いていただけて、
平積みもしていただいてます。

うちは初版500冊しか刷ってないので、
いろんなお店に配本できないんで・・・。

あとはAmazonで対応しています。

ゆうさん、がんばって下さいね。
2007/03/22(Thu) 09:18 | URL  | Hisa #-[ 編集]
Hisaさん、こんにちは
いつもありがとうございます。

地元っていうのは強みですね。東京はちょっととらえどころがないっていうか、地元意識ってないですからね。難しいです。
そんなことも言ってられないんでしょうが……
2007/03/22(Thu) 10:17 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
3月21日(水)でーす!このブログを始めたときにもご紹介した、ひとり出版社の稀人舎のゆうさんのブログで、「一週間平積みお試し販売委託」というのをはじめました!っていうのを読みました!やってる、やってる! 稀人舎さんは先輩ですが、いろんな人たちが同じように頑
2007/03/21(Wed) 23:47:34 |  離れ座敷のひとりごと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。