これは、私の本業であるデザイン業での話で、
「稀人舎」とは直接関係のないことなんですけどね、
なんとも、こう~、困ってて、どっかに吐き出したい気持ちなんで、
ちょっとここに書いておきますよ。


一言で言うと、

仕事をした分のお金を払ってもらえない、のですよ。

えーん。

もう十年以上も仕事でお付き合いのあった会社なんですけどね。
数年前からどーも金払いがスムーズじゃないなあ、
とは思っていたんです、薄々。
でもまあ、遅れ遅れでもそれまでは
どうにか請求分は払ってくれてたし、
十年以上のお付き合いの信頼関係もあったので、
ひやひやしながらもお仕事は請けてたわけですよ。
それが、去年になって、急激にいろんなことが悪化!
支払いの遅れだけじゃなく、仕事の連絡とか、
そういうこともぐだぐだに……
で、いろいろあった挙句に、
私はついに言ってしまったのですよ。

「あんたんとこはもう信用できないから、もう仕事しなーい」

あ、実際はちゃんとオトナ語ですよ。

そしたらね。
それまでやった仕事の分のお金を支払ってくれなくなりました。
当然連絡もなし。
なんだかなあ……
未払いの額は、いわゆる少額訴訟の範囲内だし、
そのくらいのお金のために労力を使うくらいなら、
別の仕事した方がまし、ってもんなんですが、
なんというか、こう~~
気持ちが収まらないっていうかね。
極端に言えば、
お金は払ってくれなくてもいいから、
ギャフンと言わせてやりたい
っていう、
そんな気持ちで、ここんとこずっとモヤモヤしとるわけですよ。

とりあえず、請求書は毎月送り続けようと思ってます。

でもなあ~
そこの会社とは十年以上も同じ仕事で関わってきたせいで、
いろんなことが信用取引というか、口約束みたいなもんで、
きちんと書面で取り交わしてはいないんですよ……
まさか、こんなことになるとは思ってなかったしさ。
こっちも相手を信用していろんなことを
いい加減にやっていたりして、
仮に少額訴訟とかを起こしたとして、
書類の不備とかから、重箱の隅を突かれたら、
どうにもできなくなったりするんじゃないだろうか……
まあ、その辺は実際にそうなったときに
専門家に任せるしかないんだろうけどね。
そんな、面倒なことになる前に、
お金を払ってくれるか、どうかして解決してほしいものですよ。

とりあえず、近いうちに法律関係の知り合いに相談しにいくか……
持つべきものは友達じゃよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
それは、困りましたね。

そこ、もう潰れるのでは?

金額的なことはわかりませんが、納得がいくまで話し合いをしたほうがいいと思います。

ギャフンと言わせたい気持ちはわかりますが、10年以上もお付き合いのあったところなら、ケンカ別れみたいじゃなく、解決してほしいな。

お金が返ってこなくてもいいくらいの気持ちがあるのなら、相手の気持ちになって
「経営が大変だというのなら差し支えのない範囲で状況を説明してくれれば、支払いを待つなり、ホントに苦しいようなら、請求をしないことも考えますので・・・」
という風に言ってみたらどうかな?

そう言ってくれる相手を騙したり、裏切ったりは、そうそうできないと思うよ。

「北風と太陽」の「太陽」のように。
2007/05/24(Thu) 10:07 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
「太陽」政策は去年の段階でさんざんやったんです。
その挙句のこの状態なわけで……
私も好きこのんでケンカはしたくないですよー
先方の経営状態はもう、のべ十時間くらいに渡って聞かされました。いつ潰れてもおかしくないみたい。なので私もいろいろと歩み寄ってみたつもりなんですけどね。
ただまあ、ボランティアで仕事やってるわけじゃないんで、「請求しません」はやっぱり言えないなあ。「期限は問いません」は言ったけど…

うーーん……

>そう言ってくれる相手を騙したり、裏切ったりは、そうそうできないと思うよ。
私もそう思ってたんですが、今回ばかりは、なんだか相手の悪意を感じたり。
2007/05/24(Thu) 11:48 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
UU;
もう、むっちゃ昔(バブル前)のことになりましたが、契約書関係の不備で、黒字倒産したソフトハウスにいた経験がありますよ。

今の時代なら書士を交えて契約するくらいの額・・だったそう。

でも、あの時代って今で言うIT企業の黒字倒産が結構があったんですよ。

はぁ・・

それにしても、こちらでも業績のいい会社がある反面、空きテナントだらけだったり・・・どこかおかしい状況ですね。

携帯周辺の業種は華やかだったりしますが、案外それが現存業種を圧迫しているのかもしれませんねぇ。

昨日のWBSでは携帯小説の話をやってましたが、女性のバックが小さくなって、本を入れなくなったので携帯小説が売れているのだとか・・

携帯小説って、ひらがな率が高いらしいとか・・

ううむ・・
2007/05/24(Thu) 23:10 | URL  | 短期に10万アクセス aloha1 #-[ 編集]
ううむ
なるほどね。
そこまで悪質な相手なら、思う存分、闘ってください。

経過と結果教えてくださいね。

ところで、ケータイ小説をヒントに稀人舎でも何かできないでしょうかね?

と、ちょっと思いました。

女性のバッグが小さくなったことと、本を読まないことは別だと思いますよ。

それにそんなにバッグが小さくなったとも思えないし。

確かにテレビではそんなこと言ってましたが、文庫本なんて小さいじゃない。

若い女性が本を読まないことの言い訳に聞こえたな。バッグが小さい云々ってのは。

電車内では本を読むより、ケータイでゲームしたり、メールしたり、ネット見たりする頻度が高くなったから、いままで暇つぶしに読んでた本を読まなくなっただけであって、バッグの大きさとは関係ないのがホントのところだと思う。

ケータイを使う延長線で、ケータイ小説が読まれやすくなったんじゃないかな?
2007/05/25(Fri) 09:59 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
携帯の
個人的には、メール以外には、とても携帯で文章を読めないのですが・・

文章というよりも、僅かな言葉でも補うイラストとか写真(写メ)をつかった、ビジュアル小説はいかがでしょうか。

ゲームには、ビジュアルノベルというジャンルがあるように、若い方なら違和感無く入れるのでしょう。

ただ・・

たとえば「あでやか」という短い言葉にあう写真などは面倒ではありますけれど。
v-27
2007/05/25(Fri) 14:40 | URL  | 短期に~のaloha1 #-[ 編集]
>月澤さん
いや、あんまり闘いたくはないんだけどね……
もし少額訴訟とかで闘うことになったら、その経緯を本にしちゃおうか…なんて考えてもいたり(転んでも只では起きない)

>aloha1さん
いや、その会社は多分立派な赤字だと思います。(社長の言葉を信じれば、ですけどね)


携帯ですかーー……
いやその、携帯コンテンツを利用したらいいんだろうなーと常々考えてはいるんですが、実は私自身が携帯を使っていないこともあって(私のはPHSなんです)、どーも苦手というか、よくわからない、というか……

今はやっぱりメルマガか。
うーーん、勉強しなければ。
2007/05/25(Fri) 20:34 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック