昨日の日曜日に、無事Bフレッツの工事も終わり、
こうしてめでたく光の速度で(?)
ブログ更新もできているわけですが、

おとといまで、問題なくつながっていた
無線LANが、光回線にして、
あれこれつなぎかえたら、
認識しなくなりましたよ…えーん。

まあ、Bフレッツの端末は仕事場に引き込んで、
モデム(?)は、私のMacProちゃんの隣に
鎮座ましましているので、
こっちは最初から有線でつなぐつもりだったし、
それは無問題なんですけど。

ここから、こないだ買った無線LANの親機をつないでですね、
上の階に置いた家族用のWindows機に、
飛ばそうと思ったのに……
なんか、親機と子機の認識が
うまくできなくなっちまいました。
うーーーん……
なにが悪いのか、さっぱりわからん。

試しに明日、USBに挿すタイプの子機を
買ってきて試してみようかと思ってます。
でも、なんかそういう問題じゃないような、
そんな予感。

でも、ま。
無線LANは家族用なので、
私の新仕事場としては、
光回線が開通して、あちこち片付いて、
どうにか始動!って感じです。
相変わらずヨロヨロだけどさ。
いろんな手続きもほぼ終わったし。

さて次は?

新仕事場、本日より本格始動!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
考えられることは・・・
少しだけです。

セキュリティ方式には、似たようなものが2つあります。
無線LANの親機のセキュリティ方式を、子機の方式にあわせてみるといかがでしょうかね。

あとは、DHCPというIPアドレスを自動認識するようにしていると思いますが、
そのIPアドレスのレンタル数を少なく設定しているか、IPアドレスの、ネットワークアドレスの部分が異なっているか。

大抵の場合、前の状態でIPアドレスを固定的に扱っていた場合に、ネットを変えるとねっとアドレス部分がことなるので、繋がらないなどがアリます。

こんな感じです。

例えば、前のときに
192.168.5.100 を固定で使っていたとしましょう。
新しいネットでは、
192.168.7.2 かもしれないのです。

このとき、
192.168.5. と192.168.7.ではネットのアドレスが違って通信できません。

こんなところでしょうか。

LANのセキュリティを同じにしていた場合なら、大抵は自動認識した新しいIPアドレスのネットアド部分の違いで起きているでしょう。

^^;
2007/07/03(Tue) 00:39 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
USB子機はつながりました!
aloha1さん、こんにちは。
私もIPアドレス関係だと見当をつけて、あれこれいじっていたんですが、ダメだったんです。

で、今日買ってきたUSBタイプの子機を挿してみましたら、つながりました!
今、それでつながったwinノートからカキコです。

えー?
じゃあ、今まで使っていたLAN接続タイプの子機は、どうなっちゃったんでしょうか……
USBタイプのはwindowsにしか対応してなかったんで、MacにつなぐためにLAN接続のを(高いのに)買ってきたんですけどね……
どーもwindows自体が、このLAN接続子機を認識しないようなんです。
ちゃんとIPアドレスを取得してくれないみたいで。
手動でIPアドレスを設定してやると認識するんですが、そこから先はやはり、ダメ。

……
なんとかこれも活用したいものですが、当面はWindowsからはUSB子機からの接続ですかねえ……

もはや私の手にはあまりまくりです。
2007/07/03(Tue) 19:12 | URL  | 「稀人舎」ゆう #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック