Second Life内のHonmokuという街にある、
book&cafeに、本を置かせてもらえることになりました。

私がSecond Lifeで読む本てのを売ってるのを見て、
それをお店に置きたい、と
オーナーの方が言ってくださって、
私はひゃっほーと舞い上がって実現。
そんなん言ってもらったことも、もちろん嬉しいんですが、
Second Lifeにbook&cafeってとこがまた、嬉しくて。
このお店には、本好きの方達がよく集まるそうで、
Second Lifeで同人活動とか出版活動ができたらいいなーとか
考えているらしい、っていう、そのことにも、ちょっと感動……

だってですね、
私がSecond Lifeを始めたのが今年の3月末。
1ヶ月くらいやってみて、このバーチャル世界なら、
自分で好きなように出版活動ができるんじゃなかろうか、
なんて考え始めたときは、
Second Life内で会った人にそのことを言うと、
「そんなの売れないでしょう」
「需要がありませんよ」
「服が1リンドルで買える世界で、本がいったいいくらで売れるかねえ?」
など、「新しいことはどんどんやってみたらいいですよ」とか
言うものの、ほぼ否定的なご意見だったんですよ。
まあ、最初に話した数人に軒並み否定されちゃったんで、
それ以降は、ほとんど誰にも相談とかしませんでしたが。
売りに出す段階になって、場所を借りるんで、
土地やお店のオーナーには話さざるを得なかったですけどね、
でも、たいがい「珍しいですね~」と言いながら、
なんというか微妙な反応。

それが!
お店自体がbook&cafeですよ!

時代は変わるもんだなあ……

って、私が始めてまだ半年ですけどね、
でも、このところ、日本人ユーザーがすごい勢いで増えてるし、
日本人の作った街(SIM)も増えてる。
人が増えれば、需要ってのも、いろいろ多岐にわたってくるわけだ。

ここのお店のオーナーとは、
「Second Life内の本で、なにかおもしろいことができるといいですね」
と、話し合ったんだけど、
そんな話ができる人がSecond Lifeにいることが
私としては、すごく嬉しいなあ、と。

お店はここです。↓
http://slurl.com/secondlife/Honmoku/241/206/22

アカウントある人は、ぜひどうぞ。
どんなお店かは、こっちの記事をご参考に。
コメント欄に、私の本の宣伝も書かせてもらっちゃったよ。

 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック