上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学フリマに行ってきたのさ、昨日。
うちは今回、抽選漏れで出店はできなかったんだけどね。
前回と比べて、どうなのかなーと思って。

人出は去年と同じくらいかなあ…
あ、でも去年は長島ナントカという
芥川受賞の作家さんとその仲間が出店してて、
そこにはほぼ一日中長蛇の列だったからな。
今回は、ざっとみたとこそんなブースはないみたいだった。
でも、私が行ったのが午後の2時くらいだったから、
列ができるようなとこはもう売り切れてたのかもしれない。
著名作家さんライターさんたちのブースは、
列こそできてなくても人だかりがしてたしね。
でも「あんたたちはこんなとこで売らなくてもいいじゃんよー」
と、ついつい冷ややかに見て、通り過ぎる私。
大学のサークル同人誌なんかのブースも素通り。
ひっそりとたった一人で
一種類だけの本を売ってる人のとこを中心に見て回る。
内容じゃなくて、そんな人たちを応援する気持ちで、
5~6冊を買ってきた。
ま、自己満足ですけどね。
お互いにがんばろーよー、と。

今回は抽選漏れがたくさん出たので、
来年春に急遽次回の文学フリマをすることになったそうで、
その時には、今回漏れた人を優先で扱ってくれるそうなんだけど、

どーすっかなー……

昨日会場で見かけた主催者の方に、
申し込み開始はいつかと聞いたら
「12月には」ってことだった。
来年の春(5月)には「稀人舎」
なにか今とは違う展開になってるかもしれない。
でも、12月の段階ではまだわからない、と思う。

申し込むだけ申し込んだらいいじゃん、と思うのだけどね。
本を売る場を貸してもらえるのは、
なんにしろありがたいことだし。
でもね、なんでぐだぐだ言ってるかというと、
昨日、客として文学フリマに行って
あちこちのブースを見て回ってみて、
なんとなく、
「この人たちが目指してるものと、
私の目指してるものは違うのかもしれない」

なんてなことを考えちゃってさ。
あからさまに言えば、
この人たちが目指してるものを私も目指してると思われると
ちょっと困るかも……って感じかな。
まあ、みんな何を目指してるかなんて、
ちょこっとブースを覗いて、同人誌やチラシを見ただけじゃ
わかんないんだけどね。
もしかして、みんなちょっとずつそんな風に
「なんか、違うかも」とか思いながらやってたりして……

うーーーん……
たぶん申し込みはすると思う。
どういう風に何を売るかはまだ全然わかんないけど。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ア行 ICU http://d.hatena.ne.jp/kugyo/20071124#1195869671 あんちりおん http://lydwine.cocolog-wbs.com/blog/2007/11/post_4d6e.html いかないで http://d.hatena.ne.jp/our_fiction/ http://krafty.jugem.jp/?eid=785 雲上回廊(うんじょうかいろう) http://d.hate
2007/11/29(Thu) 14:33:53 |  Gちゃんねる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。