上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここんとこ、小説ブログに載せる小説を
チクチクと書きためておりまする。
来週あたりからまた本業が忙しくなりそうだしね。
ためとかないと、また1~2回掲載しては、
しばらくお休みってな、情けないことになるから。

ブログって、ほんっっと、
更新が滞るとアクセスガタ減りするね。
顕著。

でだ、その小説「素戔鳴流離譚・其ノ二」ですが、
(あ、ちなみに「すさのおりゅうりたん・そのに」と読みますよ)
今書いてるところは、なんつうか、
世界観の説明部分つうかね、
登場人物たちがずーっと語ってばっかいるんですよ。
ちょっとここをちゃんと書いとかないと、
あとに続かないんで、我慢して書いてるんで、
読む人も我慢して読んでもらえると嬉しいですが、
読者に我慢なんてさせられないよなあ……
まあ、いいです。
あと、2~3回で、この語り部分は終わる予定なので、
その後でまとめて読んでくださっても……

でもね、読んでる方もつまんないんじゃないかと思うんですが、
書いてる方はもっとつまんないんですよ。

おまえらしゃべりすぎじゃ!
さっさと次のシーンに行かんかい!!


とか、登場人物たちに突っ込みながら書いてます。ホント。

あのね、よくある「漫画の書き方」みたいな本にね、

ネームで話を進めるな

っていう教えがあるんですよ。
漫画における「ネーム」ってのは、文字ってことね。
漫画は絵と台詞でもって話を進めていく読物だけど、
主人公の生い立ちとか、背景とか、
文字っていうか、文章で説明しなきゃならないこともある。
漫画の冒頭で主人公のアップや全身像のわきに、
四角囲みの枠があって、その中にいろいろ書いてあったりする、
あれですよ。
歴史ものとかなら
「西暦○○○○年。フランスの南に位置する△△村に、
 ひとりの女の子が誕生した。
 名前は●●。のちの▲▲▲である」
とかね。

これくらいならいいんだけど、ってか、
それをやらないと話が進まない漫画とかもあるんだけど、
でも、必要のないところまで、
それを、延々とやっちゃうことがある。
まあ、いちいち絵を描くよりも
文章でちゃちゃっとやった方が楽ってこともあるからね。
たとえば、学園恋愛ものの中で、
「あたし園村あゆ。17歳。
 ちょっとおっちょこちょいな、高校2年生。
 今年の夏こそ彼氏ゲットするぞって、
 心に誓ってるんだ!」

とか文章で書いちゃっても、
おもしろくもなんともなくないですか?
ここは、2ページくらいを使って、
主人公が高校2年生だっていうことと、
おっちょこちょいだってことくらいは、
なにかエピソードを作って、
登場人物を動かして、説明すべきなんですよ。
せっかくの漫画なんだから。

でね、私は小説書くときもこれがいつも頭にあって、
登場人物が座ったまま、ずーっとしゃべってばっかだと、
落ち着かないんですよ。
読んでて飽きないように変化付けるのも難しいし。
なので、なるべく登場人物たちはなにか動いててほしいんですが、
なかなかそうもいかないこともある。
要はバランスなんですが、
ブログの細切れ掲載だと、
そのバランスも書いててよくわかんなかったりしてさ。

ま、言い訳ですけどね。
自戒を込めて、小説書くときの注意点。

ネームで話を進めるな

これ重要。(だと思う)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。