5月11日の文学フリマの当選通知がきまして、
今日、参加費3000円を送金してきました。

さて、売るもの作らなくちゃね。(ドロナワ?

まだ2ヶ月以上ある~
なんて、のんびりしてるとあっという間だよきっと。
時間がある時に少しずつでもなんかやらなきゃ。

……とはいえ、確定申告もまだなんだよなー
私の方の作業はほぼ終わってて、
あとは決算書と申告書を作成するだけなんだけど、
送ってもらわなくちゃいけないもので、
まだそろわない書類がある。
ううーーん、早くしてくれーー

ちなみに「稀人舎」は、昨年も赤字でした。
昨年はあまり活動してないので、
経費がかかってない分、
一昨年よりは少ない赤字ですけどね。

これが黒字に転じることってあるんだろうか……
今のままじゃあ、ダメだろうなあ。
てかね、
やっとわかったんだけど(遅
版元ちゅうのは、発行してる本が1冊、2冊じゃあ、
どうしたって必要経費の方が多くなる勘定なんですよ。
黒字にするには、次々と新刊本を出さないといけない。
しかし、それには先立つもの(資本金)が必要……

自費出版の本で「採算が取れる」とか「取れない」とか
言ってる人とかをネット上でよく見かけるけど、
自費出版てのは、だいたい1版元1商品(この場合の商品は本ね)でしょう?
それで採算取るって、すごーく難しいと思う。

それに……
本を作って売って採算が取れたらそれは、
自費出版じゃなくて商業出版なんではないでしょうかっっ!?

え? 違う?
違わないと思うんだけど、
まあ、いやその、自費出版とは商業出版とはなんぞや、
みたいな話になると長くなるからね。
私の考えでは、
自費出版は、自分でお金を出して、
出版するという楽しみを買うってことなんじゃないかと。
要するに趣味っつうことですね。
あんまし、金勘定にシビアになっちゃうと、
なにが楽しくてやってるのか、
わかんなくなるんじゃないかなあと思うんですよ。

で、「稀人舎」は自費出版か商業出版かってことですが、
それが今の状況ではよくわかんないんで困ってるってわけです。
とほほ…
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
何もない空 http://azure.727.net/index.html 出典http://azure.blog.ocn.ne.jp/bkuesky/2008/03/5_ee02.html 現代文化研究会 http://gendai-bunka.cocolog-nifty.com/blog/ 出典http://x0.geo.jp/literature/2008/03/post_49.html 関連http://d.hatena.ne.jp/sakstyle/2007
2008/03/10(Mon) 13:51:42 |  Gちゃんねる