上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一個前のエントリの「あとで書くことリスト」から、
まず、文学フリマ

抽選に当たっちゃいまして、出店します。
出店にあたってなんかまた小冊子でも作るかなあ、
どーーすっかなあ~~と考えること約1週間。
てか、本業が忙しくてですね、
ちょっと頭が本気で回んなかったってのが実情なんです。
すみません。

で、ずいぶん前に、
「また同人誌とか作るんだったら、エッセイの原稿あるよー」
と、詩人の川口晴美さんが言ってくれてたのを頼りに、
「まだあの話は有効ですかー?」
とメールしてみたですよ。
したら、「いいよー」と快諾。
これまであちこちの媒体に書いたエッセイや文芸評やらで
手元にテキストデータで残っているものを
大量に送ってきてくれました。うわーー

ページ数が少なかったら、
また春の文学フリマの時みたいに、
コピー誌の手作り小冊子にしようかと思ってたんだけど、
このボリュームじゃあ印刷しないと……
最初は、川口さんのエッセイのみで、
「川口晴美エッセイ集」てな
体裁にしちゃおうかとも思ったんだけど、
それだと、ちゃんとした単行本にしないともったいないし、
川口さんにも申し訳ない。
そんなお金もないしね。
というわけで、私の短編小説や伊豆介八さんの漫画とか、
他の人の作品も入れて、
やっぱり同人誌にしようとドロナワで決定。
んで、「稀人舎」の同人誌なら、
月澤さんに書いてもらわないわけにはいかないだろうと、
これまた慌てて連絡。
締切1ヵ月切ってんですけど、もしよかったら……
と、メールしたところ、こちらも「了解~」と快諾。

私の優柔不断のせいで、
関係各所に連絡がギリギリになって、
ホント申し訳ないことでした。

てか、おととしの文学フリマって、
もっと前に出店が決まってたよなあ。
夏の間、準備期間があったような気がする。
……あれか、
春のイベントもやることになったから、
いろいろな期間が短縮されてきてんのか……
うーーむ。
コミケなんかは、このサイクルでやってんだよなあ。
偉いなあみんな。

伊豆介八さんの漫画は、
SecondLifeでやってる本屋「稀人書坊」で発行するってんで、
以前から「早く描いてー」と言ってあったのを
載せることになったんで、
まあ、ちょうどよかったんだけどね。
なので、漫画はでき次第、
SecondLife内で先行発売することになると思います。

私の短編小説も、SecondLifeでも売ろうかと考え中。
ま、締切に間に合ったらな!

そうです。
私のは、今執筆中!
ああああ、できるのかできるのか???
もしできなかったら、ずーっと昔に書いたアリもので、
お茶を濁す予定。
……すでに逃げ道を確保してる時点で、
間に合わない気満々です。

さて、大量に送られてきた川口さんの原稿の編集をしなければ。
原稿の締切は9月末。
10月の頭には初校ゲラを出して、
23日には印刷屋さんにデータ入稿だ!


本業の仕事もまだ忙しいんだけど、
できるのかなあ……激しく不安
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。