なんと、
同人誌「稀人舎通信SPECIAL 2号」が欲しい、
というメッセージをいただいちゃったので、
販売ページ作りました。
こちらからどーぞ。

いや、まあ、
うちの同人誌が欲しいってより、
川口晴美さんのエッセイが読みたい!」
ってーことでしたんですけどね。
しかし、ありがたいことです。
もしご注文いただけた際には、
ぜひ、川口さんのエッセイ以外の作品も
読んでみてくださいませー


この1週間、気が抜けながらも、
文学フリマで買い込んだ数冊の同人誌を
読んでいたんですよ。

ゼロアカ道場のが道場破りの1冊含めて4冊。
「ケフィア」
「腐女子の履歴書」
「チョコレート・てろりすと」
「筑波批評」
ゼロアカ以外
「S.E.」左隣のラスプーチン
「月光2号」文月悠光
他には、ブースの両隣のサークルと交換したもの2冊
無料コーナーにあったの1冊

……ゼロアカ以外で買ったの2冊かよっ!
なんか、自分としてはすげー買った!とか思っていたんだけど。
ゼロアカの500円てのはやっぱちょっと財布には痛かったのか。
そう考えると、今回の文学フリマは、
ゼロアカとのタイアップで未曾有の集客を誇ったわけだけど、
ゼロアカ目的でやってきた人達ってのは、
他のお店の本なんて、そんなに買わなかったんじゃないですかね?
だって、ゼロアカの同人誌がどんなか気になって会場にきたとしたら、
8冊のうち1冊しか買わないってことはないでしょう。
比較するために複数、人によっては全部買ったと思われます。
とすると、500円×8冊で4000円だよ?
同人誌即売会で使うお金としては、上限に近いんじゃないかなあ。

ゼロアカ以外で、
たとえば私も買った「S.E.」みたいに批評中心で、
しかも、ゼロアカ同人誌でも取り上げているような人物の
インタビューとか載ってたら注目度もアップしたでしょうが、
うちのような創作文芸とか、単行本中心の出店者なんかは、
あのお客さんの多さと売上げって、
あんまし関係なかったんじゃないですかね?

ま、うちの本があんまし売れなかった負け惜しみってか、
言い訳なんですけどね。
次にまた文学フリマ出るとしたら、
ちょいと批評っぽい内容も入れてみようかな、
なんて、日和ったことを考えてもいます。

もうちょっと読み込んだら、
買ってきた同人誌の感想なんかも書いてみようと思ってます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック