なんだかダラダラと忙しい。
フリーのくせに会社員のように
毎日ずっと仕事してるぞ。
なのに、金銭的に楽になった気がしないのはなぜだーー

ぢっと手を見る……

実際の銀行口座の残高を見るとマイナスだったり、
限りなくゼロに近かったりするんですが、
帳簿上は赤字ではないんですよ。
まあ、私の仕事ってのは、
実際の作業が終わって納品書や請求書を出してから
入金されるまで2-3ヵ月ってことがザラなので、
これはしょうがないんですけどね。
うーーーん……
これの規模が大きいのが、
会社の負債ってことなんだろうなあ、
と、よくわからないながらも言ってみる。

以前に、「稀人舎」の法人化を考えていたときに
(って、今でも考えてはいるんですけどね)
とある人に相談をしたら、
その人は
「法人にすれば銀行からお金が借りられるから、
 さっさと法人にすべき」
みたいなことを言ってて、
ちょっと引いた。

借金背負うために会社興すんじゃねーや!

みたいな。
その時はそんなん思ったんだけど、
まあ、でも、真面目に版元業をやろうと思ったら、
借金もして、いろいろまわしていくのが
正解なのかなあとかちょっと大人の考えになってみたり。
ま、充分な資金があれば問題も悩みもないんでしょうがね。
そんなもんないですから!
日々の暮らしの分を稼ぐのでも
ひいひい言ってるこの状態では、
どうしようもないです。

もし、必ず売れる、元が取れる、
と保証されている本が作れるのなら、
借金してでも作りますよ。
本を作るためのお金なんて、数十万。
他の業種で数億の負債なんておとろしい金額と違います。
かわいいもんです。

でも、そんな
必ず売れる本なんて存在しませんから!

そこが版元業の難しいところであり、
おもしろいところでもあるんだろうけどね。
うーーーむ




エントリから数時間後にちょいと追記

上で、
>もし、必ず売れる、元が取れる、
>と保証されている本が作れるのなら、
>借金してでも作りますよ。

なんて書いてますがね、
私は自分の作りたい本しか作らないと
先頃ココロに決めたので、
正確には
私が作りたいと思った本が
必ず売れる、元が取れる、
と保証されるのならば、
借金してでも作ります。

ってことですね。
「これは絶対売れますよ」
という強気の売り込みも
たまにですがあるので、念のため。
ま、強気も大切ですけどね。
その強気はうちじゃないところに使ってくださいませな。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック