このところ、露出が増えているので、
いろんな人があちこちにいろんなことを書いていると思いますし、
昔からずーーっと変わらずファンだった姐様たちにしてみれば、
なにを今さらな感もあり、
お腹立ちの向きもございましょうけど、
いやしかし、まずはちょっと、語ラセロ。(長いよ)


おととし(2007年)に、作曲家の阿久悠氏が亡くなったときの
追悼番組でですね、
あたしは「時の過ぎゆくままに」を歌う
ジュリーの映像を見て、
ガツーーンと衝撃を受けたわけです。
(確か、紅白のときのやつ)

うはーーーーーーー
美すいいいぃぃぃぃ ポワワワァァ~~~ン

この映像当時(昭和50年)、私は13歳。
テレビで見てて、歌はもちろん今でもそらでフルコーラス歌えるほど
聞いてたはずですが、ジュリーの見た目なんぞは、
ぜんっぜん、眼中にありませんでした。
13歳の頃の私は、芸能関係にはあまり興味がなく、
「明星」「平凡」よりも、
「SFマガジン」「OUT」(笑)や漫画やらに、
お小遣いを使うような、そんな女子中学生だったので、
テレビの歌番組でチラ見する以上の、
ジュリーの情報を得ることはなかったのです。
当然、タイガース時代のことなんざ、
さっぱりすっかり知りません。
だいたいね、13歳の子供から見て、
いくら美しいったって、20代後半の男の人なんて、
いろんな意味で対象外。
今みたいに、ビジュアル系とか「萌え~」とかいう
文化(?)もなかったしね。

その後、「勝手にしやがれ」「カサブランカ・ダンディ」
「TOKIO」「ストリッパー」などなど、
ジュリーは歌謡界に君臨し続けるわけですが、
その間も、私は「かっこいいおじさんだなあ」(ゴメン!)
と思ってはいたけれど、まあそれだけ。
ただ、当時、ジュリーの歌っている曲は好きで、
「沢田研二全曲集」なんていうカセットテープ(!)を
買ったりはしてました。
いや、なんでレコードじゃなくカセットかっていうとですね、
その頃、私はステレオつうもんを持ってなくて、テレコしかなかったんですよ。
今もうそのテープは手元にないですが、
もしかしたらパチモンだったかもしれませんな……とほほ


当時はそれよりも、
同年代のチェッカーズとか吉川晃司とかに夢中だったしね。
歌謡界でなんか新しいことをやってくれそうな彼らにくらべて、
ジュリーはなんというか、正統派。
若者たちが壊そうとしている歌謡界そのものって感じがしてた。
よく見てればそんなことは全然なくって、
ジュリーの方こそ従来の歌謡界を壊そうと
してたってことに気付いたんだろうけど、
いかんせん、そんなによく見ちゃいなかったんですよ、私は。

そんなこんなで、
私はジュリーが最高に美しい時代に
リアルタイムで居合わせたというのに、
ほとんど興味がなかったという、
今から思えば、まったくもって
もったいないことをしていたわけです。うわーん。

……で、去年今さらのジュリー萌えに目覚めた私は、
YouTubeをあさって(いい時代になったね)、
昔の動画を片端から見て、
(「悪魔のようなあいつ」の良ちゃんとかね)
「はあ~~~~(はぁと」
ため息をついていたわけですが、
考えてみれば、この30~40年前のジュリーは、
もはやどこにもいないんですよ。<あたりまえじゃ

私がジュリーに関わるものでリアルタイムで最後に観たのは、
鈴木清順監督の「夢二」(1991年作品)。
ジュリー43歳。
これは、ジュリーが出てるからってわけじゃなくて、
鈴木清順作品だからってんで、観にいったんですよ。
原宿の特設テント。
作品中、ジュリーは
ちょっとゆるんだ、情けないけどモテる中年て役どころで、
映画としてはよかったんですが、
「ジュリーでも年を取るんだなあ」
なんて、あたりまえのことを認識させられてしまった、
そんな映画だったんですよ。
その後、あちこちの舞台に役者として出ているのは、
ちらほら見かけて知ってはいたんですが、
ジュリーが出てるからといって、
観にいくほどのファンでもなかった私は、
他になにをやっているのかなんて、
積極的に調べることなどせず、
その後、十数年の間、
ほとんどジュリーの姿を見ずに過ごしてきたのです。
というか、
「ジュリーはもう舞台役者になってしまったのね」
くらいの認識だったんですよごめんなさい。

で、去年、若い頃のジュリーの美しさに惚れた私ですが、
しかし、もう今はどこにも存在しない、
過去の亡霊にいつまでも惚れていても、
虚しいばかりだなあと、ため息とともに、
YouTubeあさりもやめてしまったのでした。


で、それから約1年。
暮れのテレビをぼんやり観ていた私の目に飛び込んできたのが、
この衝撃ニュースでした。
人間60年 ジュリー祭り
映像も貼付けたいんだけどね、
YouTubeに上がっている動画が、
アップされては消されって感じで安定しないので割愛。
映像は各自検索してくださいませ。


いや、これのなにが衝撃って……
こんなことを言っては、ずーーーっとファンだった方々に
叱られるのは承知の上ですが、
やっぱし、見た目

え???
これ、ジュリー???
別人じゃん!!!

「夢二」の映画のときは、
年取ったなあと思ったものの、
それでも若い頃の面影はあって、
「美しい中年」て感じだったのに……
あれが……こう、なるかっ!?
一番に思ったのは、
「どっか具合悪いんじゃないだろうか」でした。
太っているのも衝撃だったけど、
顔が、老けた……ガーーーン。
いくら還暦だからって……
今の60歳って、みんなもっと若くないかい?
こんな「おじいさん」な顔つきにならなくても……ごめん

「ジュリー祭り」のライブをテレビでやるっていわれても、
見ない方がいいかもしれない……
とまで思いました。いやマジで。

しかし、ネットという便利なものがある今の時代。
気になり始めると検索せずにはいられない……
再度YouTubeに潜り込む私。
「ジュリー祭り」の影響か、
去年に比べて、ここ数年のステージや、
ちらほらテレビに出たりしたときの、
いわば、年を取ってからのジュリーの動画が
たくさんアップされているような気がしました。
それをね、40代くらいのジュリーから、
時間を追って順に見ていき、
そして、今回の「ジュリー祭り」にたどり着くと……
なんだこれ……なんか……

かっこいいじゃんっっ!!

ええーーー!?
太ってる? いやいや
これっくらい普通でしょ。
てか、段階追って太ってんだから全然おっけーっす。
これでステージ端から端まで走って歌えるんだから、
具合悪いわけないですね失礼しました。
顔が老けてる? いやいやいやいやいや
これもね、段階追って見てくと、全然気になりません。
しかも表情なんかは若いときと変わらず、
かわいしーー(はぁと

いやもーー
私は別にカレセンじゃありませんけどね、
そりゃ、観賞用には
若い頃のキラキラジュリーがいいですけどね、
でもでも、今の還暦ジュリーも全然おっけーです。
萌え萌えっす。
なんぞこれ、なんの魔法ですかね?
不思議。

しかもですね、まったくもって申し訳ないことに、
迂闊にも私は知らなかったんですが、
ジュリーはずっとアルバムを出し続け、
ライブもやり続けていて、
その曲がまた、かっこいいんですよっ!
ロックですよ! まあ奥さん!
そんでもって声は昔と変わってないんですよ。
ニコニコ動画だったかに、
最近の曲を若い頃の画像と組み合わせて
アップしてあるのがあるんですが、
全然違和感ないとこがすげえ。

思えば、キラキラに若くてかわいかった
20代の頃の顔から、
いきなり60歳になった姿を見せられたら、
誰だって「老けたな!」と思われるに決まってます。
老けてなかったら化け物ですよ。
それよりも、歌う声が変わっていないこと、
ずっと歌い続けていたことにやられました。
それを知らずに、ジュリーを切り捨てていたことに、
深く深く反省。

で、あちこちでしゃべったりしているのを
聞いたり読んだりすると、
ジュリー自身、見た目が激変したのは分かっていて、
これでまたテレビなんかに露出が増えると、
ファンが減るんじゃないかとか
冗談めかして言ったりしてるんですが、
でも、もう今さら見た目をどうこうしようとは思わない、
と、はっきり言ってるんですよ。
それよりもやりたいことだけやっていこうって。
もう60歳なんだから、って。

これってさ、
今60歳くらいの人達はもちろん、
これから60歳に向かっていく私たちくらいの年代の者にとって、
ものすごく力強いありがたいお言葉なんじゃないかと思う。

最近、アンチエイジングとか言っちゃって、
特に女性に対しては、年よりも若く見られることが
いいことみたいな風潮があって、
私はそんな広告やら記事やらを見かけるたびに、
なんだかやるせないというか、やってらんないというか、
イライラするような気持ちにさせられているんですが、
今のジュリーみたいに、
「年を取ったら、年取ったなりでいいじゃんよ!」
と、言ってくれる、そんな存在がいてくれるって、
すごーく嬉しいことだと思うんですが、いかがっすかね?

まあ、もちろん、
昔キラキラに美しくて才能もアリアリのジュリーと
一般人もいいとこのお前のことを同列に語るなってのは
重々承知ですけどね。
でもね、年取った外見になっても、
かっこいい~~っていう人がいるってだけで
自分も世間のいろんな重圧にイライラせずに
年を取ってもいいんだって、
年取った体でも、もうちょっと頑張ろうかなって、
機嫌良くしていられそうじゃないですか。
違いますかね?
私は、還暦ジュリーにそんな元気をもらいましたよ。

なので、1月9日のNHK BS2のライブ、
観ようと思います。
楽しみです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ジュリー祭り・・・。

いや、長かったけど、面白くて一気に読んじゃいましたよ。

そうか、還暦ジュリーもいいんだ。

もう祭り、終わっちゃいましたかね?ま、YOU TUBEがあるからいっか。

ハマるかどうかはわからないけど、気になるので見てみま~す!
2009/01/15(Thu) 12:41 | URL  | 月澤 黎 #-[ 編集]
月澤さん、こんにちはー
「ジュリー祭り」のテレビ放映は終わっちゃいました。
YouTubeにその中から何曲かアップされているから、見てみてー
でも、若い頃のジュリーとは別物として見た方がいいと思うよ。見た目は別人だから。

ジュリーだからっていうよりも、60歳の人がこの激しさでステージやってるってことが、私はすごいと思ったよ。
2009/01/15(Thu) 16:38 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
土日に探してみます~。
ジュリー祭り、知ってはいたんだけど、ジジイだし、デブだしと思ってたんですが、(その点は変わりないようですが)今は気になってしょうがないです。
すごく視聴者意欲を煽ってくれましたねぇ。

明日明後日見てみて、またコメントします~。

ところで、アマゾンの
「未入籍別居婚」189円で売られてたのが消えてるから、誰か買ったのかな?

それよりも、なぜか定価のほぼ倍の価格2000円で売ろうとしている人がいることに驚き!

でも、ちょっと嬉しい♪
2009/01/16(Fri) 12:34 | URL  | 月澤 黎 #-[ 編集]
ジュリーは気になり始めると……(笑
記事の最後に表示してあるYouTubeが、
その番組からのアップのひとつなので、
それからたどっていくと、いくつか見つかりますよ。

「未入籍別居婚」の189円のは売れたみたいですよ。
マーケットプレイスから消えたと同時にランキングが上がってましたから。
マーケットプレイスの値段が上がっているのは、
年末に新品が売れて、しばらく「在庫ナシ」になっていたからじゃないかな。
あれに出品してる人って、結構こまかく見て値段設定してますね。
2009/01/16(Fri) 15:09 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
ハマるねぇ
土日待ちきれずに、見ましたよ、新旧ジュリー。

還暦ジュリーは…見た瞬間、頭の中に浮かんだの
「金髪豚野郎」
の文字。

いや、しかし、かっこいいデス!

思ったほどやさぐれてなかったし。

前見た時より、すこーしヤセたみたいだし。

それにパワフル!派手!
でもって、歌声が若い!
ってか、歌うまい!

で、若ジュリーは、麗しいですねぇ。
彼の人気絶頂期は、まだほんのコドモだったので、あの妖しい魅力などわからずに、
「派手な兄ちゃんやなぁ~」
くらいしか思ってなかった。

けど、今なら樹木希林の気持ちがわかるねぇ。

「じゅ~り~っ!」
2009/01/16(Fri) 22:21 | URL  | 月澤 黎 #-[ 編集]
ついでに
ザ・タイガース時代の動画も見ました。

忘れてましたが、岸部一徳・シロー兄弟もメンバーだったんですね。

岸部兄弟、若くて、髪ふさふさでしたねぇ。

あんな地味な顔の一徳お兄ちゃんが、今一番メディアに出てるなんて、世の中わからないもんだね。
2009/01/16(Fri) 22:25 | URL  | 月澤 黎 #-[ 編集]
ようこそジュリーワールドへ(笑
還暦ジュリーと若ジュリーを交互に見てると、妙にハマるんですよ……

そうそう、岸部一徳さん。
タイガースのリーダーだったんですよね。
私は、タイガース時代の一徳さんを見て、
「結構、イケてるじゃん」と思いましたよ。
2009/01/17(Sat) 16:32 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック