上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月にやる文学フリマに申し込んじゃったよ。

申し込み締切は、2月13日だから、
まだ先だし、別に先着順とかじゃないから、
早く申し込んだからって関係ないんだろうけど、
なんか落ち着かなくて、ポチッと申し込んだ。

今回から会場が広いとこに変わって、
ブースも300!
どれくらいの申し込みがあるんだろうか……
やっぱし抽選になるのかなあ。
今まで160ブースだったのが、
いきなし倍近くのブースになるって……
どうなるんだろうかーー
全然わかんないよ。

前回はゼロアカ道場とのタイアップもあって、
評論系の同人誌が売れてたみたいだけど、
ブースが増えてもそれは同じだろうか。
世の中そんなに評論書く人がいっぱいいるのか??
……いるのかもしんないなー、と思う今日この頃。
ブログが大流行りの昨今、
個人でも簡単に自分の言いたいことが、
世の中の人達に聞いて(読んで)もらえるようになった。
それを読んだ人が、
「あ、こんなこと書いてる人がいるんなら、俺だって」
ってんで、好きな作品やジャンルについて、
ダダ漏れ状態でネット上に発信してる。
今は、これまでにないくらい
「俺にも言わせろ」の時代に
なってるんじゃなかろうかねえ?
評論系同人誌が流行るのは、
その辺のネットの影響があるよなあ絶対。

そんな状況を鑑みて、
次回の「稀人舎通信SPECIAL」では、
評論も書いてみようかいな、と目論見中なんだけど、
(完全に日和見ですすみません)
でもなあ……
創作文芸で売れたらそっちの方がいいなあと思うんだよね。
文芸同人誌をブレイクさすためには、
どうしたらいいのか……
あ、いや、同人誌に限らず、
単行本もなんですけどね。
単行本、出したいよなあ……うーーーん
関連記事
コメント
この記事へのコメント
エールを
 中小出版社や雑誌社を渡り歩いた私は、3号雑誌の苦労、文芸誌の不振、業界紙の提灯ぶりを嫌というほど味わってきました。
 だからあなたの叫びも愚痴もよく理解できます。但し、まだまだ余裕がある貴社にみえますが、とりあえずエールを送ります。
2009/02/07(Sat) 15:10 | URL  | 車寅三郎 #-[ 編集]
ありがとうございます
車寅三郎さま、こんにちは。
ブログへのご訪問、そして、エールをありがとうございます。
私に余裕があるように見えるのは、たぶん、出版活動を仕事としてやっていないからだと思います。
本業にできるといいなあと妄想はしておりますが、今のところ趣味の範囲を出ておりません。
お仕事として真面目にやっておられる方にはお叱りを受けそうですが、当面は楽しみながらいろいろなことを模索していこうと思っております。
2009/02/07(Sat) 15:58 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。