上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジュリーをネタに『萌え』談義」の7回目でございます。
1回目はこちら
連載になってますので、
「その1」「その2」……と、
順番に読んでいただいた方がよいかと存じます。
あ、カテゴリ(『萌え』談義)から辿っていただいてもいいかも。
よろしくです。




えーとですね……
こないだ(2009年2月25日)渋谷公会堂で、
ジュリーは内田裕也さんとのジョイントコンサート、
「きめてやる今夜」てのをやったんですよ。

ふたりはジュリーがタイガースでデビューしてから、
てゆうか、裕也さんがジュリーをデビューさせてからずっと、
いろんなところで共演したり、
一緒の番組に出たりして関わり続けてきたみたいだけど、
ジョイントコンサートとしては、初めてだそうです。
(そうだったのか!?)
で、そのコンサートで、

内田は(中略)勢いあまったのか、「遠い親せきが来ています。一生に1度のことですから」と来場していた妻で女優樹木希林(66)を強引にステージへ呼びつけた。樹木は照れながらも沢田ファンのおばあさんを演じたドラマ「寺内貫太郎一家」での名ゼリフ「ジュリー~!」を、沢田本人の前で腰を振りながら披露するサプライズもあった。
日刊スポーツ


だったんだって! ぎゃーー行きたかった!!
この記事読んだときも、私は涙出そうになった。

『寺内貫太郎一家』は、35年前、
それと、
ジュリーが裕也さんのために「きめてやる今夜」を作って、
ROCK'N ROLL BAKAで一緒に歌ったのが30年前……
それぞれ、YouTubeで断片的に観ることができるし、
その頃に、ジュリーと裕也さんが一緒にテレビに出てるのとか、
いろいろなコンサートで共演してるのとかも
ありがたいことに、いろいろ観られるんだけど、
ジュリーは20代後半~30歳、
裕也さんと希林さんは30代。
すごく頑張ってて、すごくかっこいい。
そして、本人たちが楽しそう~。
そんな頃からずっと彼らは自分のやるべきこと、
やりたいことを続けてきていて、
途中、失敗したことも、
まわりから非難されたこともあっただろうけど、
(だって30年だよ? 長いよ。そりゃいろいろあったろうさ)
当時、全速力で突っ走ってた彼らがこうして、
30年も経った今でも、
笑い合いながら一緒のステージに立ってるってことが、
なんだか、すごく嬉しい。
嬉しくて、そして勇気づけられる。
目標にしたい大人たちだなあと思う。

私が60歳になったとき、
こんなふうに、誰かと一緒に笑っていられるだろうか。
昔はいろいろあったけど、楽しかったね、
あれがあったから今があるんだね、
そんでもって今も俺たち最高じゃんって、
笑っていられるように、
なんとか頑張っていこう!
って、そんなふうに思わせてくれる。
そんなことが頭の中ぐるぐるして、
感動して泣けてくるんだと思う。

あー……
でもね、ジュリーと裕也さんの関係ってのには、
「萌え」かもしれません。60歳と69歳でも!
それも、腐女子敵な意味で。うひひ。
このことは、また後で語ります。



そろそろ「好き」についての結論を出せそうか?
つづく

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。