「ジュリーをネタに『萌え』談義」の14回目でございます。
1回目はこちら
連載になってますので、
「その1」「その2」……と、
順番に読んでいただいた方がよいかと存じます。
あ、カテゴリ(『萌え』談義)から辿っていただいてもいいかも。
よろしくです。




若ジュリーを見て湧き上がる妄想って、
そりゃ人それぞれでしょうけど、
だいたいが、
こう~儚げで、身体が弱そうで、
若くて幼く、あまりものを考えない感じだったり、
じゃなかったら、影があったり、なんか企んでたり……
ま、普通ではない若者ってとこなんじゃないですかね?
それは、あれだけ外見が美しいってことから
ほとんどの人が連想する
「白痴美」とか「美人薄命」というものもあるだろうし、
あと、あの美しい顔で怒りにふるえたり、苦しんだり、
泣いたりするのを見てみたい、とか思っちゃうってのが
あるからでしょう。
ありますよね?
あるんですよ!
それと、前回も書いたように、
ジュリー萌えの方々は、
現実には決して自分のものになんかならないジュリーを
話の上で窮地に陥れ、
それを救ったり、いやむしろ一緒に堕ちたりする相手役に、
自分を投影してしまうので、
どうしても、その妄想の中のジュリーは、
死にそうだったり、窮地に陥っていたりする
必要があるんですよ。
普通に幸せにしてたら、つけいる隙がないもんねえ……
(つけいる隙って……)
でも、トーク番組やインタビュー記事で
垣間見える実際のジュリー本人は、
普通に健康で健全で真っ当な考え方をする好青年だし、
また、真面目で頭もとてもいい人のように見えます。
そのギャップがいい!という萌え方もあるにはありますが、
妄想の醍醐味はやっぱり、
現実にはいなさそうなキャラに、
ジュリーの顔や身体をあてはめて、
あーんなことこーんなこと……、なわけですよっ!
それが、一般ピープルの場合は、おおむね脳内で行われ、
絵が描ける人ならイラストや漫画にし、
文章に自信があれば、小説……となるわけですが、
でも、いくらジュリーに似せて描いたとしても、
もんのすごくうまく描けたとしても、
絵は絵でしかないし、
文章で「ジュリーがジュリーが」と書いても、
それは自分が考え出したものにすぎません。

と・こ・ろ・が!
一緒に仕事をすることのできる立場にいた、
久世さんや栗本さんは、
その、おのれの妄想世界に、
ジュリー自身を取り込んでしまうことができたのですよ。
で、ホントは健康で真っ当な青年のジュリーを
死病に取り憑かれた、アブナい犯人に、
または、頭の弱いかわいい弟キャラに仕立て上げ、
自分が妄想したとおりの人物として、
ストーリーの中で動かすことができるのです。
そこには、自分の妄想の中では邪魔になる、
健全なジュリーはいません。
健全なジュリーはいませんが、
退廃的な美を体現するジュリーの肉体は実際にあるっていう、
なんともかんとも、うらやまし過ぎる状況なわけですよ。
うは~~ウラヤマ!

久世さんも栗本さんも、
これは、実在の生ジュリーを素材にして、
ジュリーの二次創作をやってしまったということですよね。
これって、世の中にあまたある萌え二次創作者たちの
究極の楽しみといってもいいんじゃないでしょうか。
ゲームやアニメのキャラに萌えている人が、
その本来の制作スタッフや、原画を描いた人に、
自分の妄想した話どおりのゲームやアニメを
作ってもらうようなもんですよ。
もっとも、二次元キャラの場合は、
自分が描いた方が萌える、ということもあるんでしょうが、
ジュリーの場合は、実在の三次元の人間ですからね。
それこそ、次元が違う、というわけですよ。
(うまいっ座布団三枚!)

座布団もらったところで、つづく!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんなとこにまで出没してすみません。
ただコレ、
「これは、実在の生ジュリーを素材にして、
ジュリーの二次創作をやってしまったということですよね。」

あああ、もう良くわかりすぎて泣けてきます(笑)
それはもう、特に実物の3Dジュリーを使って二次しちゃった久世さん、何と言う悦楽だろうかと。

あ、失礼しました〜(逃亡)
2016/07/26(Tue) 21:37 | URL  | 薄荷パン #mQop/nM.[ 編集]
薄荷パンさま、ありがとうございます!
コメントしてくださって、嬉しいですー。

久世さんは本当にジュリーが好きだったようですし、
そんな大好きな人を素材にして、いわば公式二次創作ができるなんて、
羨ましすぎますよね。
しかも、若いころのジュリーって、どんなことをやらされても、
あまり嫌がらずに淡々とやってしまうようなところがあると思うので、
もう、やりたい放題?
久世さん自身も「え?ここまでやってくれるの?」なんて思いながら、
ジュリーにあれこれやらせてたのかもしれませんね。
2016/07/27(Wed) 21:15 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック