第八回文学フリマのお知らせ、きましたー
なんとなく、ひと安心。

ブースは、E45

うーーん……
なんの特徴もない場所だ。
通路の途中っていうかなんというか。
真ん中へん。
今回会場も広いしなあ。
どういうことになるのか、
さっぱりわかりません。
ま、5月10日に行けばわかる。
お暇な方はぜひ。

これで売る予定の
「稀人舎通信SPECIAL 3号」ですが、
私の原稿以外は、初校戻りもほぼ出そろい、
そろそろ修正済みの再校を各自に出して
修正の確認をしてもらおうかって頃合いです。

………え?
私の原稿ですか?
えとですねー
昨日まで、本業のデザイン仕事で、
ムック本2冊同時進行で抱えてましてね、
も、大変だったんですよ。
ひとつはカラー100ページ、
もひとつは1色120ページくらい。
120ページの方は、一昨日の夜中に
入稿データ渡しまして、
100ページの方は、ずるずると修正が長引いて
やっと昨日の夜に最終のデータ入稿しました。
なもんでね、原稿は進んでませんのよほほほほ
で、2週間ほど寝不足が続いてるもんで、
眠くてめまいがしてですね、
PCの前に座ってるのもひと苦労……言い訳言い訳

私の原稿って、ここでずっと連載してた
ジュリーをネタに『萌え』談義」なんですけどね、
ブログではダラダラと結論なんか出さずに
まだこの先も続けようと思ってんですけどね、
紙媒体ではそうもいかず、
一応の結論らしきものに持ってって
オチをつけなくちゃいけないもんで、
激悩み中。

だって、オチなんかないんだもーん。

でも、そうも言ってらんないんで、
「『萌え』の可能性」みたいなとこで
無理矢理にまとめようとしてんですけどね、
なんかどーも、
「『萌え萌え』言ってちゃいかん!」みたいな
そんなネガティブな方向に行きがちで、
こんなんじゃあ、年寄りの
「昔はよかった」意見になっちゃうなあと、
書いては消し書いては消しの状態なんですよ。
昔だったら、書き損じの原稿用紙のまるめたのが
机のまわりに散らばってるとこだね。
「昔はよかった」なんて言ったって、
今はもう昔じゃないんだから、しょうがないしな。
うーーーーむむむ……

印刷屋さんには、24日入稿で予約しちゃったし、
もうちょっとがんばります。
どういうオチが付いたかは、
文学フリマで発売の「稀人舎通信SPECIAL 3号」
ぜひご覧ください。(宣伝)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック