3号表紙

第八回文学フリマで売る予定の
「稀人舎通信SPECIAL 3号」です。
文学フリマでは「E-45」ブースへGO!


前回のエントリで、予告したにもかかわらず、
「ジュリーをネタに『萌え』談義」、進んでません。
なので、特になんもないチラ裏日記を。

本業の方で、新しい単行本のデザイン仕事の
立ち上げなので、フォーマットデザインを
考えてたんですよ。
この、「考えてる」って時間が、
なにを作る時でも、一番好き。
デザインでも、イラストでも、文章でも。
資料を見たり、関連HP眺めたり、
過去の類似本めくったりして、
まだ手は動かさないで、頭の中だけで、
あ~でもない、こ~でもないって、
捏ねくり回してる時間。
頭の中はなんの制約もない自由空間だからね。
すんげーすんばらしいモノができてたりする。

楽しい。

で、方向性が決まったとこで、
デザインなら、Macに向かって、
あれこれ作り始めるんだけど、
そうなると、あとは作業になるし、
頭の中と違って、制約が出てくるからね。
あちこち妥協しながら、淡々と進めるだけ。
それでもまだ、フォーマットとか作ってる時は
いろいろ実験したりして楽しいんだけど、
それもできちゃって、
あとは、そのフォーマットに従って
ページをレイアウトしていく段階は、
もう、作業のみ。
まあ、なんも考えない手作業のみってのも、
別の意味で楽しい時もあるんだけど、
でも、やっぱり考えてる時が一番だなあ……

ああ、明日からは作業に入らなきゃ。
誰か、今私の頭の中にあるこれを
カタチにして作ってはくれないものか。
あーとでぃれくたあとかになって偉くなってれば、
手下にやらせたりもできたんだろうけど、
あいにく、偉くなれなかったもんでさ、
考えるのから手作業からなにから、
全部ひとりでやってるんですよ。

【稀人舎】のことも、
あれこれいろいろ考えてるんですけどね、
で、考えてるのは楽しいんですが、
いざ、それらを実行に移そうとすると
さまざまな制約が立ちはだかってですね、
これが仕事ならやらないことにはしょうがないんで、
妥協できることは妥協し、
努力できることは努力して、
なんとかやってますが、
【稀人舎】に関しては、
考えてるだけでなにもやらなくても、
誰に文句言われるわけでもないので、
今のとこ、考えてるだけになっちまってるっていう、
そんな言い訳でした。すまん。

でも……、
「でも」ってこたないけど、
文学フリマには出店しますからね。よろしくですよ。
新しい「稀人舎通信SPECIAL」も売ります。
(あ~、明日印刷屋さんに、ちゃんと進行してるか確認の電話しよう。
 心配だから……小心者だから)

前回の「稀人舎通信SPECIAL 2号」が縁で、
今回の3号から、金井さんが参加してくれたように、
また、誰かと縁ができるかもしれない。
いまのところ、そんな風に一歩一歩って感じですかね?
がががんばります。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック