売れないな~~あ

高校の同窓会のHPにリンクも貼ってもらった。
鶴岡関係のサイトもリンクと、掲示板の書き込みをした。
mixiの鶴岡コミュにも挨拶をして、
参加人のところへ足跡をつけまくった。

……その結果、一人注文してくれました。

ひとり…………

どうしたら、売れるだろうか。
それより先に、サイトに来てもらうにはどうしたらいいのか……

ううーーん。

やっぱブログか。
中断しているブログをまた始めるかなあ。
「マイ出版社への道のり」って、前のと同じだと、
またヘンなおじさんが絡んできそうだから、タイトル変えて。
……でもま、検索かけたらすぐ分かっちゃうだろうけどね。

でもな、単にブログやってもダメだと思うんですよ。

なにか目玉がないと。

こういうことをやったら注文がわんさかきましたよ! とか、
こんなおもしろいことがおまけで付いてきましたよ! とか、
こんなかわいい娘がやってますよ! とか(ないない)………

ネット出版社立ち上げの経緯を縦糸とするならば、
横糸となるなにかがないと弱いような、そんな気がするのだよ。

PTAの内輪話でも書くか…
あんまり赤裸々に書くと問題があるしな。
でも、ある程度赤裸々じゃないとおもしろくないだろうし。

難しいね。なんとも。


今日、本屋に行ったら「ヴィレッジ・ヴァンガードで休日を」っていう
本が文庫で平積みになってたんで、思わず買ってしまった。


「ヴィレッジ・ヴァンガード」つーたら、アレですよ。
既存の書店の枠にとらわれない店作りで話題になった、本屋さんですよ。
コンセプト的には、取次を通さない、
ネットのみで展開する出版社っていう、
我が「稀人舎」と似ている。(似てない?)

何かヒントになるようなことが書いてないかと思って買ったんだけど、
10ページほど読んで挫折してしまった。

だって、なんか、その、うーーーん………

この社長さんて、とても前向きな人なんだろうと思う。
自分がやってることが正しい、って確信があって、
最初は売れなくても行動がぶれることがない。
以前は普通の書店に勤めていたということだから、
ノウハウもいっぱい持っていて、だからこその確信なんだろうなあ。

私はなんの確信もなく、やってることもぶれまくりだ。

最初は、ただただ、父の売れ残っている本を売ることだけを考えていた。
どうやって売ればいいかを模索しているうちに、
勢いで個人でISBN番号を取得してしまい、
またしても勢いで
「稀人舎」という「マイ出版社」を作ることになってしまった。
「出版社」というからには、売り出す本は一冊だけじゃなく、
他にも出さなければならない。
でも、今の在庫である父の本を売らないことには、
次の本を出す資金もない……

本当に、行き当たりばったりだ。

ヴィレッジ・ヴァンガードが本だけじゃなく、
お菓子やおもちゃを一緒に店頭に並べて成功したように、
「稀人舎」も、本だけじゃなく、なにかプラスアルファも
一緒に提供しなきゃダメだってことは分かっている。

ネットでやるなら、そのアルファはやっぱり情報。
なんの情報を提供するか。
どんな情報をみんなは欲しいと思っているのか。

お菓子やおもちゃのような「情報」って、なに!?

うーんうーん。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック