「ジュリーをネタに『萌え』談義」の33回目です。
1回目はこちら
連載になってますので、
「その1」「その2」……と、
順番に読んでいただいた方がよいかと存じます。
あ、カテゴリ(『萌え』談義)から辿っていただいてもいいかも。
よろしくです。



そんで、お次は彼氏彼女な動画です。
YouTube検索ヒント>青春 沢田)
裕也さんとのコンサートシーン他と組み合わさってますが、
ジュリーとショーケンのツーショット映像です。
とあるドキュメンタリー番組からの抜粋ですね。
この、裕也さんとのステージも萌え~なんですが、
それより今は「ショーケン×ジュリー」ですよ。
(以前はもっと長い、ふたりのシーンのみの動画があったんですが、
 今は消えてしまっているみたいです……涙)


ジュリーとショーケンが一緒に
地下鉄に乗って降りて、駅の中を歩いて外に出て、
新宿ゴールデン街のお店に入る……っていう、
プライベートビデオみたいなのなんですが、
もうなんつーか、すんごい仲良しさんに見える。
隠し撮りでもないだろうから、
多少は演出もあるんでしょうけどね。
発車のベルが鳴っている地下鉄に
ショーケンが駆け込んできて、
「間に合った~」「なんだよ~」てな感じで、
ジュリーと顔見合わせて笑うとことか!
うは~~~~
これ、なんてBL漫画ですかっっ!?
まあ、ギリギリで駆け込んでくるってのは演出でしょうが、
この美しい顔のふたりが画面にアップになっとるとは、
なんという贅沢な映像……
しかも、この笑顔!
そして、ふたりともチンピラな感じがすんげー素敵。
こらこら、シャツのボタン、はずし過ぎですよ!
電車の座席に座る時は、足投げ出しちゃダメ!!

あとさ、他に乗客がほとんどいないようなガラガラの車内で、
なんでそんなにひっついて座る!?
そんで、ジュリーの方はリラックスしてる感じで、
いつものきれいな顔してるのに、
ショーケンは、顔しかめたり、つまんなそうな顔したり、
わざと(たぶんわざとだよなあ……)大口開けて欠伸したり……
これは、アレだよアレ。
きれいな彼女連れて歩いてることに照れてる彼氏!
「俺、こんな美人連れて歩いてんだけど、
 べ、別に嬉しがってないからねっ!
 しかも、こっちからご機嫌とったりもしないんだ。
 こいつが俺に惚れてんだからね!
 そうなんだからねっっ!」

って、そんな感じ。うひひひひ。
まあ、ショーケンはジュリーと一緒のときに限らず
いつもこんな感じですよね、しかめっつらとかさ。
で、たま~に見せる「ニコ~」っていう、素っぽい笑顔に、
こっちはハートを鷲掴みされるって寸法ですよ。
ずぎゅ~~~ん
…………はぁはぁ
で、ジュリーの方は、そんなショーケンを
「なにカッコ付けてんの?」って感じで、
横からチローっと見たりしてる。
彼女の方が一枚上手で、
彼氏が照れてるってこともお見通し? とかね。

ああああああ、萌え~~~

うーーーむ……
これは、映像作家の佐藤輝さんという方が
撮ったものだそうですが、
どんな人達向けに、どんな効果を狙って
撮った映像なんでしょうか!?
やっぱ腐女子向け?

ホンットありがとうございます!!

もう、このふたりが歩いてるだけの
数分の映像で、どんぶり白飯5杯ですよっっ!
やばい、太ってしまう~~(違……
ま、でも、おそらく、
この佐藤輝さんが撮りたいように撮ったら、
はからずも腐女子向けになってしまった……という
そういうことなんでしょうなあ。
久世光彦さんのようにさ。
要するに、この70年代のジュリーってのが、
なにか創作する方面の方々に、
腐女子的なものの創作意欲を湧かせる存在だった
ということなんでしょう。

この佐藤輝さんも、このころからずーっと今にいたるまで
ジュリーに関わり続けていて、
要所要所で、ジュリーのPVを撮ったり、
テレビやステージの演出をしてDVDを作ったりしています。
去年のドームコンサートでも、映像ディレクターとして、
NHKで放送されたときにクレジットされてました。
ここでも40年愛だ。ジュリー、どんだけ愛されてんだよ。
(ところで、ドームのDVD早く出ないかなあ。
 この佐藤輝さんがディレクションしたDVDなら、
 ますます期待しちゃいますよー
 でも80曲全曲収録はガチでぜひお願いしたいです!)


「ショーケン×ジュリー」の動画といえば、
以前にサリーとのところでも紹介しましたが、
これもはずすことはできません。
(……はずすことはできないんですが、
 YouTubeでは、また見つからなくなってしまったんですよ。
 ニコ動見られる方はそっちでね)

「勝手にしやがれ」のレコード大賞受賞シーン。
みんなが花束持ってきて、お祝いしてくれる中に
ショーケンもいて、すんげーかっこ良かったってことは、
この前の時も書きましたが、
たっくさんの男たち(男たちですよっ)がお祝いにやってきた中で、
ショーケンが現れた時だけ、
客席から「わあっ」と歓声が上がるんですよね。
黒柳徹子さんや他の司会の人も口々に
「あっ、ショーケン! ショーケンです」
「萩原健一さんです」とか紹介してるし、
(他は「タイガースのお仲間です」ってひとまとめなのに……)
ショーケンだけマイクを向けられてコメントを求められてる。
当時1977年。
ショーケンはすでに役者として、ブレークしてたんですね。
1974年に、映画「青春の蹉跌」と
ドラマ「傷だらけの天使」で、
「前略おふくろ様」は1975年からだしね。
ジュリーもソロ歌手として人気はあったとはいえ、
このころはショーケンの方が
人気爆発って感じだったんでしょうか。
この授賞式の時のアニキっぽい雰囲気は、
そんな立場の違いもあったんでしょうか。
ジュリーも「俺もここまで来たよー」って、そんな感じ?
ジュリーの泣き顔は相変わらずかわええしなあ。
このふたりが並んでたら、
絶対にショーケンの方が年上だって思うよなあ。
私自身、今回いろいろ調べてて、
ショーケンがジュリーより2コ下だって知って、
びっくりしたもん。

でもね、さらにいろいろネットをさまよって、
雑誌とかのふたりの対談を読むと、
やっぱしジュリーの方がお兄さんなんだよねー。

と、引きつつ、つづく!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いっきに読ませていただきました。面白かった~。
萌え~~~サイコ~~~。
続きも楽しみにしてます。
2009/05/31(Sun) 22:55 | URL  | ひーちゃん #-[ 編集]
>ひーちゃんさん
いらっしゃいませー
お読みいただき、ありがとうございます。
「萌え」談義は、とりとめもなく、まだまだ続きます。
またときどき覗きにきてください~
2009/06/01(Mon) 00:06 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
待ってました日比谷動画!
ワタシは電車内での待ち合わせでどんぶり飯3杯、ショーケンがジュリーに煙草のもらい火するところでもう3杯、飲み屋のカウンターで2人並んで座ってるだけで3杯いけます! でもまだまだお腹いっぱいになりませんw
あんなに短い映像なのに限りない萌え要素が詰まってるという・・・日比谷動画恐ろしい子です。
ブログでショーケン自伝について書こうと思ってるのですが、この記事にリンクを張らせてもらってもいいですか? 
超過疎ブログなのでなんの影響力もないと思うのですが・・・
もしよろしければお願いします。
2009/06/02(Tue) 14:50 | URL  | april #-[ 編集]
>aprilさん
いらっしゃいませー
ホント、この動画は恐ろしい子ですね!
以前YouTubeにあった「日比谷...」が消えてしまって悲しいです。(捕獲してなかったので……)
今、見られる動画は微妙に違っているんですよね。

リンク、ありがとうございます!
よろしくお願いしますー
ショーケン自伝についての記事、楽しみにしてます。

2009/06/02(Tue) 16:28 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
リンク許可ありがとうございますー
自分の萌え傾向を確認する意味でもw、ショーケン自伝の記事を頑張ってまとめてみようと思います。

新しいエントリも面白かったです!
今後もたびたびウザくコメントでお邪魔すると思いますがひとつよろしくお願いいたしますぅ
2009/06/02(Tue) 18:06 | URL  | april #-[ 編集]
>aprilさん
こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますね!
コメント、どんどん入れてください~
2009/06/02(Tue) 23:56 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック