すっかりジュリーブログと化しているこのブログですが、
元々、このブログを立ち上げたきっかけの
個人版元【稀人舎】の業務も
ほそぼそとですが、やっておりますよ。

今日は、ちょとびっくりどきどきのことが!
いや……こんなことでびっくりどきどきしてたら
いかんのでしょうが、そこはそれ、
ほそぼそとやっている個人版元ですので
ユルシテ。

なにがびっくりかというとですね、
クロネコヤマトのブックサービスさんから
本のご注文があったんですよ。

このブックサービスさんは、
取次会社と契約のない、うちのような個人版元の本も
直販扱いで販売してくださっているんです。
3年前に「未入籍別居婚」が発売された時に
ダメ元で問い合わせたら、
「ISBNが付いているんなら、大丈夫ですよ~」と
契約してくださり、販売ページもできているのです。
というか、ブックサービスさんの場合、
各書籍の販売ページは、
書協のデータベースを参照して
自動的に作成されてしまうもののようなんです。
なので、うちが書協に「未入籍別居婚」のデータを登録した時に
販売ページができていて、
それで、これはどういうことかと問い合わせたら、
扱っていただけることになったんですよ。
ありがたや……

と、まあ、これが3年前、2006年の6月のできごとでした。
それからずーーっと、ブックサービスさんでは、
「未入籍別居婚」の販売をしてくださっていたんですが、

ですが……

ずーーーーーっと
  ずーーーーーーーーーーっと
ブックサービスさんからの本のご注文は
ありませんでした……うう

それがですね!
なんと、ゆうべ、契約3年目にして、
初めてご注文があったんですよっっ!
うわーーーい

ありがとうございます!>ご注文くださった方

それがびっくりのことです。
だって、3年目にして初めてのご注文て、
びっくりしなくてなににびっくりするんですか。

ブックサービスさんは、
サイトから本のご注文があると、
登録してあるこちらのFAXに自動的に注文票を送ってくれて
こちらはその注文票に従って商品(本)を梱包し、
クロネコヤマトのお兄さんに
「ブックサービス便でーす」と渡せばよい、と。
するってーと、送料はかからずに
ブックサービスまで本は送られ、
そこから梱包し直して、お客様に発送されるっていう、
そんな仕組みなんです。

でも、そんなことを打ち合せしたのも、もう3年前……(泣)

私の預かり知らぬところで
なにか変更になってることもあるかもしれない。
それよりなにより、3年前のことで記憶も曖昧……
情けないなあと思いながらも、
恥を忍んで電話して、いろいろ確認いたしました。
電話口のお姉さんも「3年間で初めてですか!」と、
驚いたご様子。アホなことでお手数かけてすみません。

で、あれこれ指示に従ってどきどきしながら
本を発送いたしました。
が!
集荷にきてくれたクロネコのお兄さんが
「ブックサービスて???」状態。
お兄さんにも問い合わせの電話を入れてもらい、
なんとか先ほど、持ってってもらいました。
なにも問題なければ、3日後くらいには
ご注文いただいた本は、お客様の手元に届くはずですが、
どきどきです。すみません。

クロネコのお兄さんは、
「こんなのめったにないですねー」と困惑気味だったし、
やっぱり直販扱いでネット書店を利用している版元なんて
あまりないんでしょうかねー

ブックサービスさんからのご注文だと、
こちらも送料がかからなくて、非常~~~に助かるので、
もっとここから売れてほしいなあと
切に願っているんですけどね。


はあ……
しかし、こんなことでいちいちどきどきしてるような小心者は、
版元なんていうヤマッケのある商売には向いてないのかなあと、
しょんぼりですよ。
ああ、胃が痛い。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック