夏休み第一弾を楽しく過ごしてきまして、
またバタバタした日常の始まりです。うう……
ジュリー祭りのDVDでも見ながら仕事します。
これが意外とはかどるんですよ。
「ジュリーがこんなに頑張ってるんだから、
 私もちょっとは頑張らなきゃ」
っていう効果?
我ながら単純。



「ジュリーをネタに『萌え』談義」の48回目です。
1回目はこちら
連載になってますので、
「その1」「その2」……と、
順番に読んでいただいた方がよいかと存じます。
あ、カテゴリ(『萌え』談義)から辿っていただいてもいいかも。
よろしくです。



さて、
前回脱線した話を元に戻しますと……

ジュリーのこのところの活躍ぶりと、
それぞれに30年~40年越しの綺麗なオチがついている
リアルエピソードを見ていると、
ジュリーが腐女子方面の創作物に
影響を与えるという現象は、今でも続いていて、
現在の腐女子文化、「やおい」的創作物に
影響を与えてるんじゃないか、
……なんてなことを考えている最近の私です。

なので、ここで予言(え?

これからの「やおい」は、
「カレ×カレ」が来るね!


いや、もうすでに来てるか?
オノナツメの「リストランテ・パラディーゾ 」とかね。
今市子もおっさん描くの好きみたいだし。
ちょっと前から「カレ専」なんてことは
言われてるけどな。
しかし、「カレ専」は、
若い子が、「カレ」に憧れるってことだけど、
そうじゃなく、これからは「カレ×カレ」
どっちも「カレ」。

60~70歳くらいが、いいお年頃かなあ。
(今ジュリー世代だしね!)
定年退職したり、引退したりして、
人生ちょっと一息ついたところのおじさまたち。
自分の走ってきた道を振り返ってみた時に
そこにいた「あいつ」や「こいつ」……
そして、そこからまた始まる物語。

なんてねなんてね!
これは萌える萌えるでしょう萌えますよ!!

「おまえの老眼鏡、かっこいいな」とか
「俺、昔から眼鏡似合わねえんだよ」とか
「太っちまってなあ」とか
「ハゲるよかいいじゃねえか」とかとかとか
「カレ」同士のそんな会話に萌えって、一体……

でも萌える!

まあ、今、10代20代の若者たちは
どうかわかりませんけどね、
(っていうか、若者がそんな「カレ」に萌えてちゃダメだっ
 あんたらは、「萌え」じゃなくて若者同士でレンアイしろーー)

人生の折り返し地点を過ぎた40~60代くらいの
私(46歳)を含む年代の人たちは、
「もう人生下り坂?」とか
「今まで広げてきたものをたたみに取り掛かるとき?」
なんて、
なんとなーくマイナス方面に発想がいきがちで、
(ま、そうじゃない方もいっぱいいるでしょうけどね)
でも普通に暮らしていければ、
今どきの人生はまだまだ長い。
まだ20~40年、下手したら50年は
いけちゃうかもしれない。
このまま下り坂を50年も!?
ええー? どうしたらいいの?
……と、ちょっと戸惑っていたりもする。
そんな年代の我々に、
この「カレ×カレ」萌えってのは、
夢と希望をもたらしてくれるものじゃないかと
思うんですが、どうでしょう?
ちょっと大袈裟ですかね?

そんなこんなの
「カレ×カレ」萌えの可能性を考えつつ、
もうちょっとつづく!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
今日なにげにBSハイビジョンの「マチベン」最終回を見てたら、あら、ジュリー、出てたのね。
前もこのドラマを見てたはずなのに、ジュリーの存在をすっかり忘れていました。
イイカンジにカレています。

でも、ジュリーって、声が若い!
歌声が若いのは知ってたけど、しゃべる声も若かったのね。
2009/07/29(Wed) 20:11 | URL  | 月澤 黎 #-[ 編集]
月澤さん、こんばんはー
おお!「マチベン」。
観たかったんですが、うちはハイビジョン観られないんですよ。
「マチベン」の5~6回だったかには、サリーも出ていて、
それこそ「カレ×カレ」萌えの話だったらしいんですよ~

声若いですか?
若い頃からあんまり変わってないってのは、そうかもしれませんね。
ていうか、若い頃からしゃべり方はおっさんくさいと言われてたみたいですよ。関西弁だし。(笑)
2009/07/29(Wed) 22:37 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック