おお!
延々と半年以上に渡って続けてきた
「ジュリーをネタに『萌え』談義」も50回!
この切りのいい数字で、
とりあえず、ちょっと一旦終結させようかと思います。
もう、ダラダラと続け過ぎて、
書いてる本人もなんだかわかんなくなってきたしね。

ま、ネタが続く限り、
ジュリー話はアップしていくことと思います。
そしてジュリーネタはまだまだ尽きないみたいだし。
それにさー
「ジュリー萌え~!」とか、
私のうるさくてクドい話を
リアルでおとなしく聞いて同意してくれる人なんて、
身近にいないんだもの……
ひとりで部屋にこもって、
YouTubeとかDVDとか観て
ニヤニヤしてるだけなんて、寂しいじゃん。
誰か聞いてーー!

というわけで、とりあえずの最終回です。



「ジュリーをネタに『萌え』談義」の50回目です。
1回目はこちら
連載になってますので、
「その1」「その2」……と、
順番に読んでいただいた方がよいかと存じます。
あ、カテゴリ(『萌え』談義)から辿っていただいてもいいかも。
よろしくです。



さてここで、私がつい最近つるっ禿に萌えた
ジュリーの「カレ」エピソードをひとつ。

先日、横浜でのトークショーで、ジュリーは
内田裕也さんのことを
「あの人は全部自分の息がかかってるように言う」とか
「そんなこと自分で言ったら恥ずかしい」とか
ちょい毒舌風にあれこれ言ってて、
その中で、
「あなたがいなかったら、今の僕はいません、
 て言おうと思ってるのに、自分で言っちゃう……」

とか言ってたんだそうです。

ももも萌えませんか?

「それ、今僕が言おうと思ってたのに~~」って……
なんという甘ったれ61歳。
でもこれは、40年以上かけて積み上げた
ふたりの関係があってこその言葉なんでしょうなあ。
「自分で言っちゃうんだから~」と言いつつも、
面と向かってではないにしろ、ちゃんと
「あなたがいなかったら、今の僕はいません」
て、ジュリーは言ってる。
若い頃だったら
「自分で言うなんて恥ずかしい」ってとこで
終わりだったんじゃないかと思うんですよね。
でも今はちゃんと言葉にしてる。
そんでもって、裕也さんは裕也さんで、
「そんなことちゃんと言われたら恥ずかしい」って
照れる気持ちもあって、
言われる前に自分から言っちゃうってとこも
あるんじゃないかなあ。
んでもジュリーは「いやいや、それでも言わせろ」と、
とりあえず、本人のいないとこで言ってると……。
6月25日の誕生日にラジオに出たときも
冗談っぽくだけど
「あなたがいなかったら、今の僕はいませーん」って
言ってたもんね。言いたいんだよ、きっと。
今イチお互いに素直じゃないおっさんたち……。
ああ萌え。

61歳と69歳のおっさんたちに萌え~~~!

こういう「萌え」エピソードが聞きたいんですよ、
これからは。
「カレ×カレ」萌えの妄想ネタとして。

そこで、【稀人舎】からの書籍企画~~
いあ、別に【稀人舎】からとか言わなくてもいいんですがね、
なんとなく、
ここんとこ「ジュリー萌え談義」ばかりで、
このブログが、「個人版元【稀人舎】」の活動記録だって、
忘れそうなんでね。

で、書籍企画
「沢田研二 対談集」

これまでジュリーに関わった男たち(なんかヤラしいな…)との、
「今、話したいこと!」って感じで。
対談相手は、
まずタイガースメンバーはガチで(もちろんピーも)
内田裕也さん、ショーケン、井上尭之さん、
この辺は外せませんね。
あとは、私の好みも入ってますが、
早川タケジさん、佐藤輝さん、加瀬邦彦さん、
長谷川和彦さん、吉田健さん、
ああ、久世光彦さんと阿久悠さんも
ぜひお願いしたかったですね(涙)
で、最後には今のバンドのメンバーで締める、と。
こんなとこかなあ……
他にもいろいろ対談してほしい人がいそうだけど、
なんせジュリーの歴史は長いからさー、
あの人もこの人もって入れてるとすごい人数になっちゃう。

タイガースメンバーとは、できればひとりずつ
1対1で対談してほしいなあと思うけど、
でも、昔の明星とかに載ってた若タイガースたちの
わいわいした座談会記事みたいなノリでもいいかも。
ジュリーが司会進行役で。
でも、ジュリーの司会だとなかなか先に進まなくて、
途中からサリーが仕切ったりして……
ああ、楽しそう。

内容的には、昔の思い出話じゃなく、
今なにをしているか、そして、これからどうしたいか。
または、この歳になったから言えること、とかね。
さっきの裕也さんとのエピソードみたいな、さ。
だって、これまでの思い出話なんか、
ディープなファンならみんな知ってるし、
リアルに立ち会って体験してる人もいっぱいいる。
私みたいな、まだ1年にも満たないにわかファンでも、
今はネットっていう便利なモノがありますからね、
ちょーっとググって、半年もあちこちロムってれば、
ある程度の知識は得られます。
そんな、みんなが知ってる話の繰り返しよりも、
まだ誰も知らない、現在やこれからの話が聞きたいですよ。
我々中年以降のジュリー萌えのための、
今後の「カレ×カレ」妄想ネタになりそうな、
そんなエピソード満載の「ジュリー対談集」、
いいと思いませんか?
なんのために、コンサートやトークショーがあるたびに、
ネットを放浪して、レポを漁ってると思いますか!

今のジュリーのことを知りたいからですよっっ!

そんな今ジュリーと、その男たち(!)の話が
たっっっっっぷり読める対談集……。

表紙は、今ジュリーの楽しそうな笑顔のアップで。
お天気のいい外での撮影がいいなあ。
バックに緑がキラキラしてるみたいな。
で、ジュリーが一番きれいに見える(と私が勝手に思っている)
左斜め横からのショット。
少しアオリ気味でもいいかも。
もう、肩甲骨から上くらいのドアップでお願いしたいです。
61歳の皺もバッチリ写して、
でも、す~~んごくいい笑顔で。
メイクはいらないですが、髪の毛はスタイリスト付けて
ちゃんとしてほしい。

書籍タイトルは
「沢田研二 ~今だから、話そう~」とかね。
もちろん「沢田研二」をでっかく
表紙の天地いっぱいくらいにデザインします。
「沢田研二」っつって、でっかい文字で本屋に並んでたら、
ファンじゃない人だって、一度は手に取るでしょ。
「今だから、話そう」は、サブで小さめに。
で、中ページにもカラーで対談中の写真をいっぱい。
昔の懐かし写真はいりません。
現在のジュリーと対談相手の楽しそうな写真。
できればオールロケで。
公園とか港とか、光がキラキラしてるような、
そんな場所での笑顔の写真。

どうすかどうすか、こんな本。
読みたくないですか!?
私は読みたいですっ! ほしいです!
これが【稀人舎】から出せたら、
今は地道な同人誌活動ばかりやっている
(ま、これはこれで楽しいんですが)
個人版元【稀人舎】の一発逆転大勝利!
なんて妄想も湧き上がりますけど、
でもね、こーんな著名人てんこ盛りの企画なんて、
権利問題とか、それぞれの事務所間の調整とか、
個人ではカバーしきれないややこしいことが
いっぱいありそうでビビるから(ヘタレですんません)
こういうのはやっぱり大手出版社さんの力で
なんとかしていただきたい、なんて思うのですよ。

どなたか~~この企画、買いませんか~~

なんてね。
「買いませんか」なんつっても、
でも、こんなの、もしかしたらもうすでにどっかが
編集作業に入ってるかもしれないし、
なにより、こんな過疎ブログとはいえ、
世界中の誰でも見られるネット上に書いちゃった時点で、
もはや「私の企画」とも言えません。
そんなこたあ、もうどうでもいいんで、
どこかでこんな本作ってくれないですかね。
なにより私が読みたいんですよ。

力とお金のある版元さん、
ぜひお願いいたします。

しかしなあ、この企画を実現させるためには、
まず、対談してくれるように
ジュリーを説得しなきゃならないんですよね。
しゃべるのは好きみたいだから、
それは大丈夫かな……。
問題は、対談相手の方々がオッケーするかどうか、か。
ジュリーが「やろうよ~」って誘えば、ほとんどの人が
「いいよ~~(はぁと」って言いそうな気がしますが、
どうでしょうねえ。


……と、極小個人経営とはいえ、版元らしく、
本の企画話で「ジュリーをネタに『萌え』談義」は、
とりあえず、ひと区切りといたします。
だらだらと長い話にお付き合いくださった方々、
本当にありがとうございました。

ま、この後も、
「悪魔のようなあいつ」でもっと語りたいことや、
「炎の肖像」で語りたいことや、
「ジュリー祭り」DVDで語りたいことや、
ジュリーはヘンな人だと思うこととか(?)、
「ジュリー」という呼び名についてとか、
ジュリーのシングル曲の歌詞の変遷から妄想する
ある男の一生とか(なんじゃそら)……
ジュリーについては、語りたいことがいっぱいあるので、
今後は「『萌え』談義」というより、
「ジュリー談義」ってことで、
思い付くままにまただらだらと書くことと思います。

引き続きよろしくです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ええもう、ショーケンファンもハゲしく希望いたします、対談集。ショーケンも、寂ちゃんばっかじゃなくて、ジュリーとか裕也さんとか、映画関係者でもいっぱいいるんだから・・・そんな人と対談してくれたらいいのになぁって思ってたんですもん。

よろしくお願いしますっ(←お願いしちゃってる~)
2009/08/01(Sat) 06:44 | URL  | showken-fun #-[ 編集]
showken-fun さん、こんにちはー
本当に、よろしくお願いしたいですよね~(誰に?

ジュリーもですが、ショーケンももちろん、もっともっと表舞台に出てきてほしい、というのがファンの切実な願いですが、
「好きなことを好きなペースでやっていく」というのが、今の彼らのいいとこなのかなあとも思ったり……複雑ですねえ……
2009/08/02(Sun) 12:35 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
ひとまずお疲れさまです~
50回お疲れさまです。
笑いながら、なるほど~と納得しながら、最後には私も萌え~~と叫んで読んでますよ。

年末ロックフェスだったと思うんですが、ラスト全員が出て来て歌う時にジュリーが後ろの方にいて見えない。裕也さんがキョロキョロ探してるんですよ。ジュリーはわかってると思うんですけど出ていかない。みんながジュリーを前に押しやって裕也さんのお隣りへ。拗ねてるのか、ヘソ曲げてるのか。
兎に角そばに立たせたい裕也さんと拗ねモードのジュリーが萌え~~~だったのを覚えています。
ドンドン語って下さい。私も萌え~~してますから。
2009/08/02(Sun) 20:12 | URL  | ひーちゃん #-[ 編集]
ひーちゃんさん、こんにちは
ありがとうございますー
ちょっとお休みしたら、また「ジュリー萌え~~」とあれこれ書くことと思います。
また時々は遊びにきてください。

> 兎に角そばに立たせたい裕也さんと拗ねモードのジュリー
そ……それは萌えますね~~~
裕也さん「おまえは俺のそばにいればいいんだよ」
じゅり「ぼくだって、ひとりでできるもんっ!」
うはw(妄想中
2009/08/03(Mon) 11:46 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
こんばんわ!
前回お邪魔した時「拍手」を忘れてしまったので、
パチパチだけしに来たのですが、
あまりにも面白くて50回全部読み返してしまいました…orz
私的極秘情報(?)ですが1番目の子がジュリーと同じ誕生日で喜んでいたら、
2番目の予定日も同じになり、
これは、いくらなんでもわざとだと思われる!とあせりました。
僅かにずれてほっとしました。
でも、今思えば同じ日に揃えてしまえば良かった(どうやって?)。
2014/09/06(Sat) 20:40 | URL  | なっかま! #ykMAv45E[ 編集]
なっかま!さま、こんばんは。
なっかま!さま、拍手ポチポチ、ありがとうございます!

お子さんがジュリーと同じ誕生日って、いいなあ。
ファンとしては、そういうこともなんだか嬉しいですよね。
私もほんのちょっとの共通点を見付けては
ニマニマしたりしています(笑)
2014/09/06(Sat) 22:41 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
何回読んでも面白い連載ですね。
コンサートやライブ、行けるときに行けるときに行っておけば良かったと後悔していますが、こうして皆さんのサイトにお邪魔して気分を分けていただいています♪
ジュリーと誕生日が近い方の2番目の子どもですが、義父母が「悪魔のようなあいつ」の主人公と偶然同じ名前(漢字違い)を付けたときは神様っているんだ、と思いました。
「◯○お ちゃーん」と読んで育てました。
この書き方だと身内に読まれても解らないだろう(笑)
2014/09/15(Mon) 00:04 | URL  | なっかま! #-[ 編集]
なっかま! さま、こんにちは。
何回も読んでくださってありがとうございます。
ライブはその時限りですからね。自分が行けなかった時が特に楽しかったんじゃないかなんて思えて、レポを読んでいると「行けばよかった〜」と後悔することがいっぱいですよね。
私もそんなに回数が行けるわけじゃなく、金銭的にも時間的にも遠征も無理なので、ジュリーのツアー中は各地のファンのみんなのレポを読んで楽しみつつ、「行きたかったー」と毎回身悶えております。

お子さんが「悪魔」のあいつと同じお名前とは!
堂々と「◯◯おちゃ〜〜ん」と呼べるなんていいなあ。
野々村さんのようにベタベタに甘やかしてしまいそうだけど(笑)。
2014/09/16(Tue) 09:24 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック