私の作ったネット販売用サイトは、
「飲んだくれてふる里」「小宮山昭一」という、
書名、著者名で検索すれば、Googleでヒットするようになったんですが、

それじゃあ、ダメだということは分かってるんですよ。

だって、それだと、私の売りたい本のことを知っている人しか
検索できないってことじゃありませんかっっ

「自費出版」とか「鶴岡」とか「本のネット販売」とか
一般的なキーワードでググッた時に引っかからないと、
一見さんは来てくれないってことなんですよ。わかってますよ。

たとえば「鶴岡のことが知りたいなあ」と思ってググッた人が
うちのサイトに目を止めて、
「お、鶴岡のことが書いてある自費出版本なんて、
 ちょっとおもしろいかも~」
と、アクセスしてくれるってのがないと、
販路拡大は見込めないわけですよ。

どうすればいいんじゃろうか、と悩んだ末に本屋に行って、
本買ってきました。

「Googleの謎・アフィリエイト編」



「Google AdSense」っていうアフィリエイトを活用するための
ノウハウが書いてある本なんだけど、3分の2くらいを割いて、
Googleを活用して「ホームページのアクセスを増やす」方法を
教えてくれている。

ロボット型検索エンジンの仕組みとかが丁寧に解説されていて、

私が知りたかったのはこれじゃよ~~って感じ。
ためになりましたよ。

で、その解説に従って、販売サイトのタイトルやらタグの打ち方やらを
ちょいと変えてみました。
ロボットがまた回ってきてくれないとGoogleには反映されないけど、
これで、ちょっと様子を見てみましょうかね……


あと、せっかくアフィリエイトおっけーのブログにお引越ししたんだから、
小遣い稼ぎもやりたいなあと。
Amazonにはさっそく登録して、本の紹介をしたときには
貼り付けるようにしてるんだけどね。

「Google AdSense」もやってみたい。

ただなあ、私自身がどうも、広告を貼り付けているブログやHPに
あまりいい印象を持てないってのがあって、二の足……

どうしても広告を貼ってしまうと、
サイトがごちゃごちゃして見えるじゃないですか。

その辺をスマートにやれればいいんだけどね。
「Google AdSense」や他のアフィリエイトプログラムでも
いろいろ工夫していて、
本来のホームページの雰囲気を壊さないバナーってのを
用意してくれてるけど、どうかなあ。

あとは、私の貼り方とかブログの作り方次第ってこと
なんだろうけどね。
がんばります。

あ、それとね。
一番やってみたいのは「Google AdSense」なんだけど、
まだドル建ての小切手でしか支払いをしてくれないってのも、
ちょっと。
そのうち日本円の支払いも始めるらしいから、
そしたらやろうかなーと。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック