4号表紙

12月6日は文学フリマへ!
【稀人舎】では、「稀人舎通信・4号」を発売予定。
ブースは、S-14

12月6日はよろしくです。


4号特集扉

往復メール

座談会

12月6日の文学フリマで売る予定の
「稀人舎通信・4号」の中ページです。

上から、
・「特集・ケータイ小説のことを考えてみよう」扉
・特集内の「往復メール」1ページ目
・「座談会」1ページ目

特集は全部で67ページ。
中でも座談会は31ページ。
約3時間半に渡ってワイワイと語り合ったことを
なんとか紙面に再現しております。
読み応えあります。

「往復メール」つうのは、
この座談会に参加するにあたって、
私と、詩人の川口晴美さんが、
ケータイ小説について、
なんだかんだと思い付いたことを書いて送り合った、
往復書簡ならぬ、往復メールを
時系列に、ほぼそのまま掲載したもの。
最初は、「これ読んだよ」「これ貸すね」といった
事務連絡だったのが、
だんだんと内容のことまで語り合い、
読み返してみると、なんだか濃いい内容になってて、
もったいない(笑)んで、載せることに。
二人の話(メール)は、ケータイ小説から物語へ。
そっから「萌えの力」「想像力」などなど、
気ままに広がっております。

他のページも、少しずつ紹介していこうかと。
とか言ってるうちに、もう4日後なんだよな。

ツイッターでもつぶやき中。
でもまだよくわからない。
他人に迷惑をかけてないか、それが心配だったり(小心者)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック