上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まったくもって個人的な話ですが、

暮れに、我が家の給湯器がぶっ壊れました。

お湯が出ません。
メンテナンスの人に診てもらったところ、
もうこれは寿命なので、部品交換ではなく、
給湯器ごと新しいのに全取っ替えしたほうがいい、
とのこと……
全取っ替えするってえと、費用がン十万円……

そんな金はねえよ!!

と、頭を抱えつつ、
我が家はお湯の出ないお正月を迎えたわけです。
かろうじて、お風呂の追い炊き機能は動くことが
わかったので、
家族で銭湯に行くという、
楽しくもお金のかかることは
しないですんでいますが、
 (銭湯は今、大人480円もするんですよ。
 家族4人で行くと、2000円近くがすっ飛びます。うひー。
 銭湯も、もはや娯楽の場になりつつあるってことですかね)

お風呂は、水を張ってから沸かすという、
昔ながらの方式に。
しかも、シャワーが水しか出ないので、
洗面器でお湯を湯船から汲んで、
頭や身体を洗うという、
これまた昔ながらの方式。

台所の洗い物は、基本は水で、
最後だけヤカンで沸かしたお湯で濯ぐという、
これもまた、昔ながらの方式です。
私としては、これが一番つらい。
冷たい。手がかじかむ。
夏だったら、全然つらくなかったんでしょうけどね……

私は常々、蛇口を捻ればお湯が出る、
スイッチひとつで自動的にお風呂に適温のお湯がたまる、
なんていう生活は贅沢の極みだ!
と思ってまして、

あたしゃあ、いつでも子供の頃の、
もしくは学生一人暮らしの頃の、
風呂は銭湯、家の蛇口からは水のみ!
銭湯に行けないときは、流しで水で頭を洗い、
絞ったタオルで身体を拭くっていう、
そんな貧乏生活に戻れるぜ!
てか、むしろ戻りたい!!
今の生活は贅沢すぎるんじゃああああ!!!


と、心の中で、時には家族に対して声にも出して
叫んでおったのですが、

ですがね……

ダメかも。
もう戻れないかも。
お湯の出ない生活には。

お風呂も台所も、
上に書いた昔ながらの方式で、
特にものすごく不便てわけじゃないし、
これでずっとやっていけないこともなさそうなんだけど、
なんか、こう~
イライラするんですよ。
家の中が正しい状態になってない!
って感じがする。

ええーー!?

今まで、
お湯がいつでも出る状態は贅沢すぎる!
すなわち正しくない!
とか思っていたはずなのに、
なのに、実際にそんな状態になってみるってえと、
こっちの方が正しくないと感じる……

ああもう、以前の貧乏生活には
戻れない身体になってしまったんでしょうか。
恐ろしいことだなあ。

まあ、アレだ。
これがいっそのこと、
便利な給湯器なんてものが付いてない家に
引っ越したってんなら、あきらめもついて、
そんな生活に慣れていくってこともあるんでしょうが、
今、そこにある機械が壊れて動かないっていう状態が、
なんともイヤだってことでもあるんだろうなあ。

うーーーむ、
そんなことのために引っ越すわけにもいかないので、
給湯器は取っ替えますよ。新しいのに。
がんばって仕事して、お金を稼ぎます。ううう。



とか言ってたら、今度は水道のポンプの調子が~~~!
うわーーん!

なんなんだ。
今年は家の厄年か?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。